メイD (サ3才) 京都 5R 2024/02/04 のレース情報

基本情報
京都芝・右1600M
芝・右1600M
曇  
メイクデビュー   サ3才(混)[指] / 馬齢
 
17 頭
12:20発走
本賞金) 620 - 250 - 160 - 93 - 62 (万
予想
コース・ラップ
平均ペース
黒線は上から最高・平均・最低ラップ
直線 328 M
image
直線 328 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.36.9
前半5F:
1.01.9
後半3F:
35.0
ペース:平均
-55 (-71+16)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 川田将雅 57.0 1.36.9 34.8 -------4--4 2 3.1 ロードカナロア / リラヴァティ 栗) 池添学  464 17 8
02 武豊 57.0 1.37.0 34.7 -------6--5 1 2.9 ドゥラメンテ / シュガーハート 栗) 清水久詞 506 14 7
03 角田大和 56.0 1.37.2 35.3 -------3--2 7 20.3 リアルスティール / サマーハ 栗) 矢作芳人 504 16 8
04 11/4 幸英明 55.0 1.37.4 35.1 -------6--6 3 6.6 ブリックスアンドモルタル / オーヴィレール 栗) 辻野泰之 448 7 4
05 池添謙一 55.0 1.37.5 34.5 ------14-14 8 22.3 ブリックスアンドモルタル / ソウルスターリング 栗) 松永幹夫 442 4 2
06 角田大河 56.0 1.37.7 35.1 ------12--9 11 106.2 カレンブラックヒル / ジュローズ 栗) 吉村圭司 458 11 6
07 11/2 M.デム 55.0 1.37.9 35.5 -------9--9 9 31.7 ルーラーシップ / メイショウメイゲツ 栗) 藤岡健一 510 3 2
08 クビ 今村聖奈 52.0 1.38.0 35.8 -------4--6 6 14.3 ロードカナロア / バウンスシャッセ 栗) 高橋一哉 490 9 5
09 アタマ ルメート 57.0 1.38.0 35.1 ------14-14 4 8.8 ロードカナロア / ダイワスカーレット 栗) 大久保龍 516 2 1
10 クビ 田口貫太 56.0 1.38.0 35.6 -------9--9 15 181.1 ゴールドシップ / ワンダフルラッシュ 栗) 長谷川浩 446 5 3
11 クビ ピーヒュ 57.0 1.38.1 35.5 ------11--9 12 133.6 ルーラーシップ / ネヴァーピリオド 栗) 坂口智康 524 13 7
12 クビ 国分優作 55.0 1.38.1 35.4 ------12--9 14 153.5 ダノンバラード / フジミ 栗) 大根田裕 426 12 6
13 21/2 松山弘平 57.0 1.38.5 36.2 -------6--6 5 14.3 ブリックスアンドモルタル / スクービドゥー 栗) 高柳大輔 482 6 3
14 11/2 西村淳也 57.0 1.38.7 35.4 ------17-16 16 212.0 ベーカバド / ジーピークロス 栗) 牧田和弥 454 8 4
15 鮫島克駿 55.0 1.38.9 37.0 -------1--1 10 81.6 シルバーステート / チルノ 栗) 音無秀孝 396 15 8
16 斎藤新 55.0 1.39.6 36.3 ------16-17 13 143.2 ロードカナロア / ウォーターラボ 栗) 高柳大輔 434 1 1
17 クビ 長岡禎仁 55.0 1.39.7 37.8 -------2--2 17 234.8 タリスマニック / アッチッチ 栗) 浜田多実 490 10 5
単勝 17番 (2人) 3.1 枠連 7-8 (1人) 4.3 複勝 17番(2人)
14番(1人)
16番(7人)
1.4
1.4
3.7
ワイド 14-17(1人)
16-17(15人)
14-16(18人)
2.5
11.8
13.1
3連複 14-16-17 (7人) 34.0 馬連 14-17 (1人) 5.7
3連単 17-14-16 (27人) 142.4 馬単 17-14 (2人) 12.7
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
× 3複3単 全予想 205% 8180
全予想 139% 1780
レース後のコメント
1着 ワールズエンド(川田将雅騎手) 「初戦からしっかりと内容良く走ってくれました。この競馬が先に生きると思います」

2着 シュガークン(武豊騎手) 「のんびりした性格で、追走に手間取りました。4コーナーで置かれてしまった分、届きませんでしたが、能力は高いですね」

3着 ビダーヤ(角田大和騎手) 「引っ張ったりして、力むと息遣いが荒くなるところがありますが、返し馬ではほとんど気になりませんでした。それを踏まえて、レースでは力まないように教えながら乗りました。手応えも良かったです。血統も良く、雰囲気も前向きでレースが上手なので、これから良くなると思います」

5着 スターリングアップ(池添謙一騎手) 「ゲートがあまり速くなく、無理しませんでした。後方からになりましたが、良い脚を使ってくれました。素質は良い物を感じます。精神面が難しいところがあるので、テンションが高くならなければいいですね」

関連記事
関連つぶやき
ギャラリー
Youtubeデータの取得でエラーが発生しました
予想動画
お知らせ・つぶやき
操作メモ
当ページを共有する