函館2歳ステークス(2022/07/16) のレース情報

基本情報
函館芝・右1200M
芝・右1200M
小雨   稍重
GⅢ   サ2才(国)(特) / 馬齢
第54 回 函館2歳ステークス    
13 頭
15:25発走
本賞金) 3,100 - 1,200 - 780 - 470 - 310 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧予想
コース・ラップ
平均ペース
黒線は上から最高・平均・最低ラップ
直線 262 M
image
直線 262 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.11.8
前半5F:
58.7
後半3F:
37.3
ペース:平均
41 (93-52)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 鮫島克駿 54.0 1.11.8 36.6 -------9--6 4 7.0 ビッグアーサー / プリンセスロック 栗) 池添学  478 -8 12 8
02 11/4 武豊 54.0 1.12.0 37.5 -------1--1 3 5.4 ハーツクライ / ブーケトウショウ 栗) 須貝尚介 468 0 3 3
03 クビ 横山武史 54.0 1.12.0 35.8 ------13-13 8 23.0 ヴィットリオドーロ / マツリバヤシ 美) 伊藤圭三 476 -8 2 2
04 藤岡佑介 54.0 1.12.2 37.1 -------7--6 10 30.9 リアルインパクト / マチャプチャレ 美) 伊藤大士 486 -2 9 6
05 アタマ 斎藤新 54.0 1.12.2 37.0 -------9--6 7 17.5 カレンブラックヒル / ミスエリカ 美) 斎藤誠  460 0 8 6
06 ハナ 勝浦正樹 54.0 1.12.2 37.3 -------6--5 6 14.5 リーチザクラウン / ニシノラピート 美) 村田一誠 476 +4 6 5
07 クビ 浜中俊 54.0 1.12.3 36.8 ------12-11 12 79.7 エピファネイア / ビジュアルショック 栗) 荒川義之 488 -4 7 5
08 21/2 吉田隼人 54.0 1.12.7 38.1 -------2--2 1 3.5 ダイワメジャー / キャレモンショコラ 美) 久保田貴 468 -2 5 4
09 11/4 岩田康誠 54.0 1.12.9 38.1 -------3--3 5 11.3 キズナ / マリンフェスタ 栗) 藤原英昭 478 -4 13 8
10 21/2 松田大作 54.0 1.13.4 38.3 -------7--9 13 184.1 レッドファルクス / ロイヤルテーラー 栗) 渡辺薫彦 428 +6 4 4
11 アタマ 池添謙一 54.0 1.13.4 38.2 -------9-11 2 4.9 キンシャサノキセキ / クリールソレイユ 栗) 清水久詞 480 +2 10 7
12 11/4 横山和生 54.0 1.13.6 38.8 -------3--9 9 23.8 ダンカーク / カルディア 美) 高橋裕  430 +10 11 7
13 三浦皇成 54.0 1.14.3 39.5 -------3--3 11 40.9 エピファネイア / マウロア 美) 杉浦宏昭 452 +2 1 1
単勝 12番 (4人) 7.0 枠連 3-8 (5人) 9.9 複勝 12番(4人)
3番(3人)
2番(9人)
2.2
2.1
5.7
ワイド 3-12(7人)
2-12(32人)
2-3(23人)
8.9
24.7
17.9
3連複 2-3-12 (52人) 140.9 馬連 3-12 (6人) 20.9
3連単 12-3-2 (280人) 745.3 馬単 12-3 (16人) 42.8
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
3複 全予想 426% 18240
レース後のコメント

1着 ブトンドール(鮫島克駿騎手) 「特にこの位置が欲しいというプランはなくて、できるだけ直線に向くまで馬のリズムでしっかり走れれば良いなと思っていました。2着馬がすごく遠い位置にいたので、何とか届いてくれと思って馬を鼓舞しながら追っていました。ラスト100mくらいで交わせそうだなという末脚でしたし、その辺りで勝てると思いました。将来性のある馬ですし、今後はオーナーサイド、先生ともしっかり相談して、しっかり(距離適性を)見極めて、次に乗せてもらえるようなら、しっかり結果を残せるように頑張りたいですね。例年だと僕は函館では騎乗していなくて、小倉で乗っているのですが、今回滞在を決めて、最終週にたくさんのお客さんの前で結果を出すことができて良かったと思います。今回チャンスを頂いたオーナーや全ての人に感謝したいです」

2着 クリダーム(武豊騎手) 「惜しかったです。この枠で好スタートを切れたので、迷わず先手を取りました。振り切ったかと思いましたが、一頭強い馬がいました。この馬も良いスピードがあります」

3着 オマツリオトコ(横山武史騎手) 「良い馬ですがダート向きだと思っていて、馬場が荒れればワンチャンスあると思っていました。スタートで進んでいかないなど、課題も多い中で、最後の脚は目を引くものがありました」

4着 ゴキゲンサン(藤岡佑介騎手) 「一度使われて順当に上積みがありました。1200mにしては出入りが激しくなりましたが、気持ちの強い牝馬なので、気持ちを途切れさせずに頑張ってくれました。先々楽しみです」

5着 ミスヨコハマ(斎藤新騎手) 「スタートでトモを落としたり、3コーナーから4コーナーにかけても窮屈になるなど、スムーズではなかったのですが、これまで2戦とは違う形のレースでも頑張ってくれました。まだ幼さが残るので、成長してくればもっとやれると思います」

8着 スプレモフレイバー(吉田隼人騎手) 「クリダームを負かすために早め早めの形になりましたが、結果的に厳しくなりました。まだ体を上手く使えていない感じです。人気になっていたので勝ちたかったのですが、走り切れませんでした」

11着 ミシェラドラータ(池添謙一騎手) 「3戦目で、思った以上にイレ込んでいました。ゲートも上に出る感じでしたし、3コーナーでは押し込められて、行くところ行くところ進路がありませんでした。今日は競馬になりませんでした」

関連記事
関連つぶやき
ギャラリー
Youtubeデータの取得でエラーが発生しました
予想動画
過去のレース一覧
操作メモ
当ページを共有する