ユニコーンステークス(2022/06/19) のレース情報

基本情報
東京ダート・左1600M
ダート・左1600M
晴  
GⅢ   サ3才(国)(指) / 別定
第27 回 ユニコーンステークス    
15 頭
15:45発走
本賞金) 3,700 - 1,500 - 930 - 560 - 370 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧予想
コース・ラップ
平均ペース
黒線は上から最高・平均・最低ラップ
直線 501 M
image
直線 501 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.35.2
前半5F:
58.3
後半3F:
36.9
ペース:平均
25 (64-39)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 菅原明良 56.0 1.35.2 36.4 -------4--4 7 20.1 エスポワールシチー / リサプシュケ 美) 小西一男 482 +2 5 3
02 クビ M.デム 56.0 1.35.2 35.5 ------12-12 9 24.4 ヘニーヒューズ / シヤボナ 栗) 武幸四郎 470 2 2
03 クビ 戸崎圭太 56.0 1.35.3 35.8 -------9-10 8 21.8 イスラボニータ / ディアコメット 美) 高木登  482 -4 12 7
04 クビ 三浦皇成 56.0 1.35.3 35.4 ------14-13 6 14.8 マクフィ / バイカターキン 美) 高木登  476 0 11 6
05 3/4 松若風馬 56.0 1.35.4 36.8 -------3--2 11 40.5 ルーラーシップ / ダイワスピリット 栗) 高野友和 514 0 15 8
06 クビ 福永祐一 56.0 1.35.4 36.4 -------8--7 1 3.7 ラニ / サリエル 栗) 新谷功一 472 -6 7 4
07 ハナ 内田博幸 56.0 1.35.4 35.8 ------11-11 13 70.4 Curlin / ガリレオズソング 栗) 藤岡健一 502 -2 14 8
08 11/4 横山典弘 56.0 1.35.6 35.5 ------14-15 2 4.3 モーリス / クイーンオリーブ 栗) 安田翔伍 476 -2 1 1
09 クビ 田辺裕信 56.0 1.35.7 36.7 -------7--7 4 6.0 ディスクリートキャット / スモーダリング 美) 伊藤圭三 494 3 2
10 クビ 武豊 56.0 1.35.7 37.0 -------4--4 3 6.0 Arrogate / Bodacious Babe 栗) 河内洋  474 -2 6 4
11 石川裕紀 56.0 1.36.5 38.2 -------1--1 12 55.0 Fort Larned / フラーティングアウェイ 栗) 安田隆行 474 -2 8 5
12 クビ ルメール 56.0 1.36.6 37.3 -------9--9 10 24.8 ドゥラメンテ / ルミナスパレード 美) 萩原清  506 +8 13 7
13 31/2 レーン 56.0 1.37.1 37.3 ------13-13 5 8.7 リオンディーズ / インダクティ 美) 宮田敬介 490 +4 10 6
14 石橋脩 56.0 1.37.8 39.3 -------2--2 15 210.4 キングカメハメハ / ショウナンアクト 栗) 西園正都 510 +2 9 5
15 21/2 団野大成 56.0 1.38.2 39.4 -------4--4 14 111.2 キタサンブラック / エーシンエムディー 栗) 奥村豊  520 -6 4 3
単勝 5番 (7人) 20.1 枠連 2-3 (14人) 37.4 複勝 5番(8人)
2番(9人)
12番(7人)
5.7
6.1
5.4
ワイド 2-5(65人)
5-12(32人)
2-12(60人)
67.8
25.7
58.6
3連複 2-5-12 (214人) 955.4 馬連 2-5 (56人) 231.8
3連単 5-2-12 (1189人) 6,242.1 馬単 5-2 (108人) 469.1
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
3複 全予想 3974% 135580
3複3単 全予想 517% 28360
レース後のコメント

1着 ペイシャエス(菅原明良騎手) 「スタミナ豊富で心臓の良い馬という印象がありました。よく頑張ってくれました。これまでは逃げるか番手での競馬をしていましたが、少し1600mは忙しいと思っていたので溜める競馬を心掛けて乗りました。狙い通りの位置で競馬ができましたし、手応えも本当に良かったです。あとは進路を見つけるだけでした。重賞を勝たせてもらいましたし、今後大きいところを目指して馬と一緒に成長できたらと思います」

(小西一男調教師) 「馬込みでよく我慢してくれて、強い馬ばかりのここでよく勝ってくれました。前回も結構なペースで行った中でよく我慢していましたし、そこは父親譲りなのかもしれません。今後は様子を見て、元気ならジャパンダートダービーを考えたいと思います。折り合いはつきますし、距離が延びた方が競馬はしやすいでしょうから2000mを試してもいいかなと思います」

2着 セキフウ(M.デムーロ騎手) 「悔しいです。砂を被って気持ちが盛り上がっていました。馬は真面目で一生懸命なので、もう一段ギアが上がってずっと伸びていました。直線でも狭い所に行っても伸びてくれました。あと少しでした」

3着 バトルクライ(戸崎圭太騎手) 「前回1600mを一回使ったことで上手に走ってくれました。直線でも前走より伸びていました。もう少しスムーズだったら良かったです」

5着 タイセイディバイン(松若風馬騎手) 「競馬自体は上手なので自然体な感じで行きました。並びも良くて流れにも乗れました。しっかり走り切ってくれています。初ダートでしっかり見せ場を作ってくれましたし、今後に向けて幅が広がったと思います。ペースが速かった分最後は甘くなってしまいました」

6着 リメイク(福永祐一騎手) 「だいたいイメージ通りのポジションで良い形で運べました。調教と競馬で教えてきたことを実践できました。あと100mで失速してしまいました。距離的に少し限界があるかなと思います。1400mまで守備範囲だと思いますが、良いスピードと切れを持っています」

8着 ハセドン(横山典弘騎手) 「前走であのパフォーマンスをしたので、動きすぎた部分があって今回はその時とは違っていました。悲観する内容ではありませんし、若い馬でこれから先さらに良くなると思います」

9着 コンバスチョン(田辺裕信騎手) 「砂を被ったからというわけではありません。この流れだとあまり追走に余裕がなく、脚を溜められませんでした」

10着 ジュタロウ(武豊騎手) 「揉まれない競馬は出来ました。しかしペースが速かったので、外を回る形で苦しくなりました。色々課題がありますね」

13着 インダストリア(D.レーン騎手) 「ゲートを開けた瞬間に跳びあがって出遅れてしまいました。向正面では良いリズムで手応えも良かったです。しかし3、4コーナーでアクションが崩れてしまいました。熱中症だったみたいです」

関連記事
関連つぶやき
ギャラリー
Youtubeデータの取得でエラーが発生しました
予想動画
過去のレース一覧
操作メモ
当ページを共有する