サンケイスポーツ賞フローラステークス(2022/04/24) のレース情報

基本情報
東京芝・左2000M
芝・左2000M
雨  
GⅡ   サ3才(国) 牝 (指) / 馬齢
第57 回 サンケイスポーツ賞フローラステークス    
15 頭
15:45発走
本賞金) 5,200 - 2,100 - 1,300 - 780 - 520 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧予想
コース・ラップ
平均ペース
黒線は上から最高・平均・最低ラップ
直線 525 M
image
直線 525 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
2.00.4
前半5F:
1.00.2
後半3F:
34.8
ペース:平均
-34 (-63+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 田辺裕信 54.0 2.00.4 34.0 ----4--4--4 5 13.6 キングカメハメハ / マルシアーノ 美) 国枝栄  442 +4 2 2
02 3/4 吉田豊 54.0 2.00.5 34.9 ----1--1--1 4 7.0 ディープインパクト / パーソナルダイアリー 栗) 矢作芳人 456 -2 3 2
03 ハナ M.デム 54.0 2.00.5 34.5 ----2--2--2 9 33.1 キズナ / ザナ 栗) 吉村圭司 428 -4 14 8
04 13/4 武豊 54.0 2.00.8 34.2 ----6--6--6 6 14.5 ディープインパクト / テディーズプロミス 栗) 松永幹夫 460 -4 6 4
05 クビ 戸崎圭太 54.0 2.00.8 33.6 ---12-11-11 3 4.5 ジャスタウェイ / ナッシングバットドリームズ 美) 黒岩陽一 444 -6 1 1
06 1/2 ルメール 54.0 2.00.9 34.2 ----7--6--7 2 3.8 キタサンブラック / サマーハ 美) 宮田敬介 474 +2 9 5
07 横山和生 54.0 2.01.2 34.0 ---11-11-11 7 21.1 ドゥラメンテ / バランセラ 栗) 安田翔伍 416 -10 10 6
08 1/2 大野拓弥 54.0 2.01.3 34.4 ----8--8--8 8 28.1 キタサンブラック / リップスポイズン 栗) 清水久詞 448 +2 8 5
09 ハナ 藤岡佑介 54.0 2.01.3 34.4 ---10--8--8 12 66.5 ルーラーシップ / カロンセギュール 栗) 吉岡辰弥 440 -4 15 8
10 1/2 石川裕紀 54.0 2.01.4 33.9 ---15-14-13 11 58.0 ゴールドシップ / サンクボヌール 美) 大竹正博 446 0 4 3
11 1/2 内田博幸 54.0 2.01.5 34.0 ---12-13-13 13 111.9 ハービンジャー / エバーブロッサム 美) 小島茂之 410 -2 5 3
12 1/2 横山武史 54.0 2.01.6 34.6 ----8--8--8 10 44.2 エピファネイア / ワキノドライバー 美) 加藤士津 490 +4 7 4
13 クビ 永野猛蔵 54.0 2.01.6 35.5 ----3--3--2 15 319.7 ガルボ / アドリアーネ 美) 清水英克 430 +2 12 7
14 3/4 津村明秀 54.0 2.01.7 34.2 ---14-15-13 14 183.4 キタサンブラック / スズカエンジェル 栗) 吉岡辰弥 436 -6 11 6
15 アタマ 福永祐一 54.0 2.01.8 35.3 ----5--5--4 1 3.3 ディープインパクト / ドライヴンスノー 栗) 藤原英昭 464 -10 13 7
単勝 2番 (5人) 13.6 枠連 2-2 (23人) 61.8 複勝 2番(5人)
3番(4人)
14番(8人)
3.8
2.7
6.1
ワイド 2-3(21人)
2-14(51人)
3-14(29人)
19.4
61.3
31.0
3連複 2-3-14 (126人) 464.9 馬連 2-3 (21人) 57.1
3連単 2-3-14 (636人) 2,587.1 馬単 2-3 (44人) 132.4
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
全予想 870% 15400
レース後のコメント

1着 エリカヴィータ(田辺裕信騎手) 「マイルをずっと使っていたので、普通にゲートを出られればポジションを取れるかなと思っていました。開幕週ですし、何もなければ好位を取りたいなと思っていました。調教師と打ち合わせをして、イメージ通りのポジションをキープできました。 前走は不利もありましたが、まだ弱いところもありました。精神的に気が立っていて、スタートの出遅れがあっての敗戦でした。その後はゲート練習をするなど、今日に向けて準備をしました。 きれいな走りをするので雨は気になりましたが、芝のコンディションが良いのはプラスだと思っていました。トライアルなので、勝てても権利を取れても良いので、積極的に行きました。マイルよりも距離があった方が良いパフォーマンスを出せます。1コーナーの入りや直線で狭いところがありましたが、ガッツのある走りで抜け出してくれました。更に強くなると思います」

(国枝栄調教師) 「内枠を引きましたし、前が止まらない馬場なので、ある程度のところにつけて、外に出してくれればと思っていました。スタートは良かったのですが、直線で外に出せなくて内に押し込められてしまった中勝てたのは、競馬で一番重要なものを持っていると思います。本番に向けて楽しみです。(2400mも)大丈夫だと思います。レースの後も雰囲気が良いです」

2着 パーソナルハイ(吉田豊騎手) 「枠順も良かったので、上手くゲートを出てハナに行けるようなら行ってみようと調教師と話していました。向正面でシンシアウィッシュが来ましたが、ペースを遅くする気はなく、後ろで牽制してくれればと思っていました。直線も後続を待たずにスパートして、自分の競馬はできたと思います。もうひと踏ん張りでした。中1週でよく走っています。馬に頭が下がる思いです」

(矢作芳人調教師) 「良い競馬をしてくれました。勝ったと思いましたが、(勝った馬が)強かったですね。メンバーと枠順で(ハナに)行こうと決めていました。元々出したかったのはオークスですし、本番までは中3週とれるのでここにしました。ここで権利を取れたのは良かったです」

3着 シンシアウィッシュ(M.デムーロ騎手) 「返し馬では落ち着いていたのですが、外枠でスタートから一気にハミを噛んでびっくりしました。すぐに折り合いはついたものの、逃げ馬を捕まえるのに脚を使ってしまい、その分届きませんでした。残念です」

4着 マイシンフォニー(武豊騎手) 「ポジションを取りにいったら、少し引っ掛かってしまいました。途中から我慢できました。勝ち馬の内から抜けそうなところはあったのですが、掛かったことが響いたかもしれません。力はあります」

5着 ルージュエヴァイユ(戸崎圭太騎手) 「テンションは変わらずに来ていました。ポジションは取れましたが、馬場の影響があるのか、前が残る競馬になりましたね。それでも1頭だけ追い込んできましたし、届きませんでしたが力のあるところを見せてくれました」

6着 ラスール(C.ルメール騎手) 「道中我慢してくれた分、直線は少し伸びてきましたが、坂を上がってから疲れてしまいました。この距離は長いかもしれません」

7着 ホウオウバニラ(横山和生騎手) 「調教師とも話をして、前回のレースで感じたイメージを踏まえ、今日は出たなりでリズムを大事にして乗りました。7着でしたが、最後の直線の動きは前回よりも良かったですし、この先に繋がる内容だったと思います」

8着 キタサンシュガー(大野拓弥騎手) 「気持ちが入りすぎてしまって、息が入るところがなかったです。気持ちのコントロールが利けば走れると思います」

14着 トゥーサン(津村明秀騎手) 「馬はよく頑張りました。路線を変えてダートのレースを使ってもいいかもしれません」

15着 ルージュスティリア(福永祐一騎手) 「理想的なポジションで競馬はできましたが、脚が溜まり切らなかったです。距離を含め、伸び切れなかった感じです。もう一度やり直しです」

関連記事
関連つぶやき
ギャラリー
Youtubeデータの取得でエラーが発生しました
予想動画
過去のレース一覧
操作メモ
当ページを共有する