チューリップ賞(2022/03/05) のレース情報

基本情報
阪神芝・右外1600M
芝・右外1600M
晴  
GⅡ   サ3才(国) 牝 (指) / 馬齢
第29 回 チューリップ賞    
15 頭
15:35発走
本賞金) 5,200 - 2,100 - 1,300 - 780 - 520 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧予想
コース・ラップ
平均ペース
黒線は上から最高・平均・最低ラップ
直線 473.6 M
image
直線 473.6 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.33.2
前半5F:
58.5
後半3F:
34.7
ペース:平均
3 (-13+16)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 横山武史 54.0 1.33.2 33.9 -------7--8 1 2.2 ハービンジャー / サンブルエミューズ 栗) 高野友和 430 0 6 4
02 11/2 高倉稜 54.0 1.33.4 34.1 ------10--8 13 229.8 ミッキーアイル / レイテッド 栗) 田中克典 414 -6 1 1
03 クビ M.デム 54.0 1.33.4 34.5 -------4--4 2 3.3 エピファネイア / シーブリーズライフ 美) 国枝栄  476 -2 3 2
04 クビ 石橋脩 54.0 1.33.5 34.9 -------2--2 8 36.9 ドゥラメンテ / スクービドゥー 栗) 高柳大輔 474 0 8 5
05 3/4 武豊 54.0 1.33.6 34.5 -------4--5 3 5.6 シルバーステート / シャイニングサヤカ 栗) 武幸四郎 478 +8 9 5
06 11/2 岩田望来 54.0 1.33.8 33.9 ------13-14 5 14.7 ディープインパクト / ドライヴンスノー 栗) 藤原英昭 474 +8 11 6
07 3/4 川田将雅 54.0 1.34.0 35.0 -------4--5 6 24.1 ディープインパクト / カウアイレーン 栗) 矢作芳人 424 -4 10 6
08 11/2 横山和生 54.0 1.34.2 35.4 -------3--3 10 109.3 ディープインパクト / レディオブキャメロット 栗) 昆貢   436 -4 15 8
09 3/4 池添謙一 54.0 1.34.4 35.2 -------7--7 11 136.0 ダイワメジャー / ルパン2 栗) 吉岡辰弥 450 0 7 4
10 ハナ 小沢大仁 54.0 1.34.4 34.7 ------10-12 15 353.3 ハービンジャー / ヤマノローラ 栗) 今野貞一 462 0 13 7
11 クビ 福永祐一 54.0 1.34.4 34.9 ------12-11 4 9.4 ロードカナロア / ラルケット 美) 木村哲也 440 +8 14 8
12 ハナ 三浦皇成 54.0 1.34.4 35.1 -------7--8 12 146.8 モーリス / ベストクルーズ 栗) 杉山晴紀 428 +6 12 7
13 松山弘平 54.0 1.35.3 36.8 -------1--1 7 26.6 リオンディーズ / サトノジュエル 栗) 高橋康之 466 -4 2 2
14 団野大成 54.0 1.36.0 36.4 ------13-12 14 302.0 ディープインパクト / ランドオーバーシー 栗) 西村真幸 382 -6 5 3
横山典弘 54.0 - - ------13-14 9 - レッドスパーダ / チラリ 栗) 昆貢   422 +2 4 3
単勝 6番 (1人) 2.2 枠連 1-4 (27人) 204.7 複勝 6番(1人)
1番(13人)
3番(2人)
1.2
22.2
1.3
ワイド 1-6(53人)
3-6(1人)
1-3(46人)
129.1
2.1
96.6
3連複 1-3-6 (68人) 328.0 馬連 1-6 (52人) 563.0
3連単 6-1-3 (421人) 2,583.6 馬単 6-1 (82人) 714.2
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
レース後のコメント

1着 ナミュール(横山武史騎手) 「人気していましたし、賞金的にも権利は絶対欲しいと思っていました。そういうプレッシャーの中、馬はよく頑張ってくれました。重賞を勝てて嬉しいですが、馬の力だけで勝てました。私としては悔いの残る競馬で、結果的には勝ちましたが、スムーズな競馬ではなかったので、修正して頑張りたいです。 前回は負けてなお強しの内容で、調教に乗った感じも柔らかさは一級品です。勝ったことは不思議ではありません。乗った感触は、競馬に行ってみて、調教とは違った課題が見つかりました。伸びしろがありますし、どれだけ成長してくれるか楽しみです」

2着 ピンハイ(高倉稜騎手) 「出脚はこんなものです。3コーナーまでのリカバリーは馬のリズムで行けました。勝負根性があることを頭に入れて、外を回るよりもスペースを狙って行って期待通り走ってくれました。強い相手に先着できましたし、評価できると思います」

3着 サークルオブライフ(M.デムーロ騎手) 「よく頑張りましたが、久々のレースのせいかレース前はピリピリした感じでゲート内でイライラしていました。内の馬が残る馬場なのでポジションを取りにスタートで前へ出して行って、道中も早めに動いて行く形になりました。直線はジリジリした感じになりましたが、1回レースを使って変わると思います」

5着 ウォーターナビレラ(武豊騎手) 「新しいレースをしましたが、問題なかったです。ひるむことも力むこともなかったです。ただ、他の馬がもたついて待たされるところがありました。次に向けては良いレースができました」

6着 ルージュスティリア(岩田望来騎手) 「ゲートを上手く出してあげることができませんでした。最後に良い脚で6着まで来ています。スタートに悔いが残ります」

10着 ツッチーフェイス(小沢大仁騎手) 「ゲートを出て一歩目は出たのですが、スピードに乗れず道中は力んでいました。それでも最後までしっかり走りました。もう少し長い距離でゆったりした競馬ができる方が力を出せると思います。2戦目でよく頑張っています」

11着 ステルナティーア(福永祐一騎手) 「1,2着馬と同じ並びに行けて、4コーナーまでは悪くなかったのですが、追い出してから反応がありませんでした。不可解です」

12着 シークルーズ(三浦皇成騎手) 「外枠でロスのある競馬になりました。府中の左回りの方が力は出せそうです」

13着 ジャマン(松山弘平騎手) 「跳びの大きな馬で、包まれると良くないので、自分の競馬をする形でハナに行きました。外の枠から内を見ながら行く形の方が良かったと思います」

関連記事
関連つぶやき
ギャラリー
Youtubeデータの取得でエラーが発生しました
予想動画
過去のレース一覧
操作メモ
当ページを共有する