白富士ステークス(2022/01/29) のレース情報

基本情報
東京芝・左2000M
芝・左2000M
晴  
リステッド   サ4上(国)(特) / 別定
白富士ステークス  
14 頭
15:45発走
本賞金) 2,600 - 1,000 - 650 - 390 - 260 (万
予想
コース・ラップ
平均ペース
黒線は上から最高・平均・最低ラップ
直線 525 M
image
直線 525 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.57.4
前半5F:
59.4
後半3F:
34.7
ペース:平均
4 (-25+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 藤岡佑介 55.0 1.57.4 34.7 ----1--1--1 1 2.2 モーリス / ラヴァリーノ 栗) 藤岡健一 508 +2 4 3
02 11/2 横山武史 55.0 1.57.6 34.2 ----5--7--7 2 4.4 ロードカナロア / スウェアトウショウ 栗) 大久保龍 486 -6 3 3
03 3/4 ルメール 55.0 1.57.7 34.6 ----4--4--5 4 6.4 ハーツクライ / マラコスタムブラダ 美) 宮田敬介 510 +16 14 8
04 1/2 大野拓弥 55.0 1.57.8 34.2 ---10-10-10 7 18.3 ディープインパクト / ヴィアンローズ 栗) 清水久詞 450 -4 5 4
05 ハナ 武豊 55.0 1.57.8 34.5 ----7--6--6 3 6.0 ディープインパクト / シスタリーラヴ 栗) 池江泰寿 456 +6 11 7
06 田辺裕信 57.0 1.58.0 33.8 ---14-14-14 12 113.6 ロードカナロア / ギンザボナンザ 美) 伊藤圭三 490 0 6 4
07 1/2 木幡育也 56.0 1.58.1 35.2 ----2--2--2 10 79.5 ロードカナロア / レッドベルフィーユ 美) 蛯名正義 436 +4 1 1
08 クビ 戸崎圭太 56.0 1.58.1 34.2 ---12-12-12 8 46.1 ディープインパクト / ロベルタ 栗) 音無秀孝 448 +2 7 5
09 11/4 M.デム 54.0 1.58.3 34.8 ----7--9--9 5 16.6 ジャスタウェイ / シングライクバード 美) 牧光二  490 0 10 6
10 11/2 田中勝春 56.0 1.58.5 35.5 ----7--4--2 11 81.4 キングカメハメハ / ラストグルーヴ 美) 蛯名正義 496 -10 9 6
11 クビ 津村明秀 56.0 1.58.6 34.9 ---10-10-10 14 262.0 ステイゴールド / リリウム 美) 相沢郁  496 0 8 5
12 クビ 丸山元気 57.0 1.58.6 34.7 ---13-12-12 13 236.3 ハービンジャー / ニシノヒナギク 美) 高木登  492 -2 13 8
13 江田照男 57.0 1.58.8 35.4 ----5--7--7 9 51.1 ワークフォース / タックスシェルター 美) 武藤善則 490 -8 2 2
14 岩田康誠 56.0 2.00.1 37.2 ----2--2--2 6 17.1 ディープインパクト / アパパネ 栗) 友道康夫 500 0 12 7
単勝 4番 (1人) 2.2 枠連 3-3 (2人) 5.8 複勝 4番(1人)
3番(2人)
14番(4人)
1.2
1.4
1.9
ワイド 3-4(1人)
4-14(2人)
3-14(9人)
2.5
3.1
6.3
3連複 3-4-14 (2人) 14.7 馬連 3-4 (1人) 5.8
3連単 4-3-14 (3人) 47.1 馬単 4-3 (1人) 8.7
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
レース後のコメント

1着 ジャックドール(藤岡佑介騎手) 「前走は良化途上で良いパフォーマンスをしてくれました。この中間は調教に乗って良い感触を掴んでいたので、自信を持ってレースに臨めました。レースでは良いペースで行って早目から動かしていく競馬でしたからね。能力が高いです」

(藤岡健一調教師) 「速い時計は大丈夫だと思っていましたが、この勝ち時計ですから能力が高いですね。前走よりも状態が良く、オープンでもやれると思っていましたが、メンバーがそろった中で勝てたのは大きいです。弱いところが無くなって、力を出せるようになってきました。次走は金鯱賞というプランもあります」

2着 アドマイヤハダル(横山武史騎手) 「休み明け2戦目でスムーズに加速することが出来ました。最後も追い詰めたのですが、勝った馬は強いです」

3着 グラティアス(C.ルメール騎手) 「14番枠から4番手につけて、途中からペースアップもしてくれました。この馬は精一杯走っていますが、勝ち馬が強すぎました」

5着 ディープモンスター(武豊騎手) 「スタートを五分に出て、流れにも乗れて、競馬が出来たと思います。ただ、時計が速すぎました」

6着 ゴールドギア(田辺裕信騎手) 「開幕週の2000mで条件は厳しかったのですが、久しぶりに最後に伸びてゴールすることができました。これが次に繋がれば良いですね」

関連記事
関連つぶやき
ギャラリー
Youtubeデータの取得でエラーが発生しました
予想動画
操作メモ
当ページを共有する