天皇賞(秋)(秋天)(2021/10/31) のレース情報

基本情報
東京芝・左2000M
芝・左2000M
曇  
GⅠ   サ3上(国)(指) / 定量
第164 回 天皇賞(秋)    
16 頭
15:40発走
本賞金) 15,000 - 6,000 - 3,800 - 2,300 - 1,500 (万
呼称: 秋天  秋の天皇賞  天皇賞秋  →呼称申請
過去のレース一覧予想
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
image
直線 525 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.57.9
前半5F:
1.00.5
後半3F:
33.6
ペース:平均
-55 (-84+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 横山武史 56.0 1.57.9 33.2 ----6--6--6 3 3.4 エピファネイア / ケイティーズハート 美) 鹿戸雄一 514 +4 5 3
02 福永祐一 58.0 1.58.0 33.0 ----9--8--8 1 2.5 ディープインパクト / ロードクロサイト 栗) 矢作芳人 464 -8 1 1
03 クビ ルメール 56.0 1.58.1 33.8 ----2--2--2 2 2.8 ディープインパクト / タピッツフライ 美) 藤沢和雄 504 +2 9 5
04 13/4 鮫島克駿 58.0 1.58.4 33.6 ---10--6--6 10 113.5 ジャングルポケット / アドマイヤパンチ 栗) 高橋義忠 472 0 8 4
05 13/4 松山弘平 58.0 1.58.7 33.7 ----7--8--8 7 40.4 ハーツクライ / ラリズ 美) 堀宣行  492 +2 15 8
06 クビ 川田将雅 58.0 1.58.7 34.1 ----4--3--3 5 23.3 ディープインパクト / ジンジャーパンチ 栗) 友道康夫 474 +2 4 2
07 アタマ 大野拓弥 58.0 1.58.7 33.1 ---15-15-14 13 159.1 ハービンジャー / オリエントチャーム 栗) 池江泰寿 490 -12 13 7
08 11/2 三浦皇成 58.0 1.58.9 33.6 ----7-10-11 14 190.4 ノヴェリスト / マルセリーナ 美) 戸田博文 462 -6 12 6
09 クビ 藤岡佑介 58.0 1.59.0 33.4 ---13-14-14 12 153.0 キングカメハメハ / ムードインディゴ 栗) 友道康夫 500 -16 16 8
10 3/4 柴田善臣 58.0 1.59.1 33.8 ---11-12-11 16 332.6 ルーラーシップ / ピサノグラフ 栗) 角田晃一 492 -10 11 6
11 アタマ 岩田康誠 58.0 1.59.1 33.7 ---14-13-11 6 30.2 ディープインパクト / マンデラ 栗) 友道康夫 482 -4 7 4
12 1/2 戸崎圭太 56.0 1.59.2 34.7 ----4--3--3 4 19.6 ディープインパクト / ソラリア 美) 国枝栄  482 +2 14 7
13 1/2 池添謙一 58.0 1.59.3 34.2 ---11-10--8 9 104.6 ディープブリランテ / ハーランズルビー 栗) 森田直行 482 +2 3 2
14 ハナ 横山典弘 58.0 1.59.3 35.0 ----1--1--1 11 146.7 ロードカナロア / ストライクルート 栗) 北出成人 466 -2 10 5
15 1/2 横山和生 58.0 1.59.4 34.8 ----2--3--3 8 67.1 ローエングリン / トーセンガラシャ 美) 小野次郎 488 0 6 3
16 田辺裕信 58.0 1.59.7 33.8 ---16-16-16 15 257.8 ディープインパクト / フレンチリヴィエラ 栗) 中竹和也 478 +2 2 1
単勝 5番 (3人) 3.4 枠連 1-3 (2人) 4.0 複勝 5番(3人)
1番(1人)
9番(2人)
1.2
1.1
1.1
ワイド 1-5(2人)
5-9(3人)
1-9(1人)
1.7
2.0
1.7
3連複 1-5-9 (1人) 3.5 馬連 1-5 (2人) 3.9
3連単 5-1-9 (4人) 20.4 馬単 5-1 (4人) 8.5
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
3複3単×2 全予想 956% 8560
3単 全予想 130% 720
全予想 104% 60
レース後のコメント

1着 エフフォーリア(横山武史騎手) 「ダービーのこともあって、人生で初めて嬉し泣きしました。コロナ禍でも競馬場に入れる人数が増えていて、その中で競馬に乗れることに感謝したいです。ファンの皆様の前で勝てて本当に良かったです。スタートは上手いですし、競馬も器用なので、僕は本当に馬の邪魔をしないように馬の力を信じて乗るだけだと思いました。道中も理想的なポジションでしたし、変にインにこだわらないで、多少外を回ってもいい、という思いで乗りました。2週続けてGIを勝たせて頂けたのは、タイトルホルダーもエフフォーリアもどちらも良い馬ですし、こんな良い馬を任せて頂いた関係者、オーナーの皆様に感謝しています。(親子三代制覇は)デビューした時に勝ちたいGIとして天皇賞(春)を親子三代制覇できるかなと挙げていたのですが、今回(秋)ですが、親子三代で勝つことを達成できたのは本当に良かったと思います」

(鹿戸雄一調教師) 「初めての古馬との対戦でしたが、スタートの上手な馬なので、前々でレースができると思って安心して見ていました。ダービーではオーナーはじめ、厩舎スタッフみんな悔しい思いをしてきたので、みんなで力を合わせてここまでやってきました。馬は春と比べてだいぶ体つきも筋肉質になってひと回り大きくなってパワーがついたというか、見栄えのする馬になりました。オーナーや牧場などみんなと相談して、このレースを選択したのがベストの選択だったと思います。(19年ぶりの3歳馬の勝利について)僕もシンボリクリスエスに少し携わっていましたが、素晴らしい馬でした。この馬も少しでも近づけたら、と思っていました。よく頑張ってくれました。藤沢先生にも大変お世話になって、追いつけはしないんですが、少しは近づけたかなと思っています。レース後は『おめでとう』と声を掛けて頂きました。すごく嬉しいです」

2着 コントレイル(福永祐一騎手) 「スタートは練習していたのですが、ゲートの中の体勢が良くなかったです。それでも上手く出てはくれましたが、理想は勝ち馬のポジションで、スタートを上手に切ることが必須条件ですからね。道中はタメがきき、最後もいけると思ったのですが、あと100mで差が詰まらず、苦しくなって内にモタれる仕草を見せていました。休み明けでも状態は素晴らしかったですし、ゲート以外は良かったです。なんとしても勝ちたい気持ちがあったのですが...」

3着 グランアレグリア(C.ルメール騎手) 「すごく良いスタートで、楽に前につけられました。息も入り、それほど力を使いませんでした。ただ、柔らかい馬場で、いつもと反応が違いましたし、2000mも少し長かったです。1600mの方が良いと思います」

4着 サンレイポケット(鮫島克駿騎手) 「ここを目標に、素晴らしい仕上がりでした。ベストか、それ以上の走りができました。上位3頭は日本のトップホースで、一角を崩せなかったのは悔しいですが、この馬と今後は強い相手を負かせるよう、自分自身技術を向上させたいです」

5着 ヒシイグアス(松山弘平騎手) 「枠順が外でしたからね。その中でも勝ち馬を見てレースを運べました。ラストも苦しくなりましたが、よく5着まで頑張ってくれました」

7着 ペルシアンナイト(大野拓弥騎手) 「後方で脚をためていきました。展開は向きませんでしたが、鋭い脚を見せてくれました」

11着 ワールドプレミア(友道康夫調教師) 「ゲートで挟まれてあの位置になりました。もう少し前の位置につけられればもう少し着順が上げられたと思います。最後は伸びていましたし、ここを使って次は良くなると思います」

12着 カレンブーケドール(戸崎圭太騎手) 「追い切りの時点から具合が良さそうでした。力みなく柔らかみのある良いフットワークでしたが、3コーナーで馬の後ろに入りたがって、内にささる感じがありました。修正しながらギアを上げたのですが、反応がもうひとつでした」

ギャラリー
予想動画
関連記事
関連つぶやき
過去のレース一覧
mirei
当ページを共有する