毎日王冠(2021/10/10) のレース情報

基本情報
東京芝・左1800M
芝・左1800M
晴  
GⅡ   サ3上(国)(指) / 別定
第72 回 毎日王冠    
13 頭
15:45発走
本賞金) 6,700 - 2,700 - 1,700 - 1,000 - 670 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧予想
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
image
直線 525 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.44.8
前半5F:
58.5
後半3F:
34.6
ペース:平均
13 (-17+30)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 ルメール 56.0 1.44.8 33.0 ---11-12-10 1 2.6 Kingman / Serienholde 美) 手塚貴久 482 +8 1 1
02 アタマ 川田将雅 58.0 1.44.8 33.7 ---12--5--5 2 2.7 ディープインパクト / マイグッドネス 美) 萩原清  458 +2 7 5
03 11/2 吉田隼人 56.0 1.45.0 34.0 ----4--4--4 4 8.7 ディープインパクト / ジンジャーパンチ 栗) 友道康夫 472 +8 5 4
04 1/2 石橋脩 56.0 1.45.1 34.6 ----2--2--2 8 33.7 キングカメハメハ / トリプレックス 美) 菊沢隆徳 492 0 8 6
05 クビ 横山典弘 56.0 1.45.1 34.4 ----3--3--3 12 45.0 ロードカナロア / ストライクルート 栗) 北出成人 468 0 11 7
06 1/2 鮫島克駿 56.0 1.45.2 33.5 ----8-10-10 9 35.9 ジャングルポケット / アドマイヤパンチ 栗) 高橋義忠 472 0 2 2
07 11/4 浜中俊 56.0 1.45.4 33.8 ----8--8--9 7 32.6 ジャスタウェイ / セルキス 栗) 中内田充 482 -2 9 6
08 クビ 福永祐一 57.0 1.45.5 34.1 ----6--6--7 3 7.8 ディープインパクト / スキア 栗) 藤原英昭 480 12 8
09 岩田康誠 57.0 1.45.8 34.6 ----5--6--6 5 16.6 ロードカナロア / インダクティ 栗) 安田隆行 474 +4 10 7
10 ハナ 田辺裕信 56.0 1.45.8 33.8 ---13-13-13 10 39.4 ディープインパクト / フレンチリヴィエラ 栗) 中竹和也 476 -6 6 5
11 1/2 丸山元気 56.0 1.45.9 35.7 ----1--1--1 6 27.7 キングズベスト / エリモエトワール 美) 小桧山悟 472 0 13 8
12 3/4 横山武史 56.0 1.46.0 34.3 ---10-10-10 13 61.5 ステイゴールド / マイネテレジア 美) 手塚貴久 472 -6 4 4
13 1/2 三浦皇成 56.0 1.46.1 34.6 ----7--8--8 11 40.0 ノヴェリスト / マルセリーナ 美) 戸田博文 468 +6 3 3
単勝 1番 (1人) 2.6 枠連 1-5 (1人) 3.4 複勝 1番(2人)
7番(1人)
5番(3人)
1.2
1.2
1.8
ワイド 1-7(1人)
1-5(2人)
5-7(4人)
1.8
3.4
4.0
3連複 1-5-7 (1人) 9.1 馬連 1-7 (1人) 3.5
3連単 1-7-5 (2人) 28.2 馬単 1-7 (1人) 6.7
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
全予想 185% 3500
3複3単 全予想 162% 1800
× 3複3単×2 全予想 101% 40
レース後のコメント

1着 シュネルマイスター(C.ルメール騎手) 「ダノンキングリーが動いた時、こちらは後ろから進んでいきませんでした。3、4コーナーからは手応えが良くなり、ラスト300mでは良い瞬発力で伸びていきました。NHKマイルCの時はエンジンのかかりが遅かったので、その頃と比べてパワーアップしました。今日は休み明けだったので、プレッシャーをかけないようにしましたが、次走はアグレッシブな騎乗をするかもしれません。仮に距離が2000mでもこなせそうに思います」

2着 ダノンキングリー(川田将雅騎手) 「安田記念よりはるかに具合が良く、その分気持ちが入っていました。道中はあまりに遅かったので、馬の気持ちを優先させてポジションアップしていきました。直線もしっかり動いてくれました。普通なら勝っているレースですし、勝ち馬は着差以上に相当強いです。それでもダノンキングリー自身も2戦続けて走れたというのは収穫です」

3着 ポタジェ(吉田隼人騎手) 「スローになると思って、内枠でしたし出していきましたが、ペースが流れたところで、前を追いかけることになってしまいました。それでもあきらめずに3着まで来ましたから、力は見せられたと思います。この馬向きの展開になれば、まだまだやれると思います」

4着 ダイワキャグニー(石橋脩騎手) 「大した馬です。この条件が得意というのもありますし、調子も良かったのだと思います。これまで良い経験、良いキャリアを積んできて、苦しい時に無理をしてこなかったことなどが今に活きているのでしょう。この年になっても最後まで走ってくれています」

6着 サンレイポケット(鮫島克駿騎手) 「上がりの速い勝負がどうかと思っていましたが、勝ち馬の後ろを追うように伸びていきました」

7着 ヴェロックス(浜中俊騎手) 「返し馬から活気があって、雰囲気が良かったです。レースでは最後にしっかり頑張れるように、前半息を整えながら動かしていきました。最後は坂を登ったあたりから苦しくなって、左にもたれてしまいました。それでも今回は活気があったので、内容は良かったです」

8着 ヴァンドギャルド(福永祐一騎手) 「調教の雰囲気が良かったですし、返し馬も悪くありませんでした。ゲートの中もいつもより我慢してくれて、良いスタートが切れました。ポジションも悪くなく、2着馬を前に見るような形で進められましたが、4コーナーでは手応えが怪しかったです。480kgということで、動き切れず伸び切れませんでした。一叩きされて、次は良くなると思います」

ギャラリー
予想動画
関連記事
関連つぶやき
過去のレース一覧
mirei
当ページを共有する