STV杯(2021/07/31) のレース情報

基本情報
函館芝・右2000M
芝・右2000M
晴  
3勝クラス特別   サ3上(混) / ハンデ
STV杯  
16 頭
15:35発走
本賞金) 1,820 - 730 - 460 - 270 - 182 (万
予想
コース・ラップ
ハイペース
直線 262 M
image
直線 262 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.59.3
前半5F:
59.3
後半3F:
36.5
ペース:ハイ
63 (34+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 大野拓弥 55.0 1.59.3 36.1 -5--5--4--4 3 6.2 キングカメハメハ / サンシャイン 美) 和田勇介 456 -10 11 6
02 11/4 泉谷楓真 50.0 1.59.5 35.6 -8--8--7--6 11 44.5 スクリーンヒーロー / メイクデュース 美) 和田勇介 422 -2 13 7
03 武豊 54.0 1.59.7 35.4 12-12-13--7 1 3.2 キングカメハメハ / ムードインディゴ 栗) 須貝尚介 460 0 10 5
04 31/2 岩田康誠 55.0 2.00.3 36.7 -7--6--5--5 7 18.6 ヴィクトワールピサ / ヒシワンスモア 美) 牧光二  494 +2 6 3
05 1/2 黛弘人 53.0 2.00.4 37.5 -3--3--2--2 9 19.9 アイルハヴアナザー / モエレカトリーナ 美) 高橋祥泰 484 +8 8 4
06 1/2 丹内祐次 53.0 2.00.5 37.7 -1--1--1--1 6 15.8 スクリーンヒーロー / コスモルーシー 美) 伊藤大士 506 +10 9 5
07 クビ 秋山稔樹 52.0 2.00.5 36.0 15-15-15-12 10 43.0 オルフェーヴル / リリサイド 美) 萩原清  402 0 1 1
08 アタマ 吉田隼人 55.0 2.00.5 36.3 14-12-10-12 8 19.3 ハーツクライ / サンヴァンサン 栗) 矢作芳人 464 -6 7 4
09 アタマ 古川吉洋 55.0 2.00.5 36.3 10-10-10--8 5 7.7 ベーカバド / オギノシュタイン 栗) 小崎憲  458 0 2 1
10 21/2 国分恭介 53.0 2.00.9 36.4 16-16-15-12 13 57.4 タイキシャトル / シェリーバレンシア 栗) 田中克典 510 +2 4 2
11 小沢大仁 53.0 2.01.3 37.0 12-12-13-15 15 207.0 ノヴェリスト / イタリアンレッド 栗) 石坂公一 498 -12 3 2
12 11/4 亀田温心 54.0 2.01.5 37.5 -8--8--8--8 14 61.5 ワークフォース / スズカローラン 栗) 橋田満  494 +8 15 8
13 クビ ルメール 55.0 2.01.5 37.3 11-10-10--8 4 7.6 ルーラーシップ / ラルケット 美) 堀宣行  492 +8 5 3
14 3/4 横山武史 56.0 2.01.6 38.7 -3--3--2--2 2 4.9 ネオユニヴァース / サクラレーヌ 美) 堀宣行  504 +2 16 8
15 10 水口優也 53.0 2.03.3 39.7 -2--2--5--8 16 212.4 ロードカナロア / モンローブロンド 栗) 池江泰寿 500 +2 14 7
16 大差 坂井瑠星 54.0 2.05.3 41.3 -6--6--8-15 12 56.2 ロードカナロア / トゥザヴィクトリー 栗) 池江泰寿 512 -6 12 6
単勝 11番 (3人) 6.2 枠連 6-7 (22人) 92.3 複勝 11番(3人)
13番(10人)
10番(1人)
2.2
6.7
1.4
ワイド 11-13(41人)
10-11(2人)
10-13(28人)
37.9
4.0
21.3
3連複 10-11-13 (45人) 133.7 馬連 11-13 (46人) 174.7
3連単 11-13-10 (367人) 1,173.5 馬単 11-13 (75人) 259.3
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
3複 全予想 216% 5800
レース後のコメント

1着 アラタ(大野拓弥騎手) 「前走から距離を詰めたので、意識的に前へ出して行く競馬をしました。前を見つつ良いリズムで運べましたし、エンジンをかけるのが気持ち早いかなとも思いましたが、しっかりと押し切ってくれました」

2着 ウィナーポイント(泉谷楓真騎手) 「軽いハンデもありましたし、道中も良い手応えで回って来られました。4コーナーでは勝てるかなと思うくらいでしたが、並びそうになったところで勝った馬にもうひと伸びされてしまいました。ペースもちょうど良かったですし、一生懸命頑張ってくれました」

3着 ルビーカサブランカ(武豊騎手) 「前が飛ばしているので良い展開だと思いましたが、前の2頭がそのまま残る形になってしまいました。でもこの馬もしっかり頑張ってくれました」

ギャラリー
予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する