函館2歳ステークス(2021/07/17) のレース情報

基本情報
函館芝・右1200M
芝・右1200M
晴  
GⅢ   サ2才(国)(特) / 馬齢
第53 回 函館2歳ステークス    
11 頭
15:25発走
本賞金) 3,100 - 1,200 - 780 - 470 - 310 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧予想
コース・ラップ
平均ペース
黒線は上から最高・平均・最低ラップ
直線 262 M
image
直線 262 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.09.9
前半5F:
57.6
後半3F:
36.2
ペース:平均
31 (83-52)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 泉谷楓真 54.0 1.09.9 35.7 -------3--3 3 7.4 ジョーカプチーノ / ナムラキッス 栗) 大橋勇樹 464 -2 11 8
02 11/4 鮫島克駿 54.0 1.10.1 36.0 -------3--3 2 6.0 キンシャサノキセキ / カイカヨソウ 栗) 池添学  474 +2 6 6
03 坂井瑠星 54.0 1.10.2 35.1 -------8--6 10 62.9 ディスクリートキャット / ムーンダスト 栗) 吉田直弘 458 0 1 1
04 1/2 池添謙一 54.0 1.10.3 35.8 -------5--5 8 27.6 カレンブラックヒル / クリンゲルベルガー 栗) 北出成人 424 +2 3 3
05 アタマ 加藤祥太 54.0 1.10.4 35.4 -------8--9 9 39.9 ドレフォン / カフジビーナス 栗) 杉山佳明 418 -4 5 5
06 クビ 武豊 54.0 1.10.4 35.2 ------10-10 5 13.0 ヴァンキッシュラン / トーセンソニア 美) 小桧山悟 478 0 8 7
07 藤岡佑介 54.0 1.10.6 36.9 -------1--1 1 2.2 キングカメハメハ / オレンジティアラ 栗) 牧田和弥 402 +10 4 4
08 亀田温心 54.0 1.10.7 36.8 -------2--2 6 14.4 シルバーステート / カルディア 美) 高橋裕  406 +2 10 8
09 3/4 横山和生 54.0 1.10.9 36.2 -------7--6 7 14.5 ドレフォン / シナジーウィスパー 栗) 安田隆行 482 -4 2 2
10 31/2 ルメール 54.0 1.11.4 36.1 ------11-11 4 7.5 シルバーステート / メリオーラ 栗) 武幸四郎 492 +2 9 7
11 31/2 古川吉洋 54.0 1.12.0 37.5 -------5--6 11 97.9 コパノリッキー / ハニーパイ 栗) 村山明  460 -10 7 6
単勝 11番 (3人) 7.4 枠連 6-8 (6人) 13.1 複勝 11番(2人)
6番(3人)
1番(10人)
2.1
2.1
13.5
ワイド 6-11(4人)
1-11(40人)
1-6(39人)
5.7
47.3
43.1
3連複 1-6-11 (73人) 229.4 馬連 6-11 (6人) 17.3
3連単 11-6-1 (391人) 1,406.5 馬単 11-6 (11人) 35.4
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
3複 全予想 410% 15500
3単 全予想 285% 6280
全予想 161% 2800
レース後のコメント

1着 ナムラリコリス(泉谷楓真騎手) 「素直に嬉しいです。勝てるチャンスはあると思っていたので、自分の乗り方次第でチャンスをものに出来るかできないかというところだったので、ものに出来て良かったです。ゲートは最後入れでしたし、元々ゲートの中で落ち着かないようなこともないので心配はしていませんでした。行く馬が何頭かいたので、その兼ね合いを見て先行する馬の後ろで競馬が出来れば理想的と思っていました。理想通りに行く馬を行かせて馬の後ろに入れて、息を入れるところを作ろうと思っていたので、そこは上手くいきました。ただ直線で慌ててしまって、ちょっと早かったなと後から思いました。馬の力があったのでそれでも踏ん張ってくれて、何とか最初にゴールを通過できたのでホッとしました。距離は延びても大丈夫です」

2着 カイカノキセキ(鮫島克駿騎手) 「したい競馬をイメージ通り運べました。2戦目が重賞で調整の難しいところがあったと思いますが、仕上がりは文句なしでした。現状の力は出せたと思います」

3着 グランデ(坂井瑠星騎手) 「初めてもまれる競馬でしたし、しかもこの相手でしたがしっかり脚を使っています。1枠でロスの無い競馬もできました」

4着 イチローイチロー(池添謙一騎手) 「スタートは良かったのですが、他が速くて促しながら行きました。最後まで脚を使っていますし、思った以上に頑張っています」

5着 カワキタレブリー(加藤祥太騎手) 「速い馬が揃っていてついて行けませんでしたが、3、4コーナーからはハミを取ってしっかりと脚を使いました。この馬の持ち味であるしぶとさを生かせたと思います」

6着 トーセンヴァンノ(武豊騎手) 「4コーナーから直線にかけて、前の馬がふらふらして追い出せませんでした。勿体ない形になりましたね」

7着 ポメランチェ(藤岡佑介騎手) 「レース自体落ち着いて運べましたし、スピードも通用すると思います。ただ、今日は馬場がマッチしませんでした」

関連記事
関連つぶやき
ギャラリー
Youtubeデータの取得でエラーが発生しました
予想動画
過去のレース一覧
操作メモ
当ページを共有する