金鯱賞(2021/03/14) のレース情報

基本情報
中京芝・左2000M
芝・左2000M
晴  
GⅡ   サ4上(国)(指) / 別定
第57 回 金鯱賞    
10 頭
15:25発走
本賞金) 6,700 - 2,700 - 1,700 - 1,000 - 670 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧予想
コース・ラップ
平均ペース
直線 412.5 M
image
直線 412.5 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
2.01.8
前半5F:
1.01.4
後半3F:
36.8
ペース:平均
41 (12+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 西村淳也 56.0 2.01.8 36.8 -1--1--1--1 10 227.3 ディープインパクト / コンテスティッド 栗) 藤原英昭 508 +8 5 5
02 クビ 松山弘平 55.0 2.01.8 36.1 -6--6--6--6 1 1.4 エピファネイア / デアリングバード 栗) 杉山晴紀 470 -4 1 1
03 1/2 北村友一 56.0 2.01.9 36.4 -3--3--3--3 6 19.8 ディープインパクト / ジンジャーパンチ 栗) 友道康夫 464 0 10 8
04 ハナ 川田将雅 57.0 2.01.9 36.4 -3--3--4--3 2 4.5 ディープインパクト / メジロツボネ 美) 尾関知人 468 +4 4 4
05 1/2 M.デム 57.0 2.02.0 35.9 10-10-10-10 3 10.0 ルーラーシップ / ブリッツフィナーレ 栗) 辻野泰之 504 -12 7 7
06 クビ 秋山真一 56.0 2.02.0 36.1 -8--9--8--8 7 33.1 ジャングルポケット / アドマイヤパンチ 栗) 高橋義忠 480 +8 2 2
07 11/4 ルメール 56.0 2.02.2 36.9 -2--2--2--2 5 18.2 ディープインパクト / バラダセール 美) 国枝栄  498 -2 9 8
08 21/2 大野拓弥 57.0 2.02.6 36.9 -7--7--7--6 8 51.6 ハービンジャー / オリエントチャーム 栗) 池江泰寿 500 0 8 7
09 菱田裕二 56.0 2.03.4 37.5 -8--8--8--8 9 65.4 ディープインパクト / アパパネ 美) 堀宣行  488 +2 6 6
10 11/2 福永祐一 56.0 2.03.6 38.1 -3--3--4--3 4 11.7 キングカメハメハ / ヴィルシーナ 栗) 友道康夫 492 +4 3 3
単勝 5番 (10人) 227.3 枠連 1-5 (20人) 122.4 複勝 5番(10人)
1番(1人)
10番(6人)
18.9
1.1
3.4
ワイド 1-5(30人)
5-10(41人)
1-10(4人)
42.6
163.0
5.2
3連複 1-5-10 (58人) 346.5 馬連 1-5 (26人) 135.7
3連単 5-1-10 (475人) 7,830.1 馬単 5-1 (62人) 620.5
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
全予想 2252% 103280
全予想 1698% 67120
レース後のコメント

1着 ギベオン(西村淳也騎手) 「追い切りに乗った時の状態も良く、自信を持って乗りました。藤原先生と枠順が決まってからも相談して、このメンバーならハナに行ってという話もありました。ゲートを出てからでないとわからない部分もありましたが、ゲートもスムーズでハナに行こうと思いました。3~4コーナーで手応えが怪しくなりましたが、4コーナーで直線に向かってからはまた伸びてくれたので、あとは何とかしのいでくれという思いで乗っていました。(デアリングタクトとは)内外離れていたので、勝ち負けはわかりませんでした。後輩が重賞を勝っているので勝てて嬉しいです。今回は重賞を勝たせていただいて、これからも頑張りますのでよろしくお願いします」

2着 デアリングタクト(松山弘平騎手) 「今は前残りの馬場なのでできれば逃げ馬の後ろが欲しかったのですが、ポジションが取れず、それでも2列目で折り合いもつきましたし、良い形かなとは思いました。しっかり脚も溜まっていました。ただ思った以上に馬場が悪く、3~4コーナーで少し苦しくなってしまいました。それでも最後は詰めてくれましたし、これだけ強いメンバー相手に力があるところは見せてくれました。ただ、人気に支持していただいたので、結果として申し訳ありませんでした」

3着 ポタジェ(北村友一騎手) 「レース前は本当に落ち着きがありますし、すごく優等生という感じでした。少しまだ頼りなさがあるせいか、直線で手前を替える時も向正面で手前を替える時もふらつく面がありました。そういったところが解消してきたら良いと思います。ラストまで頑張ってくれました」

4着 グローリーヴェイズ(川田将雅騎手) 「休み明けという感じの雰囲気で、馬場の分より、きつい競馬になってしまったと思います。それでもよく頑張ってくれているので、次はさらに良い状態で出られると思います」

5着 キセキ(M.デムーロ騎手) 「久しぶりだったので、気が入ってきませんでした。ゲートの中でもボーっとしていました。スタートも出て行きませんでした。出していきましたがリズムに乗ってきませんでした。向正面でハミをとるかと思いましたが、全然ハミをとりませんでした。ズブい感じでした。それでも位置的には悪くないとは思い、目の前のデアリングタクトとともに上がって行ければと思っていましたが、もう少し脚を使って欲しかったですね。馬場の悪い所を走っていましたが、よく伸びてくれました」

ギャラリー
予想動画
関連記事
関連つぶやき
過去のレース一覧
当ページを共有する