新馬 (サ2才) 京都 4R 2020/10/31 のレース情報

基本情報
京都芝・右1600M
芝・右1600M
晴  
新馬   サ2才(混)[指] / 馬齢
 
18 頭
11:30発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
予想
コース・ラップ
平均ペース
直線 328 M
image
直線 328 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.37.1
前半5F:
1.01.8
後半3F:
35.3
ペース:平均
-43 (-59+16)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 藤岡康太 54.0 1.37.1 35.2 -------2--2 4 6.8 エイシンフラッシュ / ダイワスカーレット 栗) 藤原英昭 454 11 6
02 3/4 浜中俊 55.0 1.37.2 35.1 -------5--5 2 5.5 ダイワメジャー / シークレットジプシー 栗) 岡田稲男 490 4 2
03 古川吉洋 54.0 1.37.4 35.4 -------4--4 5 29.1 ロードカナロア / デアリングハート 栗) 角田晃一 434 16 8
04 11/4 藤岡佑介 55.0 1.37.6 35.8 -------1--1 7 45.5 リオンディーズ / フロレンティナ 栗) 橋田満  472 6 3
05 3/4 和田竜二 55.0 1.37.7 35.5 -------8--7 9 63.8 ルーラーシップ / ゴットサーガ 栗) 辻野泰之 432 5 3
06 1/2 川田将雅 55.0 1.37.8 35.6 -------8-10 1 1.9 Frankel / マーゴットディド 栗) 友道康夫 490 1 1
07 3/4 幸英明 55.0 1.37.9 36.0 -------2--2 6 34.7 Myboycharlie / Moon Giant 栗) 河内洋  464 14 7
08 3/4 岩田康誠 55.0 1.38.0 35.9 -------5--7 11 108.9 New Bay / Moraine 栗) 浅見秀一 450 2 1
09 3/4 小牧太 55.0 1.38.1 35.6 ------11-11 8 60.6 モーリス / ルナレディ 栗) 笹田和秀 490 10 5
10 3/4 泉谷楓真 52.0 1.38.2 35.4 ------14-14 13 131.5 エピファネイア / ゴッドフロアー 栗) 松永幹夫 436 15 7
11 3/4 武豊 55.0 1.38.4 35.9 ------11-11 3 6.0 ディープインパクト / イーデンズコーズウェイ 栗) 武幸四郎 440 12 6
12 11/4 池添謙一 55.0 1.38.6 35.5 ------16-16 10 93.5 ルーラーシップ / フィールフリーリー 栗) 中竹和也 520 13 7
13 クビ 藤井勘一 54.0 1.38.6 35.5 ------16-15 17 432.3 ジャスタウェイ / シャンパントパーズ 栗) 平田修  462 17 8
14 11/4 松山弘平 55.0 1.38.8 36.7 -------5--5 14 140.8 ダンカーク / ルミナーラ 栗) 杉山晴紀 520 18 8
15 酒井学 55.0 1.39.0 36.8 -------8--7 12 121.1 フェノーメノ / ダイヤモンドギフト 栗) 北出成人 454 9 5
16 3/4 加藤祥太 54.0 1.39.1 36.8 ------11-11 16 369.0 ヴィクトワールピサ / プレイリースター 栗) 安達昭夫 430 7 4
17 大差 国分恭介 55.0 1.43.3 40.3 ------14-17 15 207.2 ドゥラメンテ / ヴァドヴィーツェ 栗) 五十嵐忠 494 8 4
松若風馬 54.0 - - ------18--- 18 - シンボリクリスエス / グランオマージュ 栗) 新谷功一 432 3 2
単勝 11番 (4人) 6.8 枠連 2-6 (3人) 11.7 複勝 11番(4人)
4番(2人)
16番(5人)
2.1
1.8
4.2
ワイド 4-11(3人)
11-16(13人)
4-16(12人)
3.6
15.6
14.8
3連複 4-11-16 (16人) 57.5 馬連 4-11 (4人) 14.1
3連単 11-4-16 (96人) 356.1 馬単 11-4 (11人) 35.9
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
全予想 295% 7020
レース後のコメント

1着 アンブレラデート(藤岡康太騎手) 「調教から良い動きをしていました。ただ実戦では、返し馬から周りを気にしたり、行きたがったり、気難しいところがありました。3コーナーまで行きたがっていましたが、そこからは落ち着いて、終いもしっかり脚を使っていました」

ギャラリー
予想動画
関連記事
関連つぶやき
mirei
当ページを共有する