新馬 (サ2才) 新潟 6R 2020/07/25 のレース情報

基本情報
新潟ダート・左1200M
第02回 新潟 01日目
6 R
ダート・左1200M
曇   稍重
新馬
サ2才(混)[指] / 馬齢
 
15 頭
13:00発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 354 M
ペース平均:
8
内枠好走:
-6
勝タイム:
1.12.3
前半5F:
59.9
後半3F:
37.4
ペース:平均
-10 (83-93)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 柴田大知 54.0 1.12.3 36.7 -------5--5 8 30.2 アグネスデジタル / コスモマクスウェル 美) 蛯名利弘 456 1 1
02 三浦皇成 54.0 1.12.6 37.7 -------1--1 3 6.3 Into Mischief / ファイナルディシジョン 栗) 安田隆行 470 3 2
03 3/4 北村友一 54.0 1.12.7 37.6 -------3--2 2 5.1 ミッキーアイル / デイトユアドリーム 栗) 池添学  478 2 2
04 ハナ 国分優作 54.0 1.12.7 37.6 -------3--4 9 51.2 スマートファルコン / キャニオンドリーム 栗) 飯田雄三 452 7 4
05 木幡育也 53.0 1.13.4 36.6 ------12-13 6 16.0 パイロ / マジッククレスト 美) 尾形和幸 444 9 5
06 1/2 柴田善臣 54.0 1.13.5 36.8 ------12-10 12 76.1 ベルシャザール / プリティーキャロル 美) 大江原哲 480 4 3
07 3/4 戸崎圭太 54.0 1.13.6 37.1 ------11-10 5 8.8 ヘニーヒューズ / ティアーモ 美) 尾形和幸 460 12 7
08 11/4 岩田望来 53.0 1.13.8 38.8 -------2--2 4 6.4 シニスターミニスター / タマモペンライト 栗) 五十嵐忠 462 15 8
09 21/2 木幡巧也 54.0 1.14.2 36.8 ------15-14 11 70.1 パイロ / デストリアー 美) 田中剛  434 10 6
10 ハナ 藤懸貴志 54.0 1.14.2 38.2 -------7--7 1 2.9 エスポワールシチー / ワンモアアリュール 栗) 北出成人 474 8 5
11 松山弘平 54.0 1.14.9 39.2 -------5--6 7 16.8 マジェスティックウォリアー / ダイワエタニティー 栗) 坂口智康 430 6 4
12 西村太一 54.0 1.15.7 39.4 ------10--8 15 186.5 メイショウボーラー / シークレットダイヤ 美) 高橋文雅 436 11 6
13 31/2 中井裕二 54.0 1.16.3 39.3 ------14-14 14 160.4 キングヘイロー / ハイマーク 美) 小西一男 464 5 3
14 3/4 斎藤新 53.0 1.16.4 40.2 -------8-10 10 69.3 ホッコータルマエ / エンパイアライン 美) 田島俊明 420 14 8
15 武士沢友 54.0 1.17.7 41.6 -------8--9 13 137.1 アンライバルド / マキハタスリリング 美) 石栗龍彦 446 13 7
単勝 1番 (8人) 30.2 枠連 1-2 (13人) 34.4 複勝 1番(8人)
3番(4人)
2番(3人)
5.8
2.3
2.0
ワイド 1-3(24人)
1-2(23人)
2-3(4人)
21.2
20.3
5.7
3連複 1-2-3 (33人) 90.5 馬連 1-3 (23人) 76.3
3連単 1-3-2 (251人) 775.1 馬単 1-3 (56人) 202.1
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
単複連ワ 全予想 1000% 32400
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント

1着 ラストリージョ(柴田大知騎手) 「道中も気を使って走っていました。直線は一瞬で前を交わしてくれましたが、1頭になるとソラを使っていました。余裕がありましたし、まだまだ時計は詰まるでしょう。走りはダート向きという印象でした」

4着 ドローム(国分優作騎手) 「スタートは抜群でしたが、他の馬が速かったので、行かせて無理せず運びました。砂を被っても嫌がらず、楽に追走できました。最後もしっかり脚を使えていましたし、良い内容だったと思います」

5着 マリノエンブレム(木幡育也騎手) 「最初は砂を被るのを嫌がって、進んで行きませんでした。ただ後半は馬群に入っていける脚がありましたし、勢いがありました。能力は持っています」

10着 コウバコ(藤懸貴志騎手) 「時計は出ていましたが、まだまだ本当にこれからの馬です。少しトモに緩さがあり、行き脚がつくまでに時間がかかりました。力負けではなく、初めてで戸惑う事ばかりでした。それでも忙しい流れの中、脚を使ってくれていました。これから成長して良くなっていくと思います」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する