ラジオNIKKEI賞(2020/07/05) のレース情報

基本情報
福島芝・右1800M
第02回 福島 02日目
11 R
芝・右1800M
曇   稍重
GⅢ
サ3才(国)(特) / ハンデ
第69 回 ラジオNIKKEI賞    
12 頭
15:45発走
本賞金) 3,800 - 1,500 - 950 - 570 - 380 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 292 M
ペース平均:
41
内枠好走:
9
勝タイム:
1.47.3
前半5F:
59.6
後半3F:
35.8
ペース:平均
32 (2+30)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 内田博幸 53.0 1.47.3 35.8 -1--1--1--1 8 20.2 ナカヤマフェスタ / アートリョウコ 栗) 浜田多実 454 0 1 1
02 三浦皇成 54.0 1.48.1 36.4 -3--4--2--2 7 15.8 ロードカナロア / ミスペンバリー 栗) 矢作芳人 458 -4 11 8
03 アタマ 戸崎圭太 52.0 1.48.1 36.0 -6--9--9--8 5 9.5 ディープインパクト / ダリシア 栗) 藤原英昭 474 -2 2 2
04 3/4 武豊 52.0 1.48.2 36.2 10-10--7--5 1 3.8 ルーラーシップ / ステラリード 美) 高柳瑞樹 452 +10 9 7
05 11/4 坂井瑠星 54.0 1.48.4 36.6 -9--5--4--2 3 4.8 キズナ / フレンチバレリーナ 栗) 佐々木晶 512 -2 12 8
06 3/4 石橋脩 54.0 1.48.5 36.1 11-11-11--8 4 7.0 ネオユニヴァース / サクラレーヌ 美) 堀宣行  488 0 5 5
07 1/2 田辺裕信 54.0 1.48.6 36.8 -2--3--4--5 6 11.9 ルーラーシップ / ポップアイコン 栗) 斉藤崇史 500 -4 3 3
08 吉田豊 51.0 1.49.1 36.6 12-12-11-11 12 126.0 ローズキングダム / キャプテンガール 美) 伊藤大士 466 -2 6 5
09 西村淳也 53.0 1.50.3 38.4 -4--5--4--7 11 43.0 タートルボウル / カフヴァール 栗) 杉山晴紀 524 +14 7 6
10 レーン 54.0 1.50.8 39.2 -5--2--2--2 2 4.5 ノヴェリスト / ディアデラノビア 美) 堀宣行  508 -6 8 6
11 3/4 石川裕紀 53.0 1.50.9 38.6 -6--8-10-10 10 21.8 ダイワメジャー / アドマイヤハッピー 美) 中舘英二 508 +2 4 4
12 クビ 柴田大知 53.0 1.50.9 38.9 -6--5--7-11 9 20.8 トランセンド / シップスログ 美) 和田雄二 508 -4 10 7
単勝 1番 (8人) 20.2 枠連 1-8 (14人) 32.6 複勝 1番(7人)
11番(9人)
2番(5人)
5.0
5.8
3.6
ワイド 1-11(46人)
1-2(28人)
2-11(26人)
33.8
18.7
17.3
3連複 1-2-11 (104人) 224.8 馬連 1-11 (43人) 112.4
3連単 1-11-2 (679人) 1,730.2 馬単 1-11 (93人) 257.5
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント

1着 バビット(内田博幸騎手) 「これまで先行していた馬ですし、今日はスタートも良かったですが、下げる必要はないと思いました。リズム良く走って、4コーナーの手応えも良く加速してくれました。これほどのパフォーマンスができるとは思っていなかったのですが、よくこの馬の力を出してくれました。スピードのある馬で、スタミナも十分ですから、ペースが速くなっても大丈夫だと思います」

2着 パンサラッサ(三浦皇成騎手) 「ゲートが決まって、あの位置(3番手)になりました。勝った馬も強かったですが、外枠もきつかったです。内枠なら、また違ったかもしれません。欲を言うなら、もっと馬場が湿っていたら良かったです」

3着 ディープキング(戸崎圭太騎手) 「スタートして、横の馬に寄られて位置が悪くなりました。馬場も悪く、進みも良くなかったですが、最後はよく伸びてくれました。これから良くなる馬だと思います」

4着 パラスアテナ(武豊騎手) 「レース自体スムーズで、思い通りの競馬ができました。フットワークがきれいで、切れる脚を使う馬なので、馬場が悪くなり過ぎました」

10着 グレイトオーサー(D.レーン騎手) 「レース前のテンションが高く、上手く折り合うことができませんでした。リズム良く運べませんでした」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する