フラワーカップ(2020/03/20) のレース情報

基本情報
中山芝・右1800M
第02回 中山 07日目
11 R
芝・右1800M
晴  
GⅢ   サ3才(国) 牝 (特) / 別定
第34 回 フラワーカップ    
14 頭
15:45発走
本賞金) 3,500 - 1,400 - 880 - 530 - 350 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧
コース・ラップ
ハイペース
直線 310 M
image
直線 310 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.48.2
前半5F:
59.2
後半3F:
36.9
ペース:ハイ
72 (42+30)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 藤井勘一 54.0 1.48.2 36.7 -2--2--2--2 12 79.3 キズナ / エディン 栗) 池江泰寿 480 +4 13 8
02 3/4 ヒューイ 54.0 1.48.3 36.3 -8--8--8--6 4 8.6 キングカメハメハ / ラストグルーヴ 美) 藤沢和雄 446 +4 14 8
03 11/2 横山典弘 54.0 1.48.6 36.9 -3--5--4--4 1 3.5 エピファネイア / シーズンズベスト 美) 黒岩陽一 474 -4 12 7
04 11/4 石橋脩 54.0 1.48.8 36.1 10-10-12-11 10 39.6 ディープスカイ / アドマイヤドレス 栗) 西村真幸 458 -4 3 3
05 クビ 吉田隼人 54.0 1.48.8 37.2 -3--3--3--2 2 3.9 キズナ / ホワイトアルバム 栗) 杉山晴紀 482 +2 11 7
06 11/4 丸山元気 54.0 1.49.0 36.4 12-12-11-10 3 8.1 キングカメハメハ / ミスエーニョ 美) 木村哲也 422 0 9 6
07 アタマ 池添謙一 54.0 1.49.0 37.2 -6--5--7--6 6 9.0 ハーツクライ / ポーレン 美) 田中博康 488 -4 10 6
08 クビ 三浦皇成 54.0 1.49.1 36.2 14-13-14-12 11 48.7 ディープインパクト / トレノエンジェル 栗) 矢作芳人 400 -2 6 4
09 11/4 M.デム 54.0 1.49.3 36.6 13-13-12--6 9 20.5 エピファネイア / マルシアーノ 美) 金成貴史 432 +2 8 5
10 1/2 石川裕紀 54.0 1.49.4 38.1 -1--1--1--1 7 13.2 トゥザワールド / ギャラリートーク 美) 上原博之 436 -4 5 4
11 3/4 岩田康誠 54.0 1.49.5 37.1 11-10--9--6 13 79.5 オルフェーヴル / ヘアキティー 栗) 池添学  450 0 4 3
12 21/2 田辺裕信 54.0 1.49.9 38.2 -6--5--4--4 5 8.9 キズナ / ショウナンガーデン 美) 矢野英一 450 -6 7 5
13 大差 横山和生 54.0 1.52.2 39.8 -8--9--9-14 14 216.1 トーセンファントム / トーセンミネルバ 美) 田村康仁 446 -6 1 1
14 坂井瑠星 54.0 1.53.5 41.8 -5--3--4-12 8 17.8 Lope de Vega / Palanca 栗) 鮫島一歩 430 +2 2 2
単勝 13番 (12人) 79.3 枠連 8-8 (26人) 213.7 複勝 13番(13人)
14番(5人)
12番(1人)
14.5
2.9
1.6
ワイド 13-14(62人)
12-13(50人)
12-14(7人)
82.6
52.5
7.3
3連複 12-13-14 (96人) 326.1 馬連 13-14 (57人) 320.6
3連単 13-14-12 (805人) 3,409.1 馬単 13-14 (133人) 789.4
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
単複連ワ 全予想 744% 39940
レース後のコメント

1着 アブレイズ(藤井勘一郎騎手) 「前目の競馬をと決めていました。スタート次第のところがあるのですが、スタートが決まって楽に2番手につけられました。キャリア2戦目でレースになれていないのか、フワフワするところがありましたが、かえって息が入りました。2戦2勝とまだ底を見せていませんし、トリッキーな中山コースや坂も経験できました。京都とはまた違ったコンディションで、結果が出せたのは大きいです」

2着 レッドルレーヴ(L.ヒューイットソン騎手) 「最後の50mで脚色が一緒になってしまいました。精神面は素晴らしいものがあり、体はこれから良くなってきそうです。将来が楽しみな牝馬だと思います」

3着 シーズンズギフト(黒岩陽一調教師) 「外枠なりに良い位置につけられましたが、ペースが遅く厳しい競馬になりました。普通なら我慢させるだけの競馬で終わるところで3着に来るのですから、評価できます。今日は枠と展開が向きませんでした」

4着 チェスナットドレス(石橋脩騎手) 「3から4コーナーの馬場が良くないところもロスなくしっかり走れていました。終いも脚を使ってくれて、上手な競馬をしてくれました」

5着 クリスティ(吉田隼人騎手) 「3コーナーで勝ち馬についていけるかと思ったのですが、手応えが怪しくなってしまいました。使いつつの方が良いタイプなのかもしれません」

7着 ポレンティア(田中博康調教師) 「スタートはしっかり出てくれたのですが、終始窮屈な競馬になってしまいました。直線でも他馬との接触がありました。ジワジワと長く脚を使うタイプだけにこうなってしまっては持ち味が生きませんでした」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
過去のレース一覧
当ページを共有する