アルデバランステークス(2020/02/08) のレース情報

基本情報
京都ダート・右1900M
第02回 京都 03日目
11 R
ダート・右1900M
晴  
オープン特別
サ4上(国)(特) / 別定
アルデバランステークス  
16 頭
15:35発走
本賞金) 2,200 - 880 - 550 - 330 - 220 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 329 M
ペース平均:
-16
内枠好走:
7
勝タイム:
1.57.3
前半5F:
1.02.4
後半3F:
36.3
ペース:平均
-54 (-36-18)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 武豊 56.0 1.57.3 35.9 -5--6--3--3 1 1.8 ハーツクライ / レディマーメイド 栗) 野中賢二 520 +2 6 3
02 1/2 藤岡康太 57.0 1.57.4 36.3 -2--2--2--2 2 3.0 ハーツクライ / ベイトゥベイ 栗) 須貝尚介 488 0 5 3
03 シュタル 56.0 1.58.3 36.9 -5--5--3--5 5 23.6 バトルプラン / エルフィンパーク 栗) 佐々木晶 474 +10 4 2
04 11/4 松山弘平 56.0 1.58.5 37.2 -4--4--3--3 7 31.7 Run Away and Hide / Font 美) 鈴木伸尋 514 +8 9 5
05 1/2 岩田康誠 56.0 1.58.6 37.0 12-12--7--6 4 17.4 キングカメハメハ / フューチャサンデー 栗) 藤原英昭 502 +6 8 4
06 北村友一 56.0 1.59.1 37.5 -7--6--7--6 6 28.3 クロフネ / エルダンジュ 栗) 池添学  502 +4 7 4
07 1/2 国分恭介 57.0 1.59.2 37.1 15-14-14-14 16 550.5 ディープインパクト / タムロイーネー 栗) 西園正都 476 0 13 7
08 3/4 池添謙一 55.0 1.59.3 37.3 11-11-12-11 9 104.8 キングヘイロー / ディアースパークル 栗) 安達昭夫 500 +4 15 8
09 ハナ 和田竜二 57.0 1.59.3 38.0 -2--2--3--8 8 40.3 ロージズインメイ / クリスチャンパール 美) 畠山吉宏 476 +6 2 1
10 1/2 川田将雅 56.0 1.59.4 37.7 -8-10--9--9 3 6.9 キングカメハメハ / マシュマロ 美) 国枝栄  482 0 11 6
11 クビ 国分優作 56.0 1.59.4 38.4 -1--1--1--1 13 393.4 ステイゴールド / マイネヌーヴェル 美) 高木登  470 0 16 8
12 1/2 古川吉洋 56.0 1.59.5 37.4 13-13-14-14 11 285.1 ストリートセンス / ラストアロー 栗) 南井克巳 502 -2 3 2
13 1/2 荻野琢真 58.0 1.59.6 37.3 16-16-16-14 10 115.0 ネオユニヴァース / シーズインクルーデッド 栗) 大久保龍 472 +6 14 7
14 柴山雄一 58.0 2.00.5 38.5 13-14-12-11 14 415.9 ハービンジャー / シーズインクルーデッド 栗) 藤岡健一 536 +10 12 6
15 アタマ フォーリ 58.0 2.00.5 38.8 -8--8--9--9 12 307.7 シンボリクリスエス / エアマグダラ 栗) 吉村圭司 500 +2 10 5
16 川須栄彦 56.0 2.01.9 40.2 -8--8--9-11 15 509.5 マンハッタンカフェ / カフェララルー 美) 和田雄二 538 +2 1 1
単勝 6番 (1人) 1.8 枠連 3-3 (1人) 2.5 複勝 6番(1人)
5番(2人)
4番(8人)
1.1
1.2
3.7
ワイド 5-6(1人)
4-6(11人)
4-5(14人)
1.6
8.7
11.5
3連複 4-5-6 (6人) 19.7 馬連 5-6 (1人) 2.5
3連単 6-5-4 (10人) 44.5 馬単 6-5 (1人) 3.6
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント

1着 ロードレガリス(武豊騎手) 「ゲートを出てくれて流れに乗り、手応え良く楽に先頭に立てましたが、耳を絞ってブレーキをかけるところがあり、突き離せませんでした」

(野中賢二調教師) 「この後は一休みさせます。馬の様子を見ながらになりますが、この後は5月の平安Sあたりでしょうか。まだムラな面があります。右にモタれていて、耳を絞ったりしていました。2着馬も強い馬ですし、1キロの斤量差はありましたが、正攻法で勝てましたし、オープンまで来てくれたことを評価したいです」

2着 スワーヴアラミス(藤岡康太騎手) 「スタートを出た後、促しながら良いポジションを取れました。4コーナーで反応してくれて、食い下がっていましたが、相手が強かったです」

3着 ブレスジャーニー(A.シュタルケ騎手) 「砂を被っても気にせず、リズム良く行けました。馬の間に入っても怯まず、気持ちを切らさずに走ってくれました。ダートは合っていると思います」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する