アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)(2020/01/26) のレース情報

基本情報
中山芝・右外2200M
第01回 中山 09日目
11 R
芝・右外2200M
曇   稍重
GⅡ
サ4上(国)(特) / 別定
第61 回 アメリカジョッキークラブカップ    
12 頭
15:45発走
本賞金) 6,200 - 2,500 - 1,600 - 930 - 620 (万
呼称: AJCC  →呼称申請
過去のレース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
ペース平均:
14
内枠好走:
-3
勝タイム:
2.15.0
前半5F:
1.02.4
後半3F:
36.7
ペース:平均
43 (-5+48)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 川田将雅 57.0 2.15.0 36.1 -4--4--5--3 1 3.0 ハービンジャー / ツルマルワンピース 美) 大竹正博 546 11 8
02 11/4 ルメール 56.0 2.15.2 36.5 -2--2--3--2 5 8.0 ステイゴールド / カウアイレーン 栗) 矢作芳人 458 -2 10 7
03 13/4 マーフィ 55.0 2.15.5 36.3 -7--8--7--8 4 6.8 ノヴェリスト / マルセリーナ 美) 戸田博文 464 +6 2 2
04 3/4 横山典弘 56.0 2.15.6 36.5 -5--5--7--5 2 3.8 トーセンホマレボシ / マドレボニータ 美) 菊沢隆徳 482 +6 3 3
05 21/2 大野拓弥 56.0 2.16.0 36.7 -7--9--9--8 8 29.2 ハーツクライ / トゥーピー 栗) 池江泰寿 464 +2 12 8
06 1/2 田辺裕信 55.0 2.16.1 37.2 -7--7--5--3 6 8.2 ハービンジャー / ニシノヒナギク 美) 高木登  494 +2 9 7
07 13/4 ミナリク 54.0 2.16.4 36.7 12-12-10--5 7 18.5 ルーラーシップ / アメジストリング 美) 斎藤誠  514 +14 1 1
08 ハナ 丸山元気 57.0 2.16.4 38.1 -1--1--1--1 3 6.6 ステイゴールド / シリアスアティテュード 栗) 音無秀孝 454 -2 5 5
09 柴山雄一 56.0 2.16.7 37.1 11-11-10--8 11 251.1 メイショウサムソン / ルミナスハッピー 美) 和田正一 482 +6 7 6
10 ハナ 北村宏司 56.0 2.16.7 36.9 10-10-12--8 10 205.5 キャプテントゥーレ / フェニックスワン 美) 水野貴広 460 +10 6 5
11 大差 石橋脩 56.0 2.18.6 39.8 -3--3--4--5 9 54.1 キングカメハメハ / シーザリオ 栗) 角居勝彦 458 +14 8 6
松岡正海 56.0 - - -5--5--2-12 12 - ブラックタイド / スリースノーグラス 美) 高木登  496 +2 4 4
単勝 11番 (1人) 3.0 枠連 7-8 (2人) 6.5 複勝 11番(2人)
10番(4人)
2番(3人)
1.5
2.2
2.1
ワイド 10-11(6人)
2-11(8人)
2-10(12人)
5.2
5.8
8.1
3連複 2-10-11 (8人) 25.4 馬連 10-11 (5人) 12.0
3連単 11-10-2 (22人) 105.4 馬単 11-10 (4人) 19.8
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
単複連ワ×2 全予想 140% 3880
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント

1着 ブラストワンピース(川田将雅騎手) 「最後は何とか届いてくれて良かったです。今日は馬の雰囲気も良く、良いリズムで運べました。4コーナーでは故障馬の影響を受けましたが、それでも勝つことができて、能力の違いを見せることができました。残念な結果に終わった凱旋門賞から帰って、これだけの内容と結果を残すことができて良かったです。今年のブラストワンピースは、ここから始まっていきますので、期待して応援してください」

(大竹正博調教師) 「前走は競馬に参加できませんでしたが、それが実力ではない事を証明できたと思います。年明け初戦、結果を残すことができてホッとしています。この後、上半期の目標も未定です」

2着 ステイフーリッシュ(C.ルメール騎手) 「逃げ馬の後ろにつけられ良いレースができました。勝負どころでの手応えが良くて一生懸命走ってくれました。勝ち馬はさすがGIホースという感じでした」

3着 ラストドラフト(O.マーフィー騎手) 「競走中止した馬の影響により、4コーナーでブレーキをかけなくてはならなくて、その後追い上げましたが不利が大きすぎました。状態が良かっただけに残念です」

4着 ミッキースワロー(菊沢隆徳調教師) 「馬の雰囲気は良くて期待していました。良い感じで運べましたが、大事なところでアクシデントがあり残念でした」

6着 ニシノデイジー(田辺裕信騎手) 「道中は感じ良く行けて、有力馬を前に見ながら自分から動ける位置でレースを進めました。勝負どころでのアクシデントがあったにせよ、最後は止まっていて、「あれ?」

っという感じです。上手くいった割には物足りなかったです」

7着 ウラヌスチャーム(F.ミナリク騎手) 「良いスタートを切れず後方からになりました。道中、それから直線も良い走りをしていましたが、馬場が向きませんでした」

8着 スティッフェリオ(丸山元気騎手) 「自分のペースで行けましたが、馬場が特殊でした。この馬はラチに頼りながら走るので、内を通らざるを得ず、今日の馬場では厳しかったです」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する