ジャパンカップ(2019/11/24) のレース情報

基本情報
東京芝・左2400M
第05回 東京 08日目
11 R
芝・左2400M
曇  
GⅠ
サ3上(国)(指) / 定量
第39 回 ジャパンカップ    
15 頭
15:40発走
本賞金) 30,000 - 12,000 - 7,500 - 4,500 - 3,000 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧
コース・ラップ
ハイペース
直線 525 M
ペース平均:
7
内枠好走:
10
勝タイム:
2.25.9
前半5F:
1.00.3
後半3F:
37.2
ペース:ハイ
92 (32+60)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 マーフィ 57.0 2.25.9 36.5 -7--7--6--5 3 5.1 ハーツクライ / ピラミマ 栗) 庄野靖志 516 +2 5 3
02 3/4 津村明秀 53.0 2.26.0 36.9 -4--4--3--2 5 10.5 ディープインパクト / ソラリア 美) 国枝栄  466 +2 1 1
03 11/2 川田将雅 57.0 2.26.2 36.6 -6--6--6--8 2 4.3 ディープインパクト / ミスアンコール 栗) 友道康夫 458 -4 2 2
04 13/4 武豊 57.0 2.26.5 36.3 15-15-15-13 12 50.4 ディープインパクト / ウィキウィキ 栗) 友道康夫 506 +2 14 8
05 クビ 岩田康誠 57.0 2.26.6 36.7 12-12-12-12 4 6.2 キングカメハメハ / ムードインディゴ 栗) 友道康夫 488 0 6 4
06 クビ 石橋脩 57.0 2.26.6 37.9 -1--1--1--1 14 120.9 キングカメハメハ / トリプレックス 美) 菊沢隆徳 508 +6 7 4
07 11/2 横山典弘 57.0 2.26.9 37.7 -4--4--3--2 9 23.8 ステイゴールド / ホットチャチャ 栗) 友道康夫 462 -16 13 7
08 11/4 ルメール 57.0 2.27.1 37.4 -9--9--9--8 7 15.4 ルーラーシップ / ピサノグラフ 栗) 角田晃一 488 0 4 3
09 クビ スミヨン 57.0 2.27.1 37.6 -7--7--6--7 8 20.0 ハーツクライ / ハルーワスウィート 栗) 友道康夫 464 11 6
10 11/2 デットー 57.0 2.27.3 36.9 13-13-12-15 6 15.4 ステイゴールド / エスユーエフシー 栗) 藤原英昭 440 -2 9 5
11 ビュイッ 57.0 2.28.1 38.4 -9-11--9--8 1 4.2 キングカメハメハ / ラドラーダ 美) 藤沢和雄 486 +4 8 5
12 田辺裕信 57.0 2.28.9 39.5 -3--3--3--5 15 244.4 カンパニー / モエレメルシー 栗) 杉山晴紀 514 -2 3 2
13 11/2 ムーア 57.0 2.29.1 39.4 -9--9--9--8 11 34.3 ディープインパクト / アパパネ 美) 堀宣行  480 +8 15 8
14 クビ 松若風馬 57.0 2.29.2 40.1 -2--2--2--2 10 30.7 ルーラーシップ / タンザナイト 栗) 音無秀孝 488 -6 10 6
15 31/2 M.デム 57.0 2.29.8 39.5 14-14-14-13 13 58.0 ハーツクライ / マザーウェル 栗) 矢作芳人 486 +2 12 7
単勝 5番 (3人) 5.1 枠連 1-3 (10人) 20.5 複勝 5番(3人)
1番(5人)
2番(2人)
1.8
2.8
1.7
ワイド 1-5(9人)
2-5(3人)
1-2(7人)
8.8
4.9
7.0
3連複 1-2-5 (7人) 29.0 馬連 1-5 (10人) 29.0
3連単 5-1-2 (48人) 198.5 馬単 5-1 (17人) 48.1
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
単複連ワ 全予想 144% 2100
単複連ワ 全予想 144% 2100
× 単複連ワ 全予想 241% 8460
単複連ワ 全予想 124% 1440
 連ワ ×2 全予想 105% 280
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント

1着 スワーヴリチャード(マーフィー騎手) 「世界的に権威のあるレースを勝てて、1つの夢が叶いました。とても感謝しています。逃げ馬が疲れているのが分かっていたので、カレンブーケドールの内へ進路を取りました。ジャパンカップの雰囲気は最高で、また熱い声援を受けたいです」

2着 カレンブーケドール(津村明秀騎手) 「落ち着いて走ってくれて、いい形で4コーナーを向くことが出来ました。今日のような馬場は決して得意ではありませんが、気力でこなしてくれました。勝った馬は強かったですが、この馬もよく頑張ってくれました。悔しいです」

(国枝栄調教師) 「文句なしの競馬でした。また来年です」

3着 ワグネリアン(川田将雅騎手) 「ゲートを上手に出てくれて、道中も折り合って、いいリズムで走ることが出来ました。直線もしっかり脚を使って、いい内容で走ってくれたと思います」

4着 マカヒキ(武豊騎手) 「これしかない、というレースで狙い通りでした。頑張ってくれました。復活の兆しが見えました」

5着 ユーキャンスマイル(岩田康誠騎手) 「スタートした後すぐ、ゴール板のあたりでバランスを崩してしまい、下がってしまいました。最後はそれなりに来ていましたし、調子は良かったのですが...」

6着 ダイワキャグニー(石橋脩騎手) 「行こうと思っていましたし、自分でラップを刻んで、4コーナー手前から離して行こうと思いました。最後までよく頑張ってくれています」

8着 ムイトオブリガード(ルメール騎手) 「いいレースをしてくれました。直線も動けていました。3~4着はあるかなと思いましたが、ラスト100mは疲れていました」

9着 シュヴァルグラン(スミヨン騎手) 「コメントが難しいです。長くいい脚を使うのが本来のこの馬ですが、陣営からは"内めの5~6番手で"というオーダーもあり、前めにつけて行きました。いつもの脚がなかったのは、脚がたまらなかったのか、馬場なのか、帰国初戦だからなのか、難しいですね」

10着 ルックトゥワイス(デットーリ騎手) 「重い馬場が合わなかったです。残り1000mを過ぎてから手応えが怪しくなりました。何頭か交わしてくれたんですが、そこまででした」

11着 レイデオロ(ビュイック騎手) 「調教から状態が良く、陣営から"デビュー以来、最高のデキ"と聞いていました。軟らかい馬場で進んで行かない感じで、途中からステッキを入れないといけないくらいでした。良馬場で改めて期待したいです」

14着 ダンビュライト(松若風馬騎手) 「返し馬からテンションが高かったです。好位から競馬が出来たのですが...」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する