京王杯2歳ステークス(2019/11/02) のレース情報

基本情報
東京芝・左1400M
第05回 東京 01日目
11 R
芝・左1400M
晴  
GⅡ
サ2才(国)(指) / 馬齢
第55 回 京王杯2歳ステークス    
10 頭
15:35発走
本賞金) 3,800 - 1,500 - 950 - 570 - 380 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
ペース平均:
-10
内枠好走:
4
勝タイム:
1.20.8
前半5F:
58.0
後半3F:
34.1
ペース:平均
-40 (-31-9)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 ルメール 55.0 1.20.8 33.5 -------6--6 1 2.1 タートルボウル / ソムニア 栗) 西村真幸 460 +4 4 4
02 藤岡佑介 55.0 1.21.1 34.4 -------1--1 3 5.4 キズナ / ルシュクル 栗) 中竹和也 534 +24 8 7
03 スミヨン 55.0 1.21.4 34.3 -------4--3 4 6.5 エピファネイア / アリデッド 栗) 寺島良  476 -16 5 5
04 クビ 田辺裕信 55.0 1.21.5 34.5 -------2--3 6 22.7 ダイワメジャー / キャッスルブラウン 美) 矢野英一 448 0 10 8
05 13/4 藤田菜七 55.0 1.21.8 34.6 -------6--6 5 19.2 アルデバラン2 / タキオンメーカー 美) 根本康広 472 -6 3 3
06 クビ 江田照男 55.0 1.21.8 34.6 -------6--6 8 136.0 ジョーカプチーノ / ベルグチケット 美) 大江原哲 448 +8 9 8
07 11/2 柴田大知 54.0 1.22.1 34.6 -------9--9 7 31.9 ゴールドヘイロー / ニシノマドカ 美) 和田雄二 448 +2 7 7
08 11/4 三浦皇成 54.0 1.22.3 34.7 ------10-10 9 156.2 ヨハネスブルグ / カハラビスティー 美) 伊藤大士 452 -6 6 6
09 11/4 国分優作 55.0 1.22.5 35.5 -------4--3 2 4.0 スクリーンヒーロー / マイネショコラーデ 栗) 吉田直弘 480 +2 2 2
10 津村明秀 54.0 1.23.0 36.1 -------2--2 10 167.8 アポロキングダム / サンレイククイン 美) 岩戸孝樹 454 0 1 1
単勝 4番 (1人) 2.1 枠連 4-7 (2人) 5.4 複勝 4番(1人)
8番(3人)
5番(4人)
1.1
1.7
1.7
ワイド 4-8(2人)
4-5(3人)
5-8(6人)
2.6
2.8
5.0
3連複 4-5-8 (3人) 9.9 馬連 4-8 (2人) 5.6
3連単 4-8-5 (10人) 36.6 馬単 4-8 (2人) 8.6
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
単複連ワ 全予想 169% 3320
単複連ワ 全予想 177% 4620
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント

1着 タイセイビジョン(C.ルメール騎手) 「今日のスタートは良かったです。ただ少し引っ掛かっていて、コントロールするのが難しかったです。3~4コーナーでリラックスしてからは、良い脚を使ってくれました。リラックスして走れれば、GI、1600mでも大丈夫です。次はもっとリラックスして走れると思います」

(西村真幸調教師) 「函館2歳Sを使ったあと、ルメール騎手から『もう少し距離の長い、直線の長いコースの方が良い』とアドバイスがあって、すぐにこのレースを目標にしていました。元々気持ちが前向きなところがあるので、その点が今後の課題だと思います。次走はオーナーと相談して決めることになります」

2着 ビアンフェ(藤岡佑介騎手) 「スタートが課題でしたが、今日はクリアしてくれて、良いスタートを切れました。スムーズに行って、初物尽くしの中、よく粘っていたと思います。体は24キロ増えていましたが、成長分です。またこれから良くなると思います」

3着 ヴァルナ(C.スミヨン騎手) 「かかるところがあると聞いていましたが、そんなことは全くなかったです。むしろ道中フラフラしたり、物見をしていました。まだ子供っぽいところがあり、これから変わってくると思います」

4着 グランチェイサー(田辺裕信騎手) 「前走は1600mでチグハグな競馬になりましたが、今日は枠順も良くスムーズに行けました。最後の粘りも出ました」

5着 グレイトホーン(藤田菜七子騎手) 「今日はレース前のテンションが高く、イレ込みもきつかったです。ゲートの中でもうるさくて、タイミングが合わず、うまく出られませんでした。1400mは問題なくこなしていました。最後はジリジリと伸びていました」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する