関西テレビ放送賞ローズステークス(2019/09/15) のレース情報

基本情報
阪神芝・右外1800M
開催
第04回 阪神04日目
コース
阪神芝・右外1800M
クラス
オープンGⅡ(馬齢
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3才(国) 牝 (指)
頭数
12
発走時刻
15:35
回次
第 37 回
本賞金(万
5,200 - 2,100 - 1,300 - 780 - 520
レース名
関西テレビ放送賞ローズステークス     
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 473.6 M
勝ちタイム:1.44.4
コースレコード
平均ペース
-40 (-70+30)
前半5F:
59.3
後半3F:
33.4
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 川田将雅 54.0 1.44.4 33.1 -------7--5 1 2.2 ディープインパクト / ライフフォーセール 栗) 中内田充 458 +2 4 4
02 クビ 福永祐一 54.0 1.44.4 33.4 -------2--1 6 16.0 クロフネ / フサイチエアデール 栗) 友道康夫 474 -2 11 8
03 アタマ 戸崎圭太 54.0 1.44.4 33.3 -------4--3 2 4.3 ヴィクトワールピサ / ブラックエンブレム 美) 小島茂之 466 +6 8 6
04 11/4 和田竜二 54.0 1.44.6 33.3 -------4--5 4 6.8 ダイワメジャー / ムーンライトベイ 栗) 渡辺薫彦 460 +6 10 7
05 13/4 池添謙一 54.0 1.44.9 33.4 -------4--8 8 29.1 ダイワメジャー / メイショウスズラン 栗) 池添兼雄 482 -2 1 1
06 ルメール 54.0 1.45.1 34.1 -------1--2 3 6.4 ハーツクライ / スイープトウショウ 美) 藤沢和雄 492 -4 12 8
07 ハナ 北村友一 54.0 1.45.1 33.5 ------11--8 10 52.8 キングカメハメハ / ジェンティルドンナ 栗) 石坂正  420 +2 5 5
08 クビ 浜中俊 54.0 1.45.1 33.9 -------8--3 7 17.6 ハービンジャー / アルティマトゥーレ 栗) 佐々木晶 444 0 7 6
09 13/4 岩田康誠 54.0 1.45.4 34.1 -------3--5 5 13.1 ハーツクライ / ダイヤモンドディーバ 美) 斎藤誠  472 +8 6 5
10 21/2 岩田望来 54.0 1.45.8 34.3 -------8--8 9 46.1 ディープインパクト / ネヴァーピリオド 栗) 藤原英昭 416 -2 3 3
11 ハナ 幸英明 54.0 1.45.8 34.0 -------8-11 12 214.3 スクリーンヒーロー / ポポチャン 栗) 西橋豊治 414 +2 2 2
12 クビ 藤岡佑介 54.0 1.45.8 33.9 ------12-12 11 184.7 ルーラーシップ / レンヌルシャトー 栗) 笹田和秀 446 -8 9 7
~払い戻し~
単勝 4番 (1人) 2.2 枠連 4-8 (2人) 5.7 複勝 4番(1人)
11番(6人)
8番(2人)
1.2
2.8
1.4
ワイド 4-11(6人)
4-8(1人)
8-11(13人)
5.6
2.6
9.0
3連複 4-8-11 (5人) 22.5 馬連 4-11 (6人) 16.0
3連単 4-11-8 (29人) 107.0 馬単 4-11 (8人) 23.0
~予想収支プラスメンバー~
名前 1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
単複連ワ 全予想 394% 11760
単複連ワ×2 全予想 175% 6640
単複連ワ 全予想 162% 2720
単複連ワ 全予想 140% 800
単複連ワ 全予想 113% 560
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント

1着 ダノンファンタジー(川田将雅騎手) 「スタートで出すぎたと思いました。ハナに行きたくなかったので行く馬を待ちながらになりました。遅く感じた流れの中でみんな色々な思惑があって、今日のような形になりました。調教では大変ですが競馬では我慢してくれます。レースで上手に走ってくれるのがこの馬の強みだと思っているので、今日も安心して乗っていました。流れのいい形ではなかったので少し苦しいなと思いながらでしたし、直線でも課題を見せていてそれを修正しなければいけないとも思いますが、それでも勝ちきれたので良かったです。秋華賞ではより能力を出せる形で向かえればと思います」

2着 ビーチサンバ(福永祐一騎手) 「当初、後方からじっくり行くつもりでしたが、スタートも良く中団からになりました。それでも長くいい脚を使ってくれました。元々スタートは速くないですが、こういう形もありかもしれません。強い馬相手によく頑張ってくれています。速い時計にも対応できましたし、今後に向けて選択肢の広がる内容でした」

3着 ウィクトーリア(戸崎圭太騎手) 「今回もゲートはおとなしくスムーズに出てくれました。最初、位置取りが固まらない中でもリズムよく運んで、最後もいつもより反応が遅いかなと思ったのですが、その後反応してくれて交わしたと思いましたが、交わされてしまいました。これを使ってさらに良くなってきそうです」

4着 シゲルピンクダイヤ(和田竜二騎手) 「焦れ込んで少し苦労したもののゲートはスムーズに出てくれましたし、そこそこの位置で流れに乗って前が開いた時反応して突き抜けるかと思いましたが、それまでの焦れ込みが響いたのか、難しい競馬になってしまいました」

5着 メイショウショウブ(池添謙一騎手) 「距離が気になっていましたが、最後に脚色が鈍ったのはやっぱり距離だろうと思います」

6着 スイープセレリタス(C.ルメール騎手) 「距離が長いかもしれません。外枠から逃げてペースをコントロールすることができました。冷静に走ってくれましたが、最後は切れ味がありませんでした。この速い馬場で重賞を戦ってきたメンバー相手に速い脚を繰り出すことができませんでした。内容は悪くありませんでしたが、この馬には経験が必要です。まだ良くなる馬です」

9着 シャドウディーヴァ(岩田康誠騎手) 「トモが良くなってクタクタ感がなくなりました。ゲートも出るようになっていましたが、道中脚がたまらなかったのか、休み明けなのか、前に行きすぎたのか、敗因がよくわかりません」

10着 ビックピクチャー(岩田望来騎手) 「位置取りが後ろになりましたが、連闘後の中2週のローテーションでも頑張っています。コーナーで距離ロスがあり、直線では左に張るようなところがありました。この馬なりには頑張っていると思います」

予想動画
関連記事
関連つぶやき