灘ステークス(2019/06/16) のレース情報

基本情報
阪神ダート・右1800M
第03回 阪神 06日目
10 R
ダート・右1800M
曇   稍重
3勝クラス特別
サ3上(混)(特) / 定量
灘ステークス  
13 頭
15:01発走
本賞金) 1,820 - 730 - 460 - 270 - 182 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 352.5 M
ペース平均:
-2
内枠好走:
-1
勝タイム:
1.50.2
前半5F:
1.01.5
後半3F:
36.5
ペース:平均
-30 (-12-18)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 国分優作 57.0 1.50.2 36.4 -3--3--2--2 7 17.2 ステイゴールド / マイネヌーヴェル 美) 高木登  464 0 3 3
02 和田竜二 57.0 1.51.2 37.1 -5--5--5--3 1 2.4 オルフェーヴル / ムーンライトダンス 栗) 石坂正  468 +2 7 5
03 11/2 浜中俊 55.0 1.51.4 36.5 13-13-13--9 2 4.3 ストリートセンス / スタリア 栗) 角田晃一 486 +6 13 8
04 鮫島克駿 57.0 1.51.7 37.4 -6--7--7--6 5 9.5 キングカメハメハ / ダイヤモンドビコー 栗) 坂口智康 464 -2 9 6
05 11/4 藤井勘一 57.0 1.51.9 37.3 11-11-11--9 9 35.4 カネヒキリ / グリーンヒルレッド 栗) 庄野靖志 490 0 8 6
06 クビ 酒井学 57.0 1.52.0 38.3 -2--2--2--1 4 9.3 フリオーソ / マルヨパトリオット 栗) 木原一良 488 -4 6 5
07 ハナ 川又賢治 57.0 1.52.0 37.5 10-10-11--9 13 54.4 マイネルラヴ / ダッチアイリス 美) 黒岩陽一 500 -4 5 4
08 1/2 小牧太 57.0 1.52.1 38.0 -8--7--5--3 8 34.4 アイルハヴアナザー / マンデームスメ 美) 和田正一 506 -2 12 8
09 13/4 川須栄彦 57.0 1.52.4 38.1 -8--7--7--6 12 48.5 マルカシェンク / マイワイルドローズ 栗) 今野貞一 510 0 11 7
10 21/2 岡田祥嗣 57.0 1.52.8 38.4 -6--5--7--9 10 36.7 ブライアンズタイム / メジャービクトリー 美) 畠山吉宏 492 -8 4 4
11 太宰啓介 57.0 1.53.7 39.3 12-11-10--8 11 38.2 シンボリクリスエス / カイロローズ 栗) 上村洋行 524 +4 10 7
12 中谷雄太 57.0 1.54.6 40.8 -1--1--1--5 6 13.2 キングカメハメハ / スモークンフローリック 栗) 清水久詞 536 +14 2 2
13 高倉稜 55.0 1.55.7 41.6 -3--3--4--9 3 8.4 スペシャルウィーク / サーリセルカ 栗) 河内洋  502 -2 1 1
単勝 3番 (7人) 17.2 枠連 3-5 (10人) 21.6 複勝 3番(7人)
7番(1人)
13番(2人)
3.4
1.2
1.4
ワイド 3-7(9人)
3-13(12人)
7-13(1人)
7.6
10.8
2.3
3連複 3-7-13 (5人) 20.9 馬連 3-7 (8人) 22.0
3連単 3-7-13 (51人) 206.5 馬単 3-7 (23人) 62.6
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント

1着 マイネルクラース(国分優作騎手) 「良い内容だったと思います。自分から(動いて)というタイプではないので、返し馬から気合いをつけて行きました。長く脚を使うタイプとは分かっていましたので、それを生かして最後まで頑張ってくれました」

2着 ストーミーバローズ(和田竜二騎手) 「スムーズな競馬はできましたが、今日は相手が強かったですね。自分の時計では走っていますが、できればもう少し時計がかかって欲しかったですね」

3着 エオリア(浜中俊騎手) 「スタートであまり出ませんでした。あまり進んで行きませんでした。ですから、後ろから運びました。ここ2走スタートが良すぎて前に行きましたが、少し頼りなかったので、今日は(脚を)ためる競馬をしようと思いました。ラストはよく来てくれましたが、今日は勝ち馬が強かったです。」

4着 ゼンノワスレガタミ(鮫島克駿騎手) 「調教にも2週続けて乗せていただいて、馬の特徴はつかんでいました。その上で、あまり外をまわりたくはありませんでした。忙しすぎるとバラバラになるので、後ろからになりすぎず、自分がつけられるポジションで運ぼうと思っていました。イメージ通りのレースはできましたし、このクラスのメドは立ったレースでした」

5着 メイショウテムズ(藤井勘一郎騎手) 「先生からじっくり行ったほうが良いタイプと聞いていました。気を抜くところがあるので、馬群に入れながら4コーナーをまわるまで集中して走っていました。ラストはしっかり伸びてくれました」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する