函館スプリントステークス(2019/06/16) のレース情報

基本情報
函館芝・右1200M
開催
第01回 函館02日目
コース
函館芝・右1200M
クラス
オープンGⅢ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
雨 稍
条件
サ3上(国)(特)
頭数
13
発走時刻
15:25
回次
第 26 回
本賞金(万
3,900 - 1,600 - 980 - 590 - 390
レース名
函館スプリントステークス     
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
スローペース
直線 262 M
勝ちタイム:1.08.4
スローペース
-65 (-13-52)
前半5F:
56.7
後半3F:
34.0
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 江田照男 56.0 1.08.4 34.0 -------1--1 5 15.7 サクラオリオン / サクラジュレップ 美) 中野栄治 472 -4 10 7
02 11/2 小崎綾也 52.0 1.08.6 34.0 -------2--2 2 3.9 Giant's Causeway / R Heat Lightning 栗) 中竹和也 494 -6 11 7
03 クビ レーン 58.0 1.08.6 33.5 -------5--5 1 1.8 Raven's Pass / スノーパイン 美) 藤沢和雄 518 0 13 8
04 1/2 松岡正海 56.0 1.08.7 33.8 -------3--3 4 7.4 アグネスデジタル / ダイメイダーク 栗) 森田直行 514 +6 7 5
05 11/2 岩田康誠 54.0 1.09.0 34.1 -------3--3 3 4.7 ハーツクライ / プレザントケイプ 美) 高木登  494 0 2 2
06 木幡初也 56.0 1.09.3 33.9 -------6--6 7 73.8 サクラプレジデント / ユキノシンデレラ 美) 石毛善彦 486 -2 9 6
07 11/4 勝浦正樹 56.0 1.09.5 34.2 -------6--6 6 22.6 アドマイヤオーラ / サフランカーネギー 栗) 北出成人 462 +4 1 1
秋山真一 57.0 - - ----------- - - キンシャサノキセキ / カストリア 栗) 須貝尚介 000 3 3
古川吉洋 56.0 - - ----------- - - Shamardal / グレイトタイミング 栗) 昆貢   000 4 4
藤岡康太 54.0 - - ----------- - - ステイゴールド / マルペンサ 栗) 須貝尚介 000 5 4
川田将雅 57.0 - - ----------- - - ロードカナロア / スピニングワイルドキャット 栗) 安田隆行 000 6 5
横山和生 56.0 - - ----------- - - ヨハネスブルグ / シーイズトウショウ 美) 土田稔  000 8 6
菱田裕二 54.0 - - ----------- - - ダンスインザダーク / チャームダイヤ 栗) 南井克巳 000 12 8
~払い戻し~
単勝 10番 (5人) 15.7 枠連 7-7 (7人) 18.9 複勝 10番(5人)
11番(2人)
5.7
2.1
ワイド 10-11(8人)
10-13(7人)
11-13(1人)
5.0
4.3
1.8
3連複 10-11-13 (4人) 12.0 馬連 10-11 (8人) 19.1
3連単 10-11-13 (55人) 144.6 馬単 10-11 (17人) 39.0
レース後のコメント

1着 カイザーメランジェ(江田照男騎手) 「行く馬がいませんでしたし、この馬はスピードがあると思っていましたから、小細工せず、この馬のペースで競馬をしました。道中すごくリラックスして走ってくれましたし、これなら最後まで行けるという手応えはありました。最後は一杯一杯でしたが、スタッフがうまく調整してくれました。(7年3ヶ月振りの重賞制覇は)ゴールのガッツポーズに出ましたね。素直な馬ですし、また頑張ってくれると思います」

2着 アスターペガサス(小崎綾也騎手) 「2番手を取れましたが、勝負どころでの反応が鈍く、勝ち馬とはそこで離された分の差です。負けたのは悔しいですが、1200mは合いますし、古馬相手にやれることも分かり、良かったです」

3着 タワーオブロンドン(D.レーン騎手) 「1200mのペースについていけないことはなく、流れに乗って手応えも良かったのですが、直線に向いて前回ほどの反応はありませんでした。それでも1200mが向いていないわけではありません」

5着 ペイシャフェリシタ(岩田康誠騎手) 「脚をためて、3~4コーナーも良い感じでしたが、追い出してからもうひとつでした」

7着 サフランハート(勝浦正樹騎手) 「今日は1200mですしもっとグイグイ走ってくれるかと思ったのですが、終始行きっぷりも悪く、グッとくるとこるがありませんでした」

予想動画
関連記事
関連つぶやき