目黒記念(2019/05/26) のレース情報

基本情報
東京芝・左2500M
開催
第02回 東京12日目
コース
東京芝・左2500M
クラス
オープンGⅡ(ハンデ
レースNO
12 R
天候馬場
晴 良
条件
サ4上(国)[指]
頭数
13
発走時刻
17:00
回次
第 133 回
本賞金(万
5,700 - 2,300 - 1,400 - 860 - 570
レース名
目黒記念     
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
勝ちタイム:2.28.2
日本レコード
平均ペース
55 (10+45)
前半5F:
59.4
後半3F:
35.8
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 レーン 55.0 2.28.2 34.3 12-12-11-10 3 7.3 ステイゴールド / エスユーエフシー 栗) 藤原英昭 444 +2 10 7
02 11/4 アヴドゥ 54.0 2.28.4 34.7 -9--9--8--9 5 12.8 ディープインパクト / ウィンターコスモス 栗) 池江泰寿 456 +10 5 4
03 11/4 福永祐一 54.0 2.28.6 35.3 -6--7--6--5 9 26.2 ディープインパクト / クリームオンリー 美) 戸田博文 498 +8 3 3
04 3/4 石橋脩 57.0 2.28.7 35.6 -3--4--4--3 6 13.0 ハーツクライ / ラグジャリー 美) 藤沢和雄 500 -12 7 5
05 1/2 武豊 56.0 2.28.8 35.0 11-11-10-10 2 4.9 ルーラーシップ / ピサノグラフ 栗) 角田晃一 490 0 4 4
06 3/4 内田博幸 56.0 2.28.9 35.4 10--9--8--7 8 21.3 カンパニー / モエレメルシー 栗) 杉山晴紀 506 -6 1 1
07 ハナ 坂井瑠星 56.0 2.28.9 35.4 -6--7--6--7 10 43.3 ハーツクライ / ホワイトヴェール 栗) 矢作芳人 470 +6 8 6
08 11/4 池添謙一 59.0 2.29.1 35.8 -6--4--4--5 1 2.2 ハービンジャー / ツルマルワンピース 美) 大竹正博 538 +8 6 5
09 21/2 藤田菜七 50.0 2.29.5 35.2 13-13-12-12 12 118.2 アグネスタキオン / レディオブヴェニス 美) 和田勇介 474 0 2 2
10 3/4 川田将雅 54.0 2.29.6 36.7 -2--2--2--2 4 9.1 タートルボウル / メジロジョーンズ 栗) 清水久詞 520 +2 12 8
11 鮫島克駿 54.0 2.30.6 38.2 -1--1--1--1 13 141.6 ハービンジャー / モルトフェリーチェ 栗) 杉山晴紀 452 -4 13 8
12 大差 M.デム 55.0 2.33.4 40.3 -3--2--2--3 7 16.0 ディープインパクト / ミスパスカリ 栗) 友道康夫 492 +4 11 7
岩田康誠 55.0 - - -3--4------ 11 - ハーツクライ / ペルヴィアンリリー 栗) 須貝尚介 504 -8 9 6
~払い戻し~
単勝 10番 (3人) 7.3 枠連 4-7 (3人) 6.9 複勝 10番(3人)
5番(6人)
3番(7人)
2.4
3.8
4.5
ワイド 5-10(17人)
3-10(23人)
3-5(29人)
13.5
17.5
23.1
3連複 3-5-10 (67人) 184.2 馬連 5-10 (15人) 44.9
3連単 10-5-3 (311人) 905.0 馬単 10-5 (27人) 75.0
レース後のコメント

1着 ルックトゥワイス(D.レーン騎手) 「レース時、テンションが高くなる馬で、ゲート内でもある程度うまく対応できたと思ったのですが、両サイドの馬に当たってポジションが後ろからになってしまいました。それでもレースではペースが流れたので、あの位置で良かったですし、終いの脚を使ってくれました。勝てて良かったです」

(藤原英昭調教師) 「ゲートはそれほど出ませんでしたが、末脚にかける騎乗で100点でした。期待していた馬ですし良かったです。このあと夏は休ませて、秋はジャパンカップを大目標ににすることを頭において、オーナーと相談して決めます」

2着 アイスバブル(B.アヴドゥラ騎手) 「今日の馬場を考えて前へ行きたかったのですが、後方からのレースとなりました。口向きが少し悪いと聞いていましたが、直線で追い出したらそんなところを見せず、伸びてくれました。最後は休み明けのぶんでしょう。距離が延びても大丈夫なので、調教師には『オーストラリアに来てください』と言っておきました」

3着 ソールインパクト(福永祐一騎手) 「距離、ハンデともにベストでした。調子も良く、頑張ってくれました」

5着 ムイトオブリガード(武豊騎手) 「直線で内がきれいに空いて、突き抜けるかと思いましたが、少し頭を上げてしまい、最後は嫌々走っていました」

8着 ブラストワンピース(池添謙一騎手) 「直線で長く脚を使う馬。折り合いもついて良い形でしたが、追い出したらいつもなら伸びるのに、少し反応しただけでした。返し馬のフットワークが少し硬くて、これから良くなりそうな気配でしたからね。あとは(ハンデ)59キロが影響しましたね」

(大竹正博調教師) 「最後に止まったのは初めてですし、最後は苦しそうでした。(この結果について)斤量か、太め残りか、判断は難しいです。今日は返し馬から体を使いきれていない感じがありました。このあとは馬の様子を見てになります」

予想動画
関連記事
関連つぶやき