サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(2019/04/06) のレース情報

基本情報
阪神芝・右外1600M
第02回 阪神 05日目
11 R
芝・右外1600M
晴  
GⅡ
サ4上(国) 牝 (指) / 別定
第62 回 サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス    
14 頭
15:35発走
本賞金) 5,500 - 2,200 - 1,400 - 830 - 550 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧
コース・ラップ
スローペース
直線 473.6 M
ペース平均:
-23
内枠好走:
-1
勝タイム:
1.33.6
前半5F:
1.00.0
後半3F:
33.6
ペース:スロー
-64 (-80+16)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 川田将雅 54.0 1.33.6 33.4 -------3--2 4 11.7 ディープインパクト / リップルスメイド 栗) 中内田充 446 0 8 5
02 1/2 坂井瑠星 54.0 1.33.7 33.6 -------2--2 12 57.6 ダイワメジャー / ジプシーハイウェイ 栗) 牧田和弥 462 -4 14 8
03 クビ 川島信二 54.0 1.33.7 33.3 -------5--4 9 34.7 ステイゴールド / ハピネスフォーユー 栗) 高橋亮  468 +6 12 7
04 アタマ 武豊 55.0 1.33.7 33.7 -------1--1 8 31.0 キングヘイロー / ヤマカツセイレーン 栗) 大根田裕 474 +2 11 7
05 アタマ 岩田康誠 54.0 1.33.7 33.4 -------3--4 6 20.5 ステイゴールド / デヴェロッペ 栗) 西浦勝一 448 +8 5 4
06 アタマ M.デム 55.0 1.33.7 33.2 -------5--6 2 7.5 ディープインパクト / シャンロッサ 栗) 角居勝彦 436 +2 6 4
07 アタマ 北村友一 54.0 1.33.7 33.0 ------11-10 3 9.4 ディープインパクト / エリモピクシー 栗) 藤原英昭 450 0 10 6
08 クビ 石橋脩 54.0 1.33.8 33.2 -------9--7 1 1.5 オルフェーヴル / ライラックスアンドレース 栗) 松永幹夫 510 -2 4 3
09 3/4 浜中俊 55.0 1.33.9 32.8 ------11-13 11 48.7 ディープインパクト / ヒアトゥウィン 栗) 角居勝彦 464 -2 3 3
10 アタマ 池添謙一 54.0 1.33.9 33.3 -------7--7 5 16.2 ディープインパクト / サロミナ 栗) 池添学  442 +2 1 1
11 ハナ 福永祐一 54.0 1.33.9 33.3 -------7--7 10 35.5 キングカメハメハ / ドバウィハイツ 栗) 高野友和 456 -6 7 5
12 3/4 中井裕二 54.0 1.34.0 33.0 ------14-13 14 355.4 キンシャサノキセキ / アドマイヤライト 栗) 中内田充 480 0 13 8
13 クビ 秋山真一 54.0 1.34.1 33.3 -------9-10 13 88.5 ディープブリランテ / メイショウヤワラ 栗) 岡田稲男 454 -10 9 6
14 3/4 シュタル 54.0 1.34.2 33.4 ------11-10 7 26.3 ディープインパクト / ワンカラット 栗) 藤岡健一 456 +2 2 2
単勝 8番 (4人) 11.7 枠連 5-8 (26人) 103.2 複勝 8番(4人)
14番(11人)
12番(8人)
7.3
19.2
12.3
ワイド 8-14(48人)
8-12(33人)
12-14(51人)
57.5
38.9
58.8
3連複 8-12-14 (202人) 1,499.4 馬連 8-14 (52人) 267.6
3連単 8-14-12 (937人) 7,277.7 馬単 8-14 (77人) 449.9
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント

1着 ミッキーチャーム(川田将雅騎手) 「能力の高い馬で、やっとひとつタイトルを取れて良かったです。行く馬がいたのでハナにはこだわらず、自分のリズムを大事にしました。いい雰囲気でよく我慢してくれましたし、1600mという距離にも対応してくれました。上がりが速い競馬で後続は突き離せませんでしたが、いい走りでした。東京のGIは輸送が心配ですから手放しで『次も』とは言えませんが、みんなで対策を考えたいです」

2着 アマルフィコースト(坂井瑠星騎手) 「前回は早めに抜ける形だったのでそこに気をつけました。よく粘っています。距離の選択肢が広がりましたし、賞金を加算できて良かったです」

3着 ミエノサクシード(川島信二騎手) 「いい位置を取れました。最後は後ろから差を詰められましたが、我慢してくれました。ここに来て状態が上がってきていますし、どこかで重賞を勝ちたいですね」

7着 レッドオルガ(北村友一騎手) 「もう少しいいポジションを取りたかったです。3~4コーナーでスピードに乗っていけないというか、促しながらになってしまいました。能力があるので伸びてきてはいますが、位置取りが後ろになってしまったことと、3~4コーナーでうまくスピードに乗せられなかったのが敗因だと思います」

8着 ラッキーライラック(石橋脩騎手) 「スタートでフワッと出て、そこで焦ってもと思っていたのですが......。うまく誘導できず、かわいそうなレースになってしまいました。うまくポジションを取れて競馬ができていれば良かったのですが......」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する