フラワーカップ(2019/03/16) のレース情報

基本情報
中山芝・右1800M
開催
第02回 中山07日目
コース
中山芝・右1800M
クラス
オープンGⅢ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3才(国) 牝 (特)
頭数
13
発走時刻
15:45
回次
第 33 回
本賞金(万
3,500 - 1,400 - 880 - 530 - 350
レース名
フラワーカップ     
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
勝ちタイム:1.47.4
平均ペース
-15 (-45+30)
前半5F:
1.00.5
後半3F:
34.9
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 丸山元気 54.0 1.47.4 34.9 -1--1--1--1 2 2.8 ディープインパクト / リッチダンサー 美) 藤沢和雄 466 0 4 4
02 21/2 M.デム 54.0 1.47.8 34.1 -6--6--5--4 1 2.3 ヴィクトワールピサ / フィーリングトーン 栗) 橋口慎介 510 +4 7 5
03 ハナ 浜中俊 54.0 1.47.8 34.4 -3--4--3--3 5 17.3 ディープインパクト / ブルーミングアレー 栗) 友道康夫 470 +6 10 7
04 13/4 岩田康誠 54.0 1.48.1 34.0 10-10--9--9 3 9.9 ハーツクライ / ダイヤモンドディーバ 美) 斎藤誠  466 -2 2 2
05 11/4 吉田豊 54.0 1.48.3 35.2 -2--2--2--2 8 29.4 ダイワメジャー / ミスティーク2 美) 戸田博文 472 -4 8 6
06 11/2 石橋脩 54.0 1.48.5 33.8 13-13-13-12 10 38.8 ハービンジャー / シルクアイリス 美) 相沢郁  438 -10 12 8
07 ミナリク 54.0 1.48.7 34.3 12-12-12-12 13 190.3 ワークフォース / アワーグラス 栗) 北出成人 448 0 13 8
08 クビ 柴田大知 54.0 1.48.7 34.8 -8--8--7--6 6 19.8 スクリーンヒーロー / コスモルーシー 美) 伊藤大士 456 +6 9 6
09 クビ 蛯名正義 54.0 1.48.8 35.4 -3--3--3--4 4 11.5 ルーラーシップ / エフティマイア 美) 金成貴史 448 +2 3 3
10 1/2 三浦皇成 54.0 1.48.9 34.7 10-10-11-10 12 65.1 エイシンフラッシュ / コスモライセンス 栗) 寺島良  430 -2 11 7
11 3/4 池添謙一 54.0 1.49.0 35.0 -8--6--7--6 7 25.0 ブラックタイド / メイショウガザニア 栗) 飯田祐史 472 +2 1 1
12 11/4 内田博幸 54.0 1.49.2 35.4 -5--5--5--6 9 30.5 オルフェーヴル / ロックマイハート 美) 戸田博文 450 0 5 4
13 大野拓弥 54.0 1.50.3 36.2 -7--8--9-10 11 45.4 ヴィクトワールピサ / アスペンアベニュー 美) 萩原清  454 0 6 5
~払い戻し~
単勝 4番 (2人) 2.8 枠連 4-5 (1人) 3.1 複勝 4番(2人)
7番(1人)
10番(5人)
1.2
1.1
2.4
ワイド 4-7(1人)
4-10(8人)
7-10(6人)
1.7
6.8
5.7
3連複 4-7-10 (3人) 14.0 馬連 4-7 (1人) 3.4
3連単 4-7-10 (7人) 48.5 馬単 4-7 (2人) 7.0
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント

1着 コントラチェック(丸山元気騎手) 「今日はただ乗っているだけでした。スタートがすごく良く、行く馬がいれば2~3番手でもと思っていましたが、スピードが全然違い、リズム良く行けました。これまで勝ってきた重賞の中でも今日が一番楽でした。このスピード、そして最後にまたギアの上がる良い馬です」

2着 エールヴォア(M.デムーロ騎手) 「思っていたより後ろからになってしまい、今日は展開が良くありませんでした。また3~4コーナーの馬場が緩いところで反応が良くなくて、直線でも内にもたれるところがありました。それで2着ですから今日はよく頑張ってくれました」

(橋口慎介調教師) 「4コーナーで先頭に立つような競馬をイメージしていましたが、思ったよりも後ろのポジションになりました。この後は馬の状態次第ですが、桜花賞も視野に入れつつ、オークスに向かう場合は間にフローラSを使うことも考えます」

3着 ランブリングアレー(浜中俊騎手) 「心配していたテンションは大丈夫でしたが、物見をしていました。またコーナー、コーナーで張る癖があるなどもったいないところはありますが、よく頑張っています。2着まで僅かだっただけに残念です」

6着 アイリスフィール(石橋脩騎手) 「調教で乗った時から力んで走るところがあったので、折り合いを大事に乗りました。その点はうまく行って、終いも良い脚を使ってくれました。現状コントロールが難しいので、馬群の中でレースをできるようになると良いですね」

7着 フラル(F.ミナリク騎手) 「タフな馬ですね。瞬発力はないタイプですが、距離は延びても大丈夫そうです。まだまだ成長しそうで、この先が楽しみです」

9着 エフティイーリス(蛯名正義騎手) 「淡々とした流れで脚が溜まらず、勝負どころでは手応えがありませんでした。力をつけている途中ということでしょうから、これからです」

13着 マルーンベルズ(大野拓弥騎手) 「競馬までに燃えてしまったようです。向正面で脚がもつれ、気持ちが続きませんでした」

予想動画
関連記事
関連つぶやき