洛陽ステークス(2019/02/09) のレース情報

基本情報
京都芝・右外1600M
開催
第02回 京都05日目
コース
京都芝・右外1600M
クラス
オープン(別定
レースNO
11 R
天候馬場
曇 良
条件
サ4上(国)[指]
頭数
12
発走時刻
15:35
本賞金(万
2,500 - 1,000 - 630 - 380 - 250
レース名
洛陽ステークス   
コース・ラップ
平均ペース
直線 404 M
勝ちタイム:1.35.2
平均ペース
-32 (-48+16)
前半5F:
1.00.4
後半3F:
34.8
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 池添謙一 57.0 1.35.2 34.5 -------4--3 1 2.9 スクリーンヒーロー / チュウオーサーヤ 栗) 北出成人 480 +2 3 3
02 1/2 藤岡佑介 56.0 1.35.3 34.2 -------7--3 3 6.5 ディープインパクト / ウィンターコスモス 栗) 藤原英昭 494 0 8 6
03 1/2 松山弘平 57.0 1.35.4 34.1 ------10--8 2 3.1 ディープインパクト / メリッサ 栗) 池添兼雄 500 +6 10 7
04 1/2 国分恭介 56.0 1.35.5 34.5 -------5--3 7 16.7 キングズベスト / スペシャルディナー 栗) 五十嵐忠 484 +4 7 6
05 1/2 高倉稜 56.0 1.35.6 34.1 ------10-11 4 7.1 リーチザクラウン / ショウナンアネーロ 栗) 宮本博  450 +4 5 5
06 クビ 浜中俊 56.0 1.35.6 35.0 -------2--2 10 146.7 ジョーカプチーノ / ジョーアラマート 栗) 清水久詞 514 +6 11 8
07 アタマ 古川吉洋 56.0 1.35.6 35.2 -------1--1 8 56.2 メイショウボーラー / アウロラハート 栗) 本田優  466 -2 9 7
08 1/2 岩田康誠 56.0 1.35.7 34.9 -------3--3 6 14.1 マンハッタンカフェ / チアフル 栗) 梅田智之 494 +14 6 5
09 クビ 小牧太 56.0 1.35.7 34.5 -------7--7 9 102.4 ステイゴールド / ケイアイエリザベス 栗) 山内研二 504 +2 4 4
10 11/4 川島信二 56.0 1.35.9 34.3 ------12-10 12 298.3 サクラプレジデント / ユキノシンデレラ 美) 石毛善彦 486 0 12 8
11 31/2 和田竜二 56.0 1.36.5 35.1 -------9-11 11 162.7 シベリアンホーク / マルターズスパーブ 美) 堀井雅広 504 -10 1 1
12 ハナ M.デム 56.0 1.36.5 35.3 -------5--8 5 7.4 Stormy Atlantic / Amelia 栗) 音無秀孝 472 +2 2 2
~払い戻し~
単勝 3番 (1人) 2.9 枠連 3-6 (4人) 7.5 複勝 3番(1人)
8番(3人)
10番(2人)
1.1
1.5
1.3
ワイド 3-8(3人)
3-10(1人)
8-10(4人)
2.9
2.2
3.7
3連複 3-8-10 (1人) 8.8 馬連 3-8 (2人) 8.2
3連単 3-8-10 (7人) 45.8 馬単 3-8 (3人) 14.1
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント

1着 グァンチャーレ(池添謙一騎手) 「良い形で道中走ってくれました。(前に)壁が無かったのですが、我慢して走ってくれました。良い形で4コーナーを回りましたが、外2頭が勢い良く来て、一旦はかわされましたが、余裕を持って追い出して、(後ろを)離して伸びています。力はある馬です。こういう内容で走ってくれているので、重賞戦線でも頑張ってくれると思います」

2着 グリュイエール(藤岡佑介騎手) 「今回は体調が良さそうでした。中間の調整もうまくいきましたし、マイルでも脚が溜まりました。ただ3コーナーの坂の下りで動いて行かなくてはいけないレースになってしまったので、ロスが多い競馬になってしまいました。でもよく頑張って走ってくれました」

3着 カツジ(松山弘平騎手) 「スタートは上手です。ただペースが遅く、少し向かない展開になりました。ラストが思ったより伸び切れない感じで、ジリっぽくなってしまいました」

4着 アイトーン(国分恭介騎手) 「出たなりの位置からレースをしようと思いました。ですから、レースとしては問題ありませんでした。これならと思って、脚も使ってくれました。あと少しパワーアップすればオープンで勝ち負けできるレベルまで来れそうです」

5着 キョウヘイ(高倉稜騎手) 「折り合い面はこれまでコーナー4つのコースでかなりコントロールが効くようになりました。本来ならもう一つ前の位置でレースをしたいのですが......。まだ気難しいというか、今日のようなスローペースで瞬発力勝負になると全然ハミを取りませんでした」

予想動画
関連記事
関連つぶやき