エルフィンステークス(2019/02/02) のレース情報

基本情報
京都芝・右外1600M
開催
第02回 京都03日目
コース
京都芝・右外1600M
クラス
オープン(別定
レースNO
10 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3才(国) 牝 (特)
頭数
10
発走時刻
15:01
本賞金(万
2,000 - 800 - 500 - 300 - 200
レース名
エルフィンステークス   
コース・ラップ
平均ペース
直線 404 M
勝ちタイム:1.35.5
平均ペース
-49 (-65+16)
前半5F:
1.00.9
後半3F:
34.6
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 M.デム 54.0 1.35.5 33.3 ------10-10 1 3.3 ヴィクトワールピサ / アクアリング 栗) 吉村圭司 418 -6 1 1
02 11/4 福永祐一 54.0 1.35.7 34.5 -------3--3 4 6.9 ロードカナロア / プチノワール 栗) 須貝尚介 442 0 6 6
03 1/2 川田将雅 54.0 1.35.8 34.5 -------3--3 2 3.4 ディープインパクト / ファイナルスコア 栗) 藤原英昭 440 0 4 4
04 13/4 松若風馬 54.0 1.36.1 35.2 -------1--1 8 105.6 ダンカーク / クロワラモー 栗) 本田優  482 0 9 8
05 ハナ 松山弘平 54.0 1.36.1 34.2 -------8--8 9 113.8 トーセンジョーダン / ヘリテージゴールド 栗) 河内洋  462 +2 8 7
06 クビ 池添謙一 54.0 1.36.1 34.7 -------5--5 6 9.3 ディープインパクト / エーシンメンフィス 栗) 池添学  434 +4 7 7
07 11/4 和田竜二 54.0 1.36.3 35.2 -------2--2 3 5.0 ディープブリランテ / ケイティーズベスト 美) 斎藤誠  486 0 5 5
08 クビ 浜中俊 54.0 1.36.3 34.7 -------6--6 5 7.7 ディープインパクト / レッドメデューサ 栗) 石坂正  422 0 2 2
09 11/4 北村友一 54.0 1.36.5 34.9 -------6--6 7 17.5 エイシンフラッシュ / タンザナイト 栗) 音無秀孝 418 +2 3 3
10 ハナ 秋山真一 54.0 1.36.5 34.7 -------8--8 10 118.9 トーセンホマレボシ / マチカネセキガハラ 栗) 小崎憲  426 -4 10 8
~払い戻し~
単勝 1番 (1人) 3.3 枠連 1-6 (5人) 12.6 複勝 1番(2人)
6番(4人)
4番(1人)
1.3
1.6
1.2
ワイド 1-6(7人)
1-4(1人)
4-6(4人)
4.7
2.5
3.4
3連複 1-4-6 (2人) 12.0 馬連 1-6 (6人) 13.2
3連単 1-6-4 (12人) 70.7 馬単 1-6 (8人) 21.4
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント

1着 アクアミラビリス(M.デムーロ騎手) 「前回はテンションが高くなり、ずっとハミを噛んで力がなくなってしまいましたが、今日は落ち着いていて、脚をためてためて、すごくいい脚を使いました。新馬戦の時と同じです。競馬に慣れればもっと走ると思います」

(吉村圭司調教師) 「今後は様子を見てオーナーサイドと相談してからになりますが、一息入れて桜花賞直行になると思います」

2着 ブランノワール(福永祐一騎手) 「前回に続いて好スタートを切り、上手に立ち回って最後まで脚を使いましたが、勝った馬は別格でした」

3着 ノーブルスコア(川田将雅騎手) 「1600mでも良い位置でスムーズに競馬をしてくれました。ただ、どうしてもまだ動ききれない所があり、こればかりは成長を待つしかありません」

7着 グレイスアン(和田竜二騎手) 「楽なペースかと思いましたが、全然脚を使えず、粘りこめず、終わってしまいました」

8着 レッドベレーザ(浜中俊騎手) 「もう少し置かれるかと思いましたが、中団からの競馬となり、直線は伸び負けました。もう少し短い距離の方がいいとおもいます。まだ体が小さいので、もう少し大きくなってからだと思います」

予想動画
関連記事
関連つぶやき