キャピタルステークス(2018/11/24) のレース情報

基本情報
東京芝・左1600M
開催
第05回 東京07日目
コース
東京芝・左1600M
クラス
オープン特別(別定
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3上(国)(特)
頭数
14
発走時刻
15:25
本賞金(万
2,300 - 920 - 580 - 350 - 230
レース名
キャピタルステークス   
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
勝ちタイム:1.32.6
平均ペース
-55 (-71+16)
前半5F:
59.2
後半3F:
33.4
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 松岡正海 56.0 1.32.6 32.9 -------5--4 6 13.3 スクリーンヒーロー / チュウオーサーヤ 栗) 北出成人 462 -4 5 4
02 クビ ビュイッ 56.0 1.32.6 32.4 -------7--9 2 3.9 Raven's Pass / スノーパイン 美) 藤沢和雄 516 +6 9 6
03 ハナ ムーア 56.0 1.32.6 33.1 -------2--2 7 20.9 ディープインパクト / クロウキャニオン 美) 堀宣行  496 -2 2 2
04 クビ 吉田隼人 56.0 1.32.7 33.5 -------1--1 8 23.2 ジャングルポケット / ヴォラドーレス 美) 田中剛  486 +2 3 3
05 ハナ ルメール 56.0 1.32.7 32.8 -------7--6 3 5.9 ディープインパクト / ラヴズオンリーミー 美) 国枝栄  514 +6 14 8
06 クビ 蛯名正義 54.0 1.32.7 32.3 ------12-11 9 37.6 メイショウサムソン / デンコウラッキー 栗) 荒川義之 456 -2 1 1
07 1/2 横山典弘 56.0 1.32.8 32.9 -------5--6 1 3.4 キングカメハメハ / トリプレックス 美) 菊沢隆徳 500 +6 8 5
08 11/2 戸崎圭太 56.0 1.33.1 32.6 ------13-13 5 7.5 アドマイヤムーン / キングスミール 栗) 西園正都 476 +4 11 7
09 3/4 北村友一 56.0 1.33.2 33.8 -------2--2 11 62.7 タニノギムレット / モルガナイト 栗) 音無秀孝 508 +2 10 6
10 11/2 大野拓弥 53.0 1.33.4 33.8 -------4--4 10 52.3 マンハッタンカフェ / マクリス 美) 田中清隆 472 +14 12 7
11 21/2 三浦皇成 56.0 1.33.8 33.8 -------9--6 13 238.6 ヨハネスブルグ / スペシャルディナー 栗) 鮫島一歩 450 +2 4 3
12 11/2 ベリー 56.0 1.34.0 33.8 -------9--9 4 6.5 ステイゴールド / ソーマジック 栗) 池江泰寿 476 -4 7 5
13 13/4 北村宏司 56.0 1.34.3 33.9 -------9-11 12 71.7 アンライバルド / ウイッチトウショウ 美) 萱野浩二 492 +18 13 8
14 21/2 柴田大知 56.0 1.34.7 33.8 ------14-14 14 423.9 アドマイヤマックス / ドリーミングレイナ 栗) 宮徹   548 +12 6 4
~払い戻し~
単勝 5番 (6人) 13.3 枠連 4-6 (11人) 28.6 複勝 5番(6人)
9番(2人)
2番(7人)
3.7
2.0
5.3
ワイド 5-9(15人)
2-5(28人)
2-9(19人)
12.0
25.2
16.4
3連複 2-5-9 (56人) 164.2 馬連 5-9 (12人) 30.4
3連単 5-9-2 (325人) 1,042.2 馬単 5-9 (31人) 84.5
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント

1着 グァンチャーレ(松岡正海騎手) 「調子が良さそうでしたし、重賞を勝っている馬ですから、力は上だと思っていました。いい位置につけて、あとは抜け出すタイミングだけだと思っていました。ちょうどいいタイミングでゴール前抜けられました」

2着 タワーオブロンドン(W.ビュイック騎手) 「距離はピッタリです。今日は休み明けでしたが、いい走りをしてくれました。勝った馬は強かったですが、惜しかったです」

3着 ベルキャニオン(R.ムーア騎手) 「最後もたれてしまいました。まっすぐ走っていれば勝てたと思います。右回りの方が良さそうです。このメンバーでこれだけやれるのですから面白いと思います」

4着 ショウナンアンセム(吉田隼人騎手) 「もう少し楽に行けると思っていましたが、いいペースで行けましたし、脚もたまっていました。4コーナーを回るタイミングで早めにスパートしました。この馬も脚を使っていますが、上位に来た馬が強かったです」

5着 プロディガルサン(C.ルメール騎手) 「距離はピッタリですし、リラックスして走れました。もう少し馬の後ろの位置を維持したかったのでそこは残念でしたが、それでも頑張ってくれました」

7着 ダイワキャグニー(菊沢隆徳調教師) 「状態は前回よりも良かったです。接触もありましたが、1600mだと少し忙しい感じがしますので、今後は距離延長を考えていきます」

12着 ソーグリッタリング(F.ベリー騎手) 「スタートしてすぐにペースが遅くなり、馬が行きたがってしまいました。最後の直線はその分、余力がなくなってしまいました」

予想動画
関連記事
関連つぶやき