小倉2歳ステークス(2018/09/02) のレース情報

基本情報
小倉芝・右1200M
開催
第02回 小倉12日目
コース
小倉芝・右1200M
クラス
オープンGⅢ(馬齢
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ2才(国)(特)
頭数
14
発走時刻
15:35
回次
第 38 回
本賞金(万
3,100 - 1,200 - 780 - 470 - 310
レース名
小倉2歳ステークス     
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 293 M
勝ちタイム:1.08.9
平均ペース
18 (70-52)
前半5F:
56.8
後半3F:
35.5
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 武豊 54.0 1.08.9 35.4 -------3--2 3 5.2 ロードカナロア / ディープインアスク 栗) 梅田智之 464 +16 6 4
02 13/4 荻野極 54.0 1.09.2 35.3 -------9--7 13 114.5 トーセンジョーダン / ヘリテージゴールド 栗) 河内洋  454 +6 9 6
03 クビ 和田竜二 54.0 1.09.2 35.3 -------9-10 9 29.3 ロードカナロア / クレバークリス 栗) 川村禎彦 470 -14 8 5
04 クビ 太宰啓介 54.0 1.09.3 35.2 ------13-11 12 112.7 エイシンフラッシュ / パリュール 栗) 川村禎彦 436 0 10 6
05 クビ 川又賢治 54.0 1.09.3 35.9 -------1--1 7 18.7 ヘニーヒューズ / ヴィヴィッドカラー 栗) 大久保龍 504 +4 1 1
06 ハナ 松山弘平 54.0 1.09.3 35.6 -------4--4 1 3.9 キンシャサノキセキ / ラフアップ 栗) 寺島良  524 -8 5 4
07 クビ 鮫島克駿 54.0 1.09.4 35.4 ------12-11 10 51.9 ノヴェリスト / タガノディーバ 栗) 浅見秀一 456 +2 13 8
08 浜中俊 54.0 1.09.6 35.9 -------4--5 2 4.9 ルーラーシップ / シーザバッドガール 栗) 本田優  478 0 3 3
09 クビ 幸英明 54.0 1.09.6 35.8 -------9-11 6 14.3 キンシャサノキセキ / ジャックカガヤキ 栗) 川村禎彦 448 +2 12 7
10 13/4 アヴドゥ 54.0 1.09.9 35.8 ------13-14 5 9.9 ヨハネスブルグ / クラヴェジーナ 栗) 牧浦充徳 440 -4 14 8
11 11/2 酒井学 54.0 1.10.1 36.7 -------2--2 8 25.2 タイキシャトル / エーシンスピカ 栗) 高橋康之 468 +4 2 2
12 11/2 川須栄彦 54.0 1.10.4 36.7 -------4--7 11 65.6 ジャスタウェイ / タムロウイング 栗) 西園正都 468 +2 11 7
13 高倉稜 54.0 1.11.2 37.5 -------4--5 14 179.0 ケイムホーム / アドマイヤファイン 栗) 田所秀孝 488 +2 7 5
14 3/4 北村友一 54.0 1.11.3 37.7 -------4--7 4 5.3 キングヘイロー / リビングプルーフ 栗) 池添学  490 +14 4 3
~払い戻し~
単勝 6番 (3人) 5.2 枠連 4-6 (15人) 42.9 複勝 6番(4人)
9番(13人)
8番(8人)
2.4
18.9
6.8
ワイド 6-9(56人)
6-8(22人)
8-9(72人)
71.2
18.4
125.4
3連複 6-8-9 (201人) 1,157.3 馬連 6-9 (56人) 296.5
3連単 6-9-8 (1013人) 6,276.9 馬単 6-9 (90人) 402.3
レース後のコメント

1着 ファンタジスト(武豊騎手) 「今日は完勝でした。スタートは出ないのではと思っていましたが、思ったより出てくれました。それと周りもあまり行かずスムーズに先行できました。初戦より馬も良くなっています。まだ2戦目ながらも強いレースを見せてくれました。距離は延びても大丈夫そうです」

2着 アズマヘリテージ(荻野極騎手) 「スタートは少し後ろからになりました。それでじっくり脚をためるレースに切りかえました。内でロスなく進めましたし、足場が悪い中、良い伸びを見せてくれました。2戦目でガラッと変わってくれて良かったです。センスを感じます」

3着 ミヤジシルフィード(和田竜二騎手) 「3コーナーの入りが悪すぎました。スタートが良いので、番手に行きたかったのですが、控える競馬でもよく来ていました。スローペースだったので、位置を取りに行っても良かったです。トビが大きいので距離はあってもいいと思います。馬は良くなっていました。収穫がありましたが、残念でした」

4着 アーデントリー(太宰啓介騎手) 「最初もたつくような形になりながら、道中は馬込みも気にするところはありませんでした。馬場の悪い中、いい走りを見せてくれました」

5着 チュウワフライヤー(川又賢治騎手) 「逃げるつもりはなかったのですが、他が牽制しあって逃げる形になりました。後ろから誰も来なかったので、楽でしたが、後ろでためる競馬をすれば良かったです」

6着 シングルアップ(松山弘平騎手) 「ゲートで待たされたので、少しで負けする形になりました。それでも押し上げてくれましたが、じりっぽいところがある馬なので、前々でスムーズな競馬が理想です。トビが大きいですし、広いコースのほうがレースをしやすいと思います」

7着 タガノジェロディ(鮫島克駿騎手) 「外枠だったので、内の馬が横並びになり、外を回る形になりました。1200mも上手く対応してくれました。距離が短い方が良さが出そうです。上手く乗れませんでした。申し訳ありません」

8着 ルチアーナミノル(浜中俊騎手) 「勝ち馬の後ろを行く形でしたが、脚がなくなってしまいました。これまで控える競馬をしていなかったので、戸惑いがありました。経験を積んでくれば、さらに良くなると思います」

10着 ジャカランダシティ(B・アヴドゥラ 騎手) 「終始外を回るしかありませんでした。枠の差で負けた感じです。道中は他にフラフラする馬がいて、後ろからになりました。子供っぽいところがあるので、差す競馬は苦しいです」

14着 セプタリアン(北村友一騎手) 「ずっと落ち着いていましたが、ゲートの入ってからテンションが上がってしまいました。その分、集中力を欠いてしまった形になりました」

予想動画
関連記事
関連つぶやき