山科ステークス(2018/01/21) のレース情報

基本情報
京都ダート・右1200M
開催
第01回 京都07日目
コース
京都ダート・右1200M
クラス
1600万特別(定量
レースNO
10 R
天候馬場
曇 稍
条件
サ4上(混)
頭数
14
発走時刻
15:01
本賞金(万
1,820 - 730 - 460 - 270 - 182
レース名
山科ステークス   
コース・ラップ
スローペース
直線 329 M
勝ちタイム:1.12.3
スローペース
-90 (3-93)
前半5F:
59.8
後半3F:
36.2
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 鮫島良太 54.0 1.12.3 35.4 ------10--7 3 9.6 シニスターミニスター / ヤマニンエリプス 栗) 長谷川浩 480 +8 2 2
02 3/4 松田大作 55.0 1.12.4 36.3 -------1--1 10 27.4 スタチューオブリバティ / コリンズグラス 美) 武井亮  464 +12 8 5
03 11/2 岩崎翼 57.0 1.12.6 36.0 -------5--5 6 16.7 キンシャサノキセキ / ダンスティルドーン 栗) 牧浦充徳 520 +2 7 5
04 1/2 幸英明 56.0 1.12.7 35.6 ------11-11 7 19.0 タートルボウル / ノンキ 栗) 音無秀孝 518 +2 6 4
05 クビ 藤岡佑介 54.0 1.12.7 36.3 -------2--2 5 10.9 スマートファルコン / レツィーナ 美) 鈴木伸尋 486 -8 13 8
06 1/2 福永祐一 55.0 1.12.8 36.2 -------5--5 1 1.8 クロフネ / ビスクドール 美) 和田勇介 496 +6 4 3
07 水口優也 57.0 1.13.0 36.2 -------7--7 8 19.1 サウスヴィグラス / サザンカ 栗) 羽月友彦 510 0 14 8
08 1/2 荻野極 57.0 1.13.1 36.7 -------4--2 4 10.3 キンシャサノキセキ / フミノオリヒメ 栗) 池添兼雄 540 0 3 3
09 クビ 浜中俊 55.0 1.13.2 36.5 -------7--7 2 6.5 ゴールドアリュール / グラッブユアハート 栗) 千田輝彦 468 +2 1 1
10 11/4 四位洋文 57.0 1.13.4 35.6 ------13-13 9 24.9 アグネスデジタル / サンシャインバレイ 栗) 木原一良 502 -2 9 6
11 クビ 国分恭介 57.0 1.13.4 36.1 ------12-12 12 131.7 アグネスデジタル / ヒカリブラッシア 美) 池上昌和 468 -6 11 7
12 3/4 加藤祥太 55.0 1.13.5 36.7 -------7--7 11 42.3 ファルブラヴ / パイクーニャン 美) 鈴木伸尋 496 -10 12 7
13 田中健 57.0 1.14.7 38.4 -------2--2 13 220.0 サウスヴィグラス / イヴニングミスト 栗) 佐々木晶 518 -2 5 4
川田将雅 55.0 - - ----------- - - More Than Ready / Niagara Falls 美) 黒岩陽一 534 0 10 6
~払い戻し~
単勝 2番 (3人) 9.6 枠連 2-5 (18人) 52.3 複勝 2番(5人)
8番(10人)
7番(7人)
3.6
8.7
4.9
ワイド 2-8(45人)
2-7(21人)
7-8(48人)
42.5
20.2
46.1
3連複 2-7-8 (106人) 426.7 馬連 2-8 (33人) 119.8
3連単 2-8-7 (525人) 2,019.8 馬単 2-8 (62人) 209.2
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント

1着 ヤマニンアンプリメ(鮫島良太騎手) 「ゲートで立ち遅れてしまって、砂をかぶると良くないと聞いていたのですが、道中はひるむことなく大丈夫でしたね。4コーナーではどこに出そうかなと思うくらいの手応えでした。前残りの展開でしたが、一頭だけ違う脚を使ってくれました。この競馬ができればこれからが楽しみです」

2着 ラズールリッキー(松田大作騎手) 「初めてのダートでしたがスピードがあり楽に先手を奪えました。今日はプラス12キロの馬体でしたし、絞れればもっとよくなると思います」

3着 タガノヴィッター(岩崎翼騎手) 「久々に乗せてもらいましたが、以前より馬がしっかりしていました。後ろからの競馬になりましたが、めどが立つ競馬でした。これからが楽しみです」

6着 オウケンビリーヴ(福永祐一騎手) 「スペースがなくてスムーズさを欠いてしまいました。それが全てですね。力を出し切っていないと思います」

予想動画
関連記事
関連つぶやき