京成杯オータムハンデキャップ(2017/09/10) のレース情報

基本情報
中山芝・右外1600M
開催
第04回 中山02日目
コース
中山芝・右外1600M
クラス
オープンGⅢ(ハンデ
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3上(国)(特)
頭数
16
発走時刻
15:45
回次
第 62 回
本賞金(万
3,900 - 1,600 - 980 - 590 - 390
レース名
京成杯オータムハンデキャップ     
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
勝ちタイム:1.31.6
平均ペース
24 (8+16)
前半5F:
57.1
後半3F:
34.5
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 田辺裕信 56.0 1.31.6 33.4 ----8--9--7 1 3.0 ステイゴールド / ルシルク 美) 戸田博文 504 0 6 3
02 13/4 北村宏司 57.0 1.31.9 33.6 ---12-11-11 11 28.5 ディープインパクト / シェンク 地) 河津裕昭 504 0 3 2
03 クビ 松若風馬 56.0 1.31.9 34.0 ----8--7--7 6 13.7 キングカメハメハ / スカーレットベル 栗) 音無秀孝 524 -2 13 7
04 13/4 武士沢友 58.0 1.32.2 35.1 ----1--1--1 2 4.5 ゴスホークケン / マルターズヒート 美) 堀井雅広 528 0 5 3
05 1/2 三浦皇成 55.0 1.32.3 33.7 ---13-13-14 9 25.4 ディープインパクト / スーア 美) 杉浦宏昭 452 +2 12 6
06 クビ 松田大作 54.0 1.32.3 33.9 ---11-11-12 7 19.3 ブラックタイド / スウェプトレジーナ 栗) 中尾秀正 464 -2 11 6
07 1/2 津村明秀 56.0 1.32.4 34.3 ----8--9-10 13 42.9 ダイワメジャー / オレンジジェラート 美) 菊沢隆徳 510 -14 1 1
08 クビ 杉原誠人 57.0 1.32.5 35.0 ----5--4--5 15 95.8 フジキセキ / ターフローズ 美) 藤沢和雄 526 -8 15 8
09 3/4 内田博幸 55.0 1.32.6 33.8 ---15-15-15 8 20.1 ディープインパクト / ルドラ 美) 萩原清  506 +6 14 7
10 1/2 坂井瑠星 53.0 1.32.7 34.9 ----5--7--7 14 51.9 ステイゴールド / アルーリングボイス 栗) 矢作芳人 482 +4 4 2
11 アタマ 松山弘平 54.0 1.32.7 35.2 ----3--4--3 3 6.9 ダイワメジャー / バイモユリ 栗) 池添学  462 0 2 1
12 13/4 吉田隼人 57.0 1.33.0 35.5 ----5--4--5 4 8.4 タニノギムレット / モルガナイト 栗) 音無秀孝 506 +6 8 4
13 1/2 松岡正海 57.0 1.33.1 35.9 ----2--2--2 10 26.1 スペシャルウィーク / ハナノメガミ 栗) 宮本博  518 +4 7 4
14 31/2 横山典弘 55.0 1.33.7 35.1 ---13-13-12 5 13.4 オンファイア / アドマイヤダッシュ 美) 菊沢隆徳 480 -8 9 5
15 クビ 柴田大知 57.0 1.33.7 36.4 ----3--3--3 12 32.1 ステイゴールド / マイネシャンゼリゼ 美) 高橋裕  464 -2 16 8
蛯名正義 58.0 - - ----------- - - ディープインパクト / バディーラ 美) 国枝栄  000 10 5
~払い戻し~
単勝 6番 (1人) 3.0 枠連 2-3 (8人) 19.7 複勝 6番(1人)
3番(12人)
13番(5人)
1.4
6.3
3.0
ワイド 3-6(14人)
6-13(4人)
3-13(56人)
13.2
5.9
48.3
3連複 3-6-13 (46人) 139.2 馬連 3-6 (13人) 40.5
3連単 6-3-13 (224人) 688.8 馬単 6-3 (20人) 64.6
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント

1着 グランシルク(田辺騎手) 「いい馬に乗せてもらったと思うとともに、サマーマイルシリーズの優勝の可能性が残っていたことも気にしていました。ハナに行く馬がいて、それを追いかける馬がいて、競馬はしやすかったです。いつもモタつく印象があったので、今日は早めに動かして行きましたが、最後まで脚を使ってくれました。これで賞金を加算出来、大きなレースも胸を張って出られると思うので、関東のマイル路線の最前線で頑張って欲しいです」

(戸田博文調教師) 「スタートが良くて、道中は完璧に乗ってくれました。すべてがうまく行ってくれるとこんなにアッサリ勝つのかなと思うようなレースでした。惜敗続きでこちらが自信をなくすくらいでしたが、勝ってくれて嬉しいです。一番良いローテーションと思って関屋記念を自重しましたが、ここを勝って、サマーマイルシリーズチャンピオンのプレゼントまでついてきてくれました。今後はオーナーサイドと相談して決めますが、田辺騎手が完璧に乗ってくれましたし、彼のお手馬の状況などもあるのでしょうが、引き続き乗ってくれると嬉しいです。この血統でGIに挑めるのは嬉しいです」

2着 ガリバルディ(北村宏騎手) 「少し促して、ある程度の位置をと思いましたが、トビが大きいのでゆっくりになります。4コーナーでスピードを落とすと取り戻すのに時間が掛かるので、それだけはないようにと思って乗りました。先に動いた勝ち馬と一緒に伸びて何とか2着に来てくれました」

3着 ダノンリバティ(松若騎手) 「もう少し前に行きたかったのですが、ペースが速かったです。去年とは違い、今年は反応してくれました」

4着 マルターズアポジー(武士沢騎手) 「快速馬ですが、58kgの分だけ重く感じました。よく粘ってくれました」

5着 トーセンデューク(三浦騎手) 「もう少しスローなら、もっといいところを出せたと思います。終始いいコンタクトで乗れました。1頭分しかないスペースを割ってくれました」

6着 アスカビレン(松田騎手) 「いいスタートでしたが、いい時のような引っ掛かって行く感じではなかったです。最後は伸びています」

11着 ボンセルヴィーソ(松山騎手) 「展開が向きませんでした。休み明けを使って良くなってくれればと思います」

予想動画
関連記事
関連つぶやき