チューリップ賞(2017/03/04) のレース情報

基本情報
阪神芝・右外1600M
開催
第01回 阪神03日目
コース
阪神芝・右外1600M
天候馬場
晴 良
レースNO
11 R
頭数
12
条件
サ3才(国) 牝 (指)
クラス
オープンGⅢ(馬齢
回次
第24回
発走時刻
15:35     
本賞金(万
3500.0 - 1400.0 - 880.0 - 530.0 - 350.0
レース名
チューリップ賞
コース・ラップ
平均ペース
直線 473.6 M
平均ペース
-3 (-19+16)
前半5F:
58.6
後半3F:
34.6
結果着順
馬メモモード


馬メモ


TI
ME
3
F
通過







01 ルメール 54.0 1.33.2 33.8 -------5--5 1 1.5 Frankel / スタセリタ 美) 藤沢和雄 476 +4 10 7
02 四位洋文 54.0 1.33.5 33.7 ------10--9 7 52.5 ダイワメジャー / エールドクラージュ 栗) 昆貢   496 -8 7 6
03 1/2 武豊 54.0 1.33.6 33.9 -------8--7 2 2.7 ハーツクライ / リリサイド 栗) 矢作芳人 438 +4 3 3
04 3/4 福永祐一 54.0 1.33.7 34.1 -------7--7 3 11.0 ダイワメジャー / シンハリーズ 栗) 石坂正  412 +2 1 1
05 1/2 和田竜二 54.0 1.33.8 34.7 -------4--3 8 65.4 ディープインパクト / カワキタラブポップ 栗) 浜田多実 466 +2 2 2
06 1/2 M.デム 54.0 1.33.9 33.9 ------12-12 4 15.3 ディープインパクト / ダノンプリマドンナ 栗) 大久保龍 454 -2 6 5
07 1/2 幸英明 54.0 1.34.0 34.5 -------6--6 5 35.8 ストリートセンス / リザーブシート 栗) 西浦勝一 470 0 5 5
08 池添謙一 54.0 1.34.2 34.3 ------11--9 10 142.5 ディープブリランテ / タフネスデジタル 栗) 野中賢二 436 +2 9 7
09 藤岡康太 54.0 1.34.7 34.8 -------8--9 12 428.5 シンボリクリスエス / マチカネセキガハラ 栗) 清水久詞 476 -6 8 6
10 11/4 柴田大知 54.0 1.34.9 35.8 -------3--3 6 44.1 マツリダゴッホ / コスモエンドレス 栗) 宮徹   434 -2 4 4
11 21/2 松若風馬 54.0 1.35.3 36.7 -------1--1 9 114.3 ディープインパクト / ユニバーサル 栗) 音無秀孝 438 -4 11 8
12 大差 岩田康誠 54.0 1.38.8 39.9 -------2--2 11 315.6 ダイワメジャー / ラブーム 栗) 松永幹夫 450 0 12 8
レース後のコメント

1着 ソウルスターリング(C.ルメール騎手) 「いいスタートでいいポジションにつけられ、馬の後ろにつけて反応も良かったです。直線で離して完璧なレースでした。今日はトライアルで休み明けでしたから、次はもっと良くなります。チャンスがあるので、とても桜花賞が楽しみです」

2着 ミスパンテール(四位洋文騎手) 「夏以来のレースでしたが、よく伸びてくれました。よく走ってくれたと思います」

3着 リスグラシュー(武豊騎手) 「ラストはもう少し伸びるかなと思いましたが、本来の脚を使えていません。3コーナーで外から引っ掛かった馬がいたので、余計なところで脚を使わされました。次ですね」

(矢作芳人調教師) 「少なくとも2着はとらなければいけませんでした。申し訳ありません。ただ、本番は次ですから、次でしっかりと負かせられるように頑張ります」

4着 ミリッサ(福永祐一騎手) 「あまり後ろからは行きたくなくて、中団のインにつけました。3コーナーでも落ち着いて脚を溜めて、これなら弾けるだろうと思っていました。しかし、直線ではもうひと伸びできるだろうと思っていましたが、できませんでした。伸びてはいるけど、最後もうひと伸びがありませんでした」

6着 ダノンディーヴァ(M.デムーロ騎手) 「よく頑張っていました。今日は後ろからのレースでしたが、道中フワフワしていました。まだ若いです。これから良くなりそうです」

8着 レッドリボン(池添謙一騎手) 「ビュッと来ていましたが、もうひと脚がなく、坂で止まってしまいました。一瞬見せ場は作りましたが......。これからだと思います」

10着 エントリーチケット(柴田大知騎手) 「道中は結構厳しく入って来られて、抑えるところはありましたが、その後はスムーズでした。あの形なら残ってもいいのですが......。仕掛けてから全然反応がありませんでした。(敗因は)分かりません」

12着 アンバーミニー(岩田康誠騎手) 「燃えてしまうような感じになり、最後はもうお釣りがありませんでした」

予想動画
関連記事
関連つぶやき