橿原ステークス(2017/02/18) のレース情報

基本情報
京都ダート・右1200M
開催
第02回 京都07日目
コース
京都ダート・右1200M
クラス
1600万特別(ハンデ
レースNO
10 R
天候馬場
晴 稍
条件
サ4上(混)[指]
頭数
16
発走時刻
15:01
本賞金(万
1,820 - 730 - 460 - 270 - 182
レース名
橿原ステークス   
コース・ラップ
スローペース
直線 329 M
勝ちタイム:1.10.8
スローペース
-66 (27-93)
前半5F:
58.4
後半3F:
35.8
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 M.デム 56.0 1.10.8 35.8 -------1--1 1 2.6 Scat Daddy / Molly Peaches 美) 木村哲也 540 +6 7 4
02 21/2 武豊 56.0 1.11.2 35.9 -------3--3 2 3.5 Mineshaft / Eden's Causeway 栗) 武幸四郎 500 -6 10 5
03 1/2 池添謙一 55.0 1.11.3 36.2 -------2--2 4 13.2 キンシャサノキセキ / フミノオリヒメ 栗) 池添兼雄 538 -4 8 4
04 ハナ ルメール 55.0 1.11.3 36.1 -------3--3 7 19.9 ネオユニヴァース / アミリス 栗) 石坂正  482 +16 2 1
05 11/4 岩田康誠 55.0 1.11.5 36.0 -------5--5 3 6.5 Old Fashioned / Catspaw 栗) 西園正都 488 +4 16 8
06 アタマ 和田竜二 52.0 1.11.5 36.0 -------5--5 12 55.9 シンボリクリスエス / ルミナスポイント 栗) 藤原英昭 484 -10 3 2
07 11/2 浜中俊 52.0 1.11.7 36.0 -------7--7 5 19.0 ゼンノロブロイ / リターンキャスト 美) 大竹正博 498 +2 14 7
08 クビ 武幸四郎 54.0 1.11.8 36.0 -------9-11 9 25.0 サウスヴィグラス / メイショウフクヒメ 栗) 笹田和秀 460 +2 13 7
09 クビ 横山典弘 54.0 1.11.8 35.2 ------16-16 11 54.7 ラスカルスズカ / アイシースズカ 美) 柄崎孝  494 -6 11 6
10 1/2 国分恭介 54.0 1.11.9 35.9 ------14-10 16 170.4 サウスヴィグラス / メジロカンナ 栗) 安達昭夫 520 -6 6 3
11 柴田未崎 54.0 1.12.1 36.1 ------14-11 14 67.5 サウスヴィグラス / オボロヅキ 栗) 田所秀孝 498 0 4 2
12 1/2 田中学 55.0 1.12.2 36.3 ------11-11 6 19.3 アグネスデジタル / レインボークイーン 栗) 宮本博  510 +4 15 8
13 1/2 太宰啓介 54.0 1.12.3 36.3 ------12-14 10 26.9 キングカメハメハ / ホームウォード 栗) 大橋勇樹 456 +2 12 6
14 11/4 松若風馬 54.0 1.12.5 36.7 -------9--7 13 61.5 フジキセキ / ピンククラウド 美) 相沢郁  500 -6 5 3
15 3/4 川島信二 54.0 1.12.6 36.6 ------12-15 15 169.3 クロフネ / ウエスタンクィーン 美) 的場均  464 0 9 5
16 11/4 松山弘平 55.0 1.12.8 37.2 -------7--7 8 21.8 Bernardini / Parisian Affair 美) 田中博康 528 -8 1 1
~払い戻し~
単勝 7番 (1人) 2.6 枠連 4-5 (1人) 3.6 複勝 7番(1人)
10番(2人)
8番(4人)
1.2
1.3
2.4
ワイド 7-10(1人)
7-8(4人)
8-10(5人)
1.8
6.6
6.7
3連複 7-8-10 (2人) 17.1 馬連 7-10 (1人) 3.8
3連単 7-10-8 (4人) 46.0 馬単 7-10 (1人) 6.1
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント

1着 ゴルゴバローズ(M.デムーロ騎手) 「強かったです。前走は外枠でついていなかったですが、今回は良かったです」

2着 ゼンノサーベイヤー(武豊騎手) 「思うようなレースはできましたが、勝ち馬が強かったです。安定してきましたね」

3着 メイショウワダイコ(池添謙一騎手) 「できれば前に行きたかったのですが、隣の馬が主張して行ったので、控える形になりました。それでもしぶとく頑張っていました」

4着 センターピース(C.ルメール騎手) 「とても良い感じでしたが、久々でもあったので、伸びることができませんでした。ここを叩いて、次走はやれるのではないでしょうか。チャンスはあると思います」

予想動画
関連記事
関連つぶやき