金蹄ステークス(2017/02/18) のレース情報

基本情報
東京ダート・左2100M
第01回 東京 07日目
10 R
ダート・左2100M
曇  
3勝クラス特別   サ4上(混)[指] / 定量
金蹄ステークス  
14 頭
15:10発走
本賞金) 1,820 - 730 - 460 - 270 - 182 (万
コース・ラップ
スローペース
レース当日の降水強度(mm/h)
直線 501 M
ペース平均:
5
内枠好走:
0
勝タイム:
2.12.1
前半5F:
1.04.1
後半3F:
36.0
ペース:スロー
-67 (-81+14)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 津村明秀 56.0 2.12.1 35.9 -2--2--2--2 4 7.1 ロージズインメイ / マイネカレッシュ 美) 武市康男 514 0 5 4
02 3/4 吉田豊 56.0 2.12.2 35.3 -9--8--9-10 5 11.0 カネヒキリ / ピュアパッション 栗) 浜田多実 476 -6 14 8
03 31/2 戸崎圭太 57.0 2.12.8 36.1 -7--7--7--8 1 3.1 キングカメハメハ / アイシーサイレンス 栗) 松田国英 468 -2 1 1
04 高倉稜 57.0 2.13.0 36.9 -1--1--1--1 8 31.2 カンパニー / クリスタルコースト 栗) 羽月友彦 444 -8 3 3
05 勝浦正樹 57.0 2.13.2 36.4 10-10-11--8 10 50.9 ハーツクライ / セルリアンブルー 美) 戸田博文 500 +4 13 8
06 1/2 柴田大知 57.0 2.13.3 36.8 -6--6--6--6 3 4.7 キンシャサノキセキ / ユーキャンドゥイット 栗) 飯田雄三 520 +2 9 6
07 11/4 柴山雄一 57.0 2.13.5 37.2 -3--4--3--3 7 24.5 ゴールドアリュール / アイチャンルック 栗) 五十嵐忠 510 -10 12 7
08 クビ 江田照男 57.0 2.13.5 36.6 10-10--9-10 13 126.2 カリズマティック / ウイッチトウショウ 美) 萱野浩二 546 -2 10 6
09 11/2 ムーア 56.0 2.13.7 37.3 -5--4--5--5 2 3.8 ロージズインメイ / ビクトリーレディー 栗) 山内研二 516 0 6 4
10 クビ 石川裕紀 57.0 2.13.8 36.7 13-13-12-12 12 86.6 タイムパラドックス / サンデーズシス 美) 相沢郁  466 +12 4 3
11 ハナ 国分優作 57.0 2.13.8 36.8 12-12-12-12 9 40.7 Lemon Drop Kid / クロスウォーター2 栗) 西浦勝一 516 -2 11 7
12 3/4 柴田善臣 57.0 2.13.9 37.4 -7--8--7--6 11 70.1 サイレントディール / モージョ 美) 本間忍  476 -8 8 5
田辺裕信 56.0 - - ----------- - - マンハッタンカフェ / アースグリーン 美) 小笠倫弘 000 2 2
菅原隆一 57.0 - - -3--2--3--3 6 - トーセンファントム / スマイルサポート 美) 奥平雅士 518 0 7 5
単勝 5番 (4人) 7.1 枠連 4-8 (5人) 13.3 複勝 5番(4人)
14番(5人)
1番(2人)
2.2
2.7
1.6
ワイド 5-14(14人)
1-5(4人)
1-14(8人)
11.3
4.9
7.4
3連複 1-5-14 (14人) 47.3 馬連 5-14 (14人) 34.8
3連単 5-14-1 (123人) 374.4 馬単 5-14 (26人) 65.7
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント

1着 マイネルトゥラン(津村明秀騎手) 「何も行かなければ行っても良いくらいに思っていました。ペースが遅くハミを噛んでいましたが、それでも終いは伸びています。力をつけています。精神的にどっしりとして、レース前にうるさくなくなってきました。レースで力を出せるようになっています」

2着 グランセブルス(吉田豊騎手) 「力をつけていますし、脚も使っていますが、勝った馬が止まりませんでした」

3着 レッドサバス(戸崎圭太騎手) 「直線でうまく捌けませんでした。最後はエンジンが掛かって、よく伸びています」

4着 シャイニービーム(高倉稜騎手) 「前走が強かったので、ある程度やれると思っていました。1コーナーで外に膨れようとしたり、向正面で外に張ったりと、難しい面があります。このクラスで通用する能力がありますし、展開ひとつです」

6着 ウインユニファイド(柴田大知騎手) 「そろそろ嫌気が差してきたのか、全然進んで行きませんでした。最後まで反応がなく、勝ったときのイメージではありませんでした」

9着 サハラファイター(R.ムーア騎手) 「最後は手ごたえがなくなってしまいました。どうやら鼻血が出ていたようです」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する