新馬 (サ2才) 京都 5R 2016/10/23 のレース情報

基本情報
京都芝・右2000M
開催
第04回 京都07日目
コース
京都芝・右2000M
天候馬場
曇 良
レースNO
5 R
頭数
11
条件
サ2才(混)[指]
クラス
新馬(馬齢
回次
発走時刻
12:25   
本賞金(万
700 - 280 - 180 - 110 - 70
レース名
コース・ラップ
平均ペース
直線 328 M
平均ペース
-34 (-63+29)
前半5F:
1.01.9
後半3F:
35.3
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 川田将雅 55.0 2.02.1 34.8 -6--5--6--5 3 5.3 New Approach / Sant Elena 栗) 藤原英昭 476 7 6
02 3/4 岩田康誠 54.0 2.02.2 34.9 -4--6--6--7 7 28.7 ハービンジャー / アドマイヤテンバ 栗) 梅田智之 464 2 2
03 クビ 武豊 54.0 2.02.3 35.5 -2--1--1--1 6 11.0 ルーラーシップ / リアルナンバー 美) 加藤士津 510 3 3
04 1/2 四位洋文 55.0 2.02.4 35.3 -4--4--3--4 2 3.3 マンハッタンカフェ / イタリアンオリーブ 栗) 昆貢   492 5 5
05 21/2 福永祐一 55.0 2.02.8 35.7 -3--3--3--2 5 8.2 キングカメハメハ / モンスーンウェディング 栗) 安田隆行 526 8 7
06 ハナ 丹内祐次 54.0 2.02.8 35.2 -8--8--8--9 10 88.5 ステイゴールド / マイネトゥインクル 美) 佐藤吉勝 432 9 7
07 クビ 池添謙一 55.0 2.02.8 35.6 -7--6--5--5 4 7.6 ディープインパクト / メイショウベルーガ 栗) 池添兼雄 470 4 4
08 13/4 和田竜二 55.0 2.03.1 35.5 10-10--8--8 8 32.2 ディープブリランテ / オレゴンガール 栗) 沖芳夫  508 10 8
09 10 ルメール 55.0 2.04.7 37.7 -1--2--2--2 1 3.0 キングカメハメハ / トゥザヴィクトリー 栗) 池江泰寿 516 6 6
10 クビ 藤岡康太 54.0 2.04.7 36.7 10-10-11-10 9 74.4 ワークフォース / タガノシビル 栗) 宮徹   464 1 1
11 義英真 53.0 2.06.0 38.3 -8--8--8-11 11 206.0 エンパイアメーカー / ウエスタンデンコー 栗) 崎山博樹 516 11 8
~払い戻し~
単勝 7番 (3人) 5.3 枠連 2-6 (11人) 30.5 複勝 7番(2人)
2番(7人)
3番(6人)
1.8
4.1
2.8
ワイド 2-7(22人)
3-7(12人)
2-3(19人)
18.5
8.3
14.9
3連複 2-3-7 (38人) 123.2 馬連 2-7 (22人) 73.3
3連単 7-2-3 (244人) 792.4 馬単 7-2 (37人) 109.5
レース後のコメント

1着 ベストアプローチ(川田将雅騎手) 「攻め馬通りのいい内容で、期待通りでした。まずは無事に勝ち上がれて良かったです」

(藤原英昭調教師) 「スタートは良く、攻め馬通りでした。母が短めの距離で、父は2000m以上で走った馬なので、血統的に読めませんでした。それでも調教通りならいい競馬をしてくれると思っていました。血統だけで走る馬ではなく、伸びしろはどこまであるか分かりませんが、今後も楽しみです。上々の競馬で、上々の手応えです。次走は未定です」

4着 トップゴーイング(四位洋文騎手) 「調教はいい時計を出していました。しかし、新馬ですからね......。スタートはそこそこ出て。逃げ馬の後ろにつけられましたが、まだフワフワしているところがあります。最後はこちらが思っているよりも伸び切れませんでした」

7着 メイショウテンシャ(池添謙一騎手) 「先行集団につけて流れに乗ってレースが出来ました。しかし、馬群に囲まれて捌けませんでした。使って良くなりそうです」

9着 トゥザクラウン(C.ルメール騎手) 「息があまり入りませんでした」

予想動画
関連記事
関連つぶやき