富士ステークス(2016/10/22) のレース情報

基本情報
東京芝・左1600M
開催
第04回 東京06日目
コース
東京芝・左1600M
クラス
オープンGⅢ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
曇 良
条件
サ3上(国)(指)
頭数
11
発走時刻
15:45
回次
第 19 回
本賞金(万
4,100 - 1,600 - 1,000 - 620 - 410
レース名
富士ステークス     
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
勝ちタイム:1.34.0
平均ペース
-40 (-56+16)
前半5F:
59.8
後半3F:
34.2
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 戸崎圭太 57.0 1.34.0 33.8 -------3--3 3 5.6 スニッツェル / スナップショット 美) 手塚貴久 524 -2 3 3
02 3/4 ルメール 58.0 1.34.1 33.7 -------5--6 4 6.9 フジキセキ / イスラコジーン 美) 栗田博憲 482 +6 4 4
03 1/2 蛯名正義 57.0 1.34.2 34.0 -------3--3 2 5.2 ディープインパクト / バディーラ 美) 国枝栄  480 +10 2 2
04 クビ 柴田大知 56.0 1.34.3 34.3 -------2--2 11 127.2 ステイゴールド / マイネシャンゼリゼ 美) 高橋裕  462 +6 6 6
05 クビ 福永祐一 57.0 1.34.3 33.4 ------10-10 6 15.1 ディープインパクト / シェンク 地) 河津裕昭 502 -2 8 7
06 クビ 川田将雅 56.0 1.34.4 33.7 -------8--8 7 24.1 アドマイヤムーン / ロイヤルアタック 栗) 西浦勝一 498 +6 1 1
07 クビ 大野拓弥 54.0 1.34.4 33.7 -------9--8 8 32.6 タニノギムレット / モルガナイト 栗) 音無秀孝 504 -2 10 8
08 ハナ M.デム 57.0 1.34.4 34.0 -------5--6 5 9.2 Redoute's Choice / サンデースマイル2 栗) 角居勝彦 496 +16 7 6
09 1/2 池添謙一 55.0 1.34.5 33.6 ------11-10 1 2.1 マツリダゴッホ / マツリダワルツ 美) 小島茂之 452 0 11 8
10 1/2 古川吉洋 56.0 1.34.6 34.8 -------1--1 10 112.4 ブラックタイド / クラスター 栗) 武英智  510 +6 5 5
11 横山典弘 56.0 1.35.5 35.2 -------5--5 9 93.4 スクリーンヒーロー / エールスタンス 美) 黒岩陽一 488 +12 9 7
~払い戻し~
単勝 3番 (3人) 5.6 枠連 3-4 (9人) 20.3 複勝 3番(3人)
4番(4人)
2番(2人)
1.9
2.4
1.8
ワイド 3-4(11人)
2-3(5人)
2-4(7人)
7.6
5.8
6.5
3連複 2-3-4 (11人) 33.4 馬連 3-4 (7人) 19.6
3連単 3-4-2 (72人) 199.0 馬単 3-4 (16人) 39.4
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント

1着 ヤングマンパワー(戸崎騎手) 「強かったですね。道中から手応えも良く、どういう競馬も出来るので強気に行きました。これだけ力をつけていますし、京都のレースも楽しみです」

2着 イスラボニータ(ルメール騎手) 「休み明けで馬はフレッシュでした。勝ち馬の後ろでベストポジションでしたが、届きませんでした。勝った馬は強かったですね。マイルの距離はちょうどいいと思います」

4着 マイネルアウラート(柴田大騎手) 「直線を向いた時には"やった"と思いましたが、上位3頭は強かったですね。この馬も頑張ってくれていますが...」

5着 ガリバルディ(福永騎手) 「こういう流れになるのは承知で折り合いを重視する競馬をしました。折り合いは最近で一番つきましたし、この形の競馬を覚えていけば、もう少し前からでも楽に行けるようになるはずです。緩い流れの中で差を詰めていましたし、力をつけています」

9着 ロードクエスト(池添騎手) 「みんながこの馬を警戒するようなレースになっていました。外枠であのペースでは内にもぐり込むことも出来ませんでしたし、直線もみんな外へ出て来て振られましたから...。レースの上がりもあれだけ速くなって、この馬にはきつい競馬になってしまいました」

予想動画
関連記事
関連つぶやき