ダイヤモンドステークス(2016/02/20) のレース情報

基本情報
東京芝・左3400M
開催
第01回 東京07日目
コース
東京芝・左3400M
クラス
オープンGⅢ(ハンデ
レースNO
11 R
天候馬場
雨 稍
条件
サ4上(国)[指]
頭数
16
発走時刻
15:45
回次
第 66 回
本賞金(万
4,100 - 1,600 - 1,000 - 620 - 410
レース名
ダイヤモンドステークス     
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
勝ちタイム:3.37.8
平均ペース
12 (-54+66)
前半5F:
1.03.0
後半3F:
37.1
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 勝浦正樹 54.0 3.37.8 37.1 -9--9--3--1 4 6.8 ステイゴールド / ロングスターダム 栗) 牧田和弥 468 -14 10 5
02 三浦皇成 58.5 3.38.5 37.0 12-11-13--8 2 5.6 ハーツクライ / ホールオブフェーム 美) 宗像義忠 470 16 8
03 内田博幸 56.0 3.39.3 37.5 10--9-11-11 8 14.2 ディープインパクト / タニノミラージュ 栗) 荒川義之 486 -6 3 2
04 11/4 蛯名正義 55.0 3.39.5 38.4 -7--7--6--3 1 4.2 ゼンノロブロイ / タンタスエルテ 美) 国枝栄  478 0 7 4
05 柴田大知 55.0 3.40.7 39.4 -7--7--8--5 13 46.8 ステイゴールド / ツクバノーブル 美) 田中清隆 504 0 4 2
06 1/2 池添謙一 54.0 3.40.8 39.5 11-11--8--5 3 6.3 ディープインパクト / シルクユニバーサル 美) 手塚貴久 482 +4 11 6
07 13/4 松岡正海 53.0 3.41.1 39.5 12-13-11--8 11 26.3 ディープスカイ / バアゼルクローバー 栗) 本田優  494 0 1 1
08 3/4 秋山真一 54.0 3.41.2 40.5 -1--1--1--2 9 23.0 ゼンノロブロイ / オレンジパラダイス 美) 鹿戸雄一 526 +4 13 7
09 1/2 石神深一 48.0 3.41.3 39.2 16-15-15-13 16 318.8 ゴールドアリュール / ユーモレスク 美) 加藤和宏 468 +8 9 5
10 石橋脩 54.0 3.42.1 41.0 -3--3--2--3 15 180.7 ディープインパクト / ダイナズクラブ 栗) 石坂正  476 -6 12 6
11 横山典弘 54.0 3.43.0 40.9 14-15-15-13 5 8.1 ダンスインザダーク / ナイトクルーズ 美) 池上昌和 466 +6 15 8
12 1/2 井上敏樹 49.0 3.43.1 41.0 -5--5--6-13 14 126.9 ハーツクライ / ウェルシュステラ 栗) 松永幹夫 496 -6 6 3
13 クビ 吉田豊 51.0 3.43.1 41.5 -5--5--8--8 12 46.4 ゼンノロブロイ / ドライアッド 美) 新開幸一 508 0 8 4
14 大差 田辺裕信 56.0 3.44.9 43.0 14-14-13-12 6 11.2 マーベラスサンデー / ホッコーメモリー 美) 松永康利 476 2 1
15 大野拓弥 53.0 3.45.6 44.2 -3--4--3--7 7 14.0 マンハッタンカフェ / ステラマドレード 栗) 荒川義之 530 -4 5 3
16 ヴェロン 56.0 3.46.6 44.4 -2--2--3-16 10 26.1 ゼンノロブロイ / アルゼンチンスター 美) 藤沢和雄 522 +6 14 7
~払い戻し~
単勝 10番 (4人) 6.8 枠連 5-8 (4人) 12.9 複勝 10番(2人)
16番(4人)
3番(7人)
2.3
2.5
3.4
ワイド 10-16(17人)
3-10(16人)
3-16(23人)
14.0
13.8
16.6
3連複 3-10-16 (41人) 111.8 馬連 10-16 (13人) 33.0
3連単 10-16-3 (208人) 584.0 馬単 10-16 (22人) 60.0
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント

1着 トゥインクル(勝浦騎手) 「今日は前で競馬を、という指示でしたが、馬に跨った雰囲気も道悪をこなしそうでした。終始手応えも良く、強かったです。切れる脚はないので、ヨシというところで動きましたが、追ってからも脚がありました。とにかく勝てたことが嬉しいです。今日の勝ち方なら天皇賞に行っても楽しみです」

2着 フェイムゲーム(三浦騎手) 「馬は一生懸命走っています。オーストラリア遠征帰りでこの斤量、この馬場の中、とにかくスムースに進めようと思っていたので、それは出来ました。しかし、今日は言い訳の出来ない競馬でした。今後のGIに向けていい競馬は出来ました」

3着 ファタモルガーナ(内田博騎手) 「あの馬場で頑張ってくれました。こなせてはいましたが、勝ち馬にスーッと離されてしまいました。初めて乗りましたが、力のあるところを見せてくれました。最後もいい脚でした。今後もチャンスのある馬です」

4着 タンタアレグリア(蛯名騎手) 「うまくいって、理想的な競馬でした。追い出しを待つくらいでしたが、離されてしまいました。これで負けたのだから仕方がありません。馬場にやられました」

5着 マイネルメダリスト(柴田大騎手) 「距離が長いのが良かったです。時計の掛かる馬場も向きました。前とは差がありましたが、よく頑張っています。ここに来てやる気を出しているのはいい傾向です」

6着 モンドインテロ(池添騎手) 「距離や折り合いは問題ありませんでした。我慢して走っていましたが、この馬場ではどうしようもありません。初めて乗りましたが、力はこのクラスでも十分やれるものを持っています」

7着 スピリッツミノル(松岡騎手) 「手前を替えてくれませんでした。位置にこだわらずに乗って欲しいと言われていました。よく頑張っています。次につながる競馬は出来ました」

11着 カムフィー(池上昌和調教師) 「ここまで馬場が悪くなってしまうと、最後は集中力が切れてしまった感じです。地力の差が出てしまいましたね」

14着 ホッコーブレーヴ(田辺騎手) 「あまり気がいい馬ではありませんし、苦しくなると真面目に走らないところがあるので、そういう部分が出てしまったかもしれません」

予想動画
関連記事
関連つぶやき