新馬 (サ3才) 東京 2R 2016/02/06 のレース情報

基本情報
東京ダート・左1400M
開催
第01回 東京03日目
コース
東京ダート・左1400M
クラス
新馬(馬齢
レースNO
2 R
天候馬場
曇 良
条件
サ3才(混)[指]
頭数
16
発走時刻
10:40
本賞金(万
600 - 240 - 150 - 90 - 60
レース名
 
コース・ラップ
平均ペース
直線 501 M
勝ちタイム:1.26.4
平均ペース
-35 (33-68)
前半5F:
1.01.7
後半3F:
37.6
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 石川裕紀 55.0 1.26.4 37.3 -------5--4 1 2.5 Macho Uno / Encore 美) 手塚貴久 508 14 7
02 13/4 黛弘人 56.0 1.26.7 37.9 -------1--1 8 27.2 スズカフェニックス / ルネッサンスファウンド 美) 伊藤圭三 460 3 2
03 木幡初也 51.0 1.27.6 38.7 -------2--2 5 16.1 クロフネ / ピサノルビー 栗) 牧浦充徳 476 8 4
04 1/2 大野拓弥 54.0 1.27.7 38.0 ------10-10 10 35.6 シニスターミニスター / ナムラミステリー 美) 古賀慎明 442 6 3
05 アタマ 田中勝春 54.0 1.27.7 37.5 ------12-13 11 42.4 エンパイアメーカー / シゲルハチマンタイ 美) 小野次郎 468 15 8
06 31/2 戸崎圭太 56.0 1.28.3 39.4 -------2--2 2 3.1 Cape Cross / ペイパーチェイン 美) 藤原辰雄 514 4 2
07 1/2 武士沢友 54.0 1.28.4 38.7 -------8-10 9 30.3 ヤマニンセラフィム / サニートウショウ 美) 浅野洋一 460 1 1
08 1/2 横山典弘 56.0 1.28.5 38.7 ------11-10 4 9.1 ダイワメジャー / インディアナカーヴ 美) 萩原清  514 12 6
09 クビ 田中博康 54.0 1.28.5 38.3 ------14-13 13 125.5 キングカメハメハ / マイノチカラ 美) 勢司和浩 454 5 3
10 クビ 蛯名正義 56.0 1.28.6 39.1 ------12--7 7 22.9 アドマイヤオーラ / シゲルヨリツキ 美) 小野次郎 444 13 7
11 1/2 柴田大知 56.0 1.28.7 39.2 -------8--7 6 22.1 スタチューオブリバティ / ショコット 美) 武藤善則 502 7 4
12 吉田隼人 54.0 1.29.8 40.3 -------6--7 3 7.8 アグネスデジタル / ヤマカツサクラ 栗) 北出成人 474 9 5
13 3/4 コントレ 56.0 1.29.9 40.6 -------6--6 14 127.0 メイショウボーラー / オーガスタムーン 美) 堀井雅広 456 16 8
14 三浦皇成 56.0 1.30.4 40.1 ------15-15 12 87.5 ブラックタイド / フォレストメリー 美) 奥村武  466 11 6
15 1/2 野中悠太 53.0 1.30.5 39.9 ------15-16 16 245.6 エンパイアメーカー / グリーンフレイア 美) 田島俊明 434 10 5
16 嘉藤貴行 54.0 1.32.0 43.0 -------2--4 15 234.6 スウェプトオーヴァーボード / アローニミンク 美) 田中清隆 442 2 1
~払い戻し~
単勝 14番 (1人) 2.5 枠連 2-7 (1人) 3.1 複勝 14番(1人)
3番(7人)
8番(5人)
1.3
5.5
3.3
ワイド 3-14(15人)
8-14(6人)
3-8(38人)
14.8
7.3
40.8
3連複 3-8-14 (38人) 138.4 馬連 3-14 (13人) 40.6
3連単 14-3-8 (117人) 420.8 馬単 14-3 (15人) 49.2
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント

1着 ベストマッチョ(石川裕紀人騎手) 「最初、砂をかぶったときには反応しましたが、すぐに慣れてくれました。前にいた馬はしぶとかったですが、こちらの手応えは楽でしたし、どれだけ脚を使えるのか、はかっていました。距離が延びても大丈夫でしょう」

2着 スズカハイルーラー(黛弘人騎手) 「調教のときから気持ちを入れさせないと思いっきり走らないので、気合いをつけていきました。次につながるレースができたと思います」

4着 レオパラス(大野拓弥騎手) 「前半は探り探りという感じで走っていましたが、直線ではしっかりと走ってくれました。次走、テンションが上がらないようにしたいです」

予想動画
関連記事
関連つぶやき