すずらん賞(2015/09/06) のレース情報

基本情報
札幌芝・右1200M
第02回 札幌 06日目
10 R
芝・右1200M
晴  
オープン特別
サ2才(混)(特) / 別定
すずらん賞  
14 頭
14:50発走
本賞金) 1,600 - 640 - 400 - 240 - 160 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 266 M
ペース平均:
-2
内枠好走:
4
勝タイム:
1.11.0
前半5F:
59.1
後半3F:
35.8
ペース:平均
-32 (20-52)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 三浦皇成 54.0 1.11.0 35.6 -------2--2 1 3.7 ファルブラヴ / ライツェント 美) 稲垣幸雄 470 0 5 4
02 クビ 岩橋勇二 54.0 1.11.0 35.2 -------8--9 8 25.6 キンシャサノキセキ / イットーフレンチ 美) 武藤善則 476 0 2 2
03 3/4 横山典弘 54.0 1.11.1 35.6 -------3--4 2 3.8 アドマイヤムーン / コスモポリタン 美) 伊藤圭三 468 +8 1 1
04 クビ 菱田裕二 54.0 1.11.2 35.1 ------12--7 5 9.4 Malibu Moon / Lady Tak 栗) 矢作芳人 406 -4 12 7
05 1/2 桑村真明 54.0 1.11.3 35.4 -------9-11 7 20.0 サウスヴィグラス / リバティーベル 地) 斉藤正弘 482 +8 9 6
06 1/2 阿部龍 54.0 1.11.4 35.3 ------12-12 13 134.6 エンパイアメーカー / リスキーディール 美) 武藤善則 424 0 13 8
07 13/4 福永祐一 54.0 1.11.7 36.2 -------3--3 3 6.0 Invincible Spirit / リトルブック 栗) 矢作芳人 448 +2 7 5
08 3/4 井上俊彦 54.0 1.11.8 35.6 ------14-12 14 173.1 カネヒキリ / バンビーナココ 地) 林和弘  496 -6 14 8
09 クビ 丸田恭介 54.0 1.11.8 36.6 -------1--1 6 9.7 ブラックタイド / クランチーカ 美) 栗田徹  440 +4 3 3
10 アタマ 丹内祐次 54.0 1.11.8 36.1 -------5--7 4 8.0 フレンチデピュティ / プンターレ 美) 岩戸孝樹 480 +2 6 4
11 ハナ 井上幹太 54.0 1.11.8 36.1 -------5--4 11 88.8 アサクサキングス / スズキャンドル 地) 国信満  462 -8 4 3
12 11/4 横山和生 54.0 1.12.0 36.1 -------9--9 10 71.5 ミリオンディスク / アドマイヤラップ 美) 古賀史生 458 +6 11 7
13 丸山元気 54.0 1.12.2 36.6 -------5--4 9 32.7 エンパイアメーカー / フランダース 美) 高市圭二 460 -2 8 5
14 クビ 宮崎光行 54.0 1.12.2 36.2 ------11-12 12 108.9 メイショウサムソン / ビバムールフィユ 地) 山中輝久 512 -2 10 6
単勝 5番 (1人) 3.7 枠連 2-4 (11人) 18.5 複勝 5番(2人)
2番(8人)
1番(1人)
1.6
4.6
1.5
ワイド 2-5(22人)
1-5(1人)
1-2(16人)
16.7
3.4
13.7
3連複 1-2-5 (28人) 73.0 馬連 2-5 (23人) 58.6
3連単 5-2-1 (142人) 415.6 馬単 5-2 (38人) 92.3
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント

1着 オデュッセウス(三浦皇成騎手) 「強いですね。追ってからしっかりしていました。今日は馬場状態などいろいろ考えて乗りました。自分で競馬を作って抜け出して、しっかり伸びてくれましたし、完勝でした。1200mがベストの馬だと思います」

2着 フレンチイデアル(岩橋勇二騎手) 「出遅れてしまいましたし、向正面で狭いところに入ってしまいました。芝でも問題なく、あそこまで行ったら勝ちたかったですね」

4着 ドナルチア(菱田裕二騎手) 「追い切りに乗って、馬場の悪いところを通るのはよくないと感じましたので、馬場のいいところを走らせました。道中、折り合いもつきましたし、収穫あるレースでした」

5着 ジャーニーマン(桑村真明騎手) 「トモが緩く、後ろからの競馬になるのはいつものことです。芝の方が道中の反応がよく、手応えはよかったです。ただ、馬群の中で動きづらく、脚を余してしまいました。最後の脚は目立っていただけに、もったいない競馬になってしまいました」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する