新馬 (サ2才) 福島 5R 2015/07/05 のレース情報

基本情報
福島芝・右1800M
第02回 福島 02日目
5 R
芝・右1800M
曇  
新馬
サ2才[指] / 馬齢
 
16 頭
12:30発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 292 M
ペース平均:
41
内枠好走:
9
勝タイム:
1.50.6
前半5F:
1.01.3
後半3F:
37.0
ペース:平均
37 (7+30)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 戸崎圭太 54.0 1.50.6 36.4 -8--8--8--6 2 2.9 ゼンノロブロイ / ムガール 美) 鹿戸雄一 528 10 5
02 クビ 田中勝春 54.0 1.50.6 36.6 -6--6--6--6 4 15.1 シンボリクリスエス / ミルクトーレル 美) 新開幸一 492 13 7
03 11/4 石川裕紀 51.0 1.50.8 36.4 -8--8--9--8 10 54.8 タニノギムレット / レディーダービー 美) 相沢郁  416 16 8
04 11/4 宮崎北斗 54.0 1.51.0 37.1 -2--2--4--4 7 28.6 ジャイアントレッカー / モスキャンピオン 美) 田中剛  490 7 4
05 3/4 石橋脩 54.0 1.51.1 37.5 -2--2--2--2 8 47.4 カンパニー / トップセラー 美) 和田正一 470 14 7
06 クビ 嘉藤貴行 54.0 1.51.2 36.2 12-12-12-12 5 15.4 ハービンジャー / パラダイスバード 美) 大和田成 420 12 6
07 ハナ ルメール 54.0 1.51.2 36.5 11-10-10--8 3 6.1 ダンスインザダーク / タケデンプラザ 美) 田村康仁 478 8 4
08 1/2 松岡正海 54.0 1.51.3 37.7 -1--1--1--1 14 91.3 アサクサデンエン / アップルトウショウ 美) 池上昌弘 456 3 2
09 1/2 柴田大知 54.0 1.51.4 37.4 -4--5--6-10 6 22.8 ロージズインメイ / マイネカレッシュ 美) 武市康男 472 11 6
10 21/2 津村明秀 54.0 1.51.8 36.5 12-13-13-13 15 109.8 ブラックタイド / エルプリメロ 美) 和田雄二 462 1 1
11 アタマ 田辺裕信 54.0 1.51.8 37.1 16-13-10-10 1 2.7 Intense Focus / スキャンダルシート 美) 黒岩陽一 496 9 5
12 酒井学 54.0 1.52.5 38.8 -4--4--3--2 13 87.0 キンシャサノキセキ / マロトウショウ 美) 清水英克 484 5 3
13 31/2 江田照男 54.0 1.53.1 39.2 -6--6--4--4 12 68.3 マツリダゴッホ / タニノジュレップ 美) 黒岩陽一 456 15 8
14 21/2 オールプ 54.0 1.53.5 38.1 14-15-15-14 9 51.6 オンファイア / ワンモアアリュール 栗) 千田輝彦 462 2 1
15 菅原隆一 54.0 1.54.7 37.4 15-16-16-16 16 168.3 トーセンファントム / トーセンジョウオー 美) 成島英春 444 4 2
16 池添謙一 54.0 1.55.0 39.7 10-10-13-15 11 63.2 アグネスデジタル / プレミアムショール 美) 中野栄治 456 6 3
単勝 10番 (2人) 2.9 枠連 5-7 (4人) 7.1 複勝 10番(1人)
13番(4人)
16番(12人)
1.2
2.8
9.8
ワイド 10-13(4人)
10-16(17人)
13-16(50人)
8.0
22.3
60.1
3連複 10-13-16 (55人) 198.3 馬連 10-13 (5人) 18.8
3連単 10-13-16 (157人) 602.7 馬単 10-13 (7人) 25.3
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント

1着 シャクンタラー(戸崎圭太騎手) 「まだまだ遊び遊びなところはありましたが、やれば動ける馬です。使ってさらによくなるでしょう。これからの馬です」

(鹿戸雄一調教師) 「不利はありましたが、気にせず差し切ってくれました。遊び遊びでまだ子どもっぽいところがありますが、先々が楽しみです。調教がしっかりできて、順調にいけました。新馬ですから、不安はたくさんありましたが、思ったより強かったです。今後は一旦放牧に出したいと思います」

2着 ラブレオ(田中勝春騎手) 「立ち回りなど競馬が上手です。最後は交わされましたが、注文をつけるところはありません」

3着 ファータグリーン(石川裕紀人騎手) 「4コーナーで他の馬が弾かれたときに不利がありましたが、最後は詰めています。調教もある程度やっていましたし、気持ちも前向きです」

4着 マックール(宮崎北斗騎手) 「直線では外へ膨れてしまい、他の馬に迷惑をかけました。しかし、調教を積んでいたので、そのよさが実戦で出たと思います」

11着 ミュゼリバイアサン(田辺裕信騎手) 「ゲートは出ませんでしたし、流れに乗っていけませんでした。肩ムチを入れっぱなしで、攻め馬とは逆の感じになってしまいました。背中はいいのですが......。キックバックを嫌がっていた感じもありますが、出していっても変わった感じがありませんでした」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する