橘ステークス(2015/04/25) のレース情報

基本情報
京都芝・右外1400M
第03回 京都 01日目
10 R
芝・右外1400M
晴  
オープン特別   サ3才(混)(指) / 別定
橘ステークス  
12 頭
15:01発走
本賞金) 1,900 - 760 - 480 - 290 - 190 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 404 M
image
直線 404 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.20.2
前半5F:
56.4
後半3F:
34.8
ペース:平均
16 (25-9)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 浜中俊 56.0 1.20.2 34.5 -------3--3 2 4.8 ダイワメジャー / レディハピネス 栗) 昆貢   442 -4 1 1
02 ハナ 小牧太 56.0 1.20.2 34.2 -------7--7 1 3.3 Fastnet Rock / メイキアシー 栗) 須貝尚介 492 -2 3 3
03 ハナ 和田竜二 56.0 1.20.2 34.8 -------1--1 9 16.4 ジャングルポケット / パリスセイリュウ 栗) 川村禎彦 474 -4 4 4
04 クビ 福永祐一 56.0 1.20.2 34.1 -------7--7 3 6.8 ショウナンカンプ / ボーンスター 地) 須田和伸 464 -8 10 7
05 11/4 幸英明 56.0 1.20.4 34.6 -------3--3 11 24.8 チチカステナンゴ / プロミストスパーク 美) 浅野洋一 472 -2 5 5
06 3/4 ルメール 57.0 1.20.5 35.0 -------2--2 8 15.5 トワイニング / モカサンデー 栗) 中尾秀正 446 +2 6 5
07 四位洋文 56.0 1.20.7 34.5 ------11--9 5 8.7 ハービンジャー / レディチャーム 栗) 杉山晴紀 436 +2 2 2
08 1/2 川田将雅 57.0 1.20.8 34.9 -------6--6 4 8.3 サクラバクシンオー / アドマイヤシズカ 美) 大竹正博 466 -2 11 8
09 11/4 松山弘平 54.0 1.21.0 34.9 -------7--9 7 14.1 スウェプトオーヴァーボード / サイレントプレアー 栗) 浅見秀一 450 -8 9 7
10 21/2 岩田康誠 56.0 1.21.4 35.2 ------10-11 10 18.1 ディープインパクト / アドマイヤカンナ 栗) 梅田智之 430 -14 12 8
11 13/4 酒井学 54.0 1.21.7 36.0 -------3--3 6 13.6 ファルブラヴ / アンダルシア 美) 和田雄二 444 -2 7 6
12 1/2 高倉稜 56.0 1.21.8 35.3 ------11-12 12 368.8 スクワートルスクワート / シンコペーション 美) 蛯名利弘 482 +2 8 6
単勝 1番 (2人) 4.8 枠連 1-3 (4人) 10.1 複勝 1番(2人)
3番(1人)
4番(7人)
1.8
1.4
3.5
ワイド 1-3(1人)
1-4(22人)
3-4(8人)
4.3
14.3
8.4
3連複 1-3-4 (16人) 59.6 馬連 1-3 (1人) 10.1
3連単 1-3-4 (81人) 302.7 馬単 1-3 (2人) 21.4
該当なし
レース後のコメント

1着 マテンロウハピネス(浜中騎手) 「前を主張する馬が多く、少し気を使うところがありました。でも、エンジンが掛かってからはよく盛り返して走ってくれました。こういう番手からのレースに慣れてくれば先々いいですね」

2着 ブラヴィッシモ(小牧騎手) 「攻め馬よりレースの方が動きますし、乗りやすいですね。勝ったと思ったのですが...。まだ真剣に走っていないところがあります。今後はその点が課題でしょう」

3着 ブラッククローバー(和田騎手) 「気合は乗っていました。もう少し楽に先行出来るかと思ったのですが、フワフワしながら走っていました。でもハナに立って行っても最後まで踏ん張っています。力のあるところは見せてくれました」

4着 ナリタスターワン(福永騎手) 「開幕週で前の馬が残る馬場とは思っていましたが、脚をためた方がこの馬にはいいと思ってレースに臨みました。事前に聞いていた、内へのモタれは修正されていました。最後は届くと思ったのですが...。長くいい脚を使う馬なので、東京を走らせてあげたいですね」

5着 ブリクスト(幸騎手) 「道中、折り合いはついていましたが、手前の替え方にスムースさを欠いていました」

6着 セカンドテーブル(ルメール騎手) 「スタートも良く、道中はリラックスして走っていたのですが、内にモタれてうまく走れませんでした」

7着 ロードフェリーチェ(四位騎手) 「今回は1400mでしたから、少し出して行こうとしたら、すぐ折り合いを欠いてしまいました。やはりマイルくらいの方がリラックスして走れるのではないでしょうか」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する