サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(2014/04/12) のレース情報

基本情報
阪神芝・右1400M
開催
第02回 阪神05日目
コース
阪神芝・右1400M
クラス
オープンGⅡ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ4上(国) 牝 (指)
頭数
13
発走時刻
15:35
回次
第 57 回
本賞金(万
5,300 - 2,100 - 1,300 - 800 - 530
レース名
サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス   
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 356.5 M
勝ちタイム:1.20.3
平均ペース
14 (23-9)
前半5F:
57.2
後半3F:
34.8
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 武豊 54.0 1.20.3 33.3 ------13-13 1 2.2 ディープインパクト / スノースタイル 栗) 大久保龍 464 0 4 4
02 ハナ 福永祐一 54.0 1.20.3 33.6 -------9--9 3 6.4 ディープインパクト / ウィキウィキ 栗) 藤原英昭 462 +4 6 5
03 クビ シュタル 54.0 1.20.3 34.2 -------4--4 9 24.6 ウォーエンブレム / プチノワール 栗) 須貝尚介 456 -2 10 7
04 3/4 松山弘平 54.0 1.20.4 34.4 -------3--2 6 14.1 ダイワメジャー / ラタフィア 栗) 石坂正  488 +2 3 3
05 クビ 四位洋文 54.0 1.20.5 33.7 ------11-11 8 23.0 ダイワメジャー / ヒシシルバーメイド 美) 萩原清  452 -18 13 8
06 ハナ 古川吉洋 54.0 1.20.5 34.3 -------4--4 12 138.6 アドマイヤムーン / パシアン 栗) 木原一良 466 +4 9 6
07 クビ 酒井学 54.0 1.20.5 33.9 -------9--8 11 64.2 ダイワメジャー / ゴールデンジャック 栗) 加用正  474 -2 12 8
08 アタマ 柴山雄一 54.0 1.20.5 35.0 -------1--1 7 15.9 クロフネ / アイアンブリッジ 栗) 田所秀孝 470 +10 11 7
09 11/4 秋山真一 54.0 1.20.7 34.3 -------6--6 4 9.0 アドマイヤムーン / ウイングドキャット 栗) 飯田祐史 488 -4 8 6
10 ハナ 岩田康誠 54.0 1.20.7 34.2 -------6--6 2 5.7 フジキセキ / トーホウガイア 栗) 高橋亮  496 +4 1 1
11 クビ 内田博幸 56.0 1.20.8 34.2 -------8--9 5 12.2 ディープインパクト / ハルーワスウィート 栗) 友道康夫 460 +4 7 5
12 アタマ 北村友一 54.0 1.20.8 33.9 ------11-11 10 45.7 ダイワメジャー / ダークサファイア 栗) 佐々木晶 442 0 2 2
13 31/2 和田竜二 54.0 1.21.4 35.5 -------2--2 13 151.3 スズカマンボ / ノワゼット 美) 大和田成 462 -6 5 4
~払い戻し~
単勝 4番 (1人) 2.2 枠連 4-5 (1人) 4.2 複勝 4番(1人)
6番(3人)
10番(9人)
1.3
1.8
4.9
ワイド 4-6(1人)
4-10(17人)
6-10(30人)
2.9
12.9
22.5
3連複 4-6-10 (14人) 48.5 馬連 4-6 (1人) 6.3
3連単 4-6-10 (24人) 121.5 馬単 4-6 (1人) 8.7
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 スマートレイアー(武豊騎手)
「ああなって(出遅れて)しまったら仕方ありません。それなりのレースをするしかありませんからね。終わってみれば1400mは合っています。この後、本番のマイルももちろんいいですね。ただ、スタートは今後も課題になります。相手も強くなりますからね。この馬にとっては初重賞、いいレースが出来ましたから、次が楽しみになりました」

2着 ウリウリ(福永騎手)
「手応えも良かったですし、スルスルとうまく行ったと思ったのですが、外に1頭いましたね。それでも、1400mでもきちっと脚を使ってくれました。本番は次、距離は1600mに延びた方がいい馬です」

3着 ローブティサージュ(シュタルケ騎手)
「スムースないいレースが出来ました。強いて言うなら、以前は長いところを使っていましたから、その影響があったのかもしれません」

4着 エピセアローム(松山騎手)
「スタートよく、いいポジションが取れました。1400mの分、最後は甘くなってしまいましたが、それでも踏ん張ってくれました」

6着 サマールナ(古川騎手)
「内からスッと理想的なレースが出来ました。いいところを見せてくれましたが、坂で少し甘くなりました。直線が平坦なコースがベストかもしれません」

8着 クロフネサプライズ(柴山騎手)
「外を回るよりはと思い、自分のペースで行きました。ローブティサージュが来た時、一瞬反応しましたが、その後は休み明けの分だと思います。ここを使って変わってくると思います」

9着 ウイングザムーン(秋山騎手)
「スタートが良くなかったので、流れに乗せに行った時に脚を使ってしまいました。ジッとしていた方が良かったかもしれません」

10着 トーホウアマポーラ(岩田騎手)
「消化不良ですね。もう少し前の位置で運びたかったです。決して力負けではないと思います」

予想動画
関連記事
関連つぶやき