山城ステークス(2014/02/09) のレース情報

基本情報
京都芝・右1200M
第02回 京都 04日目
10 R
芝・右1200M
晴   稍重
3勝クラス特別
サ4上(混)[指] / 定量
山城ステークス  
16 頭
15:01発走
本賞金) 1,790 - 720 - 450 - 270 - 179 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 328 M
ペース平均:
-30
内枠好走:
8
勝タイム:
1.08.6
前半5F:
56.8
後半3F:
34.5
ペース:平均
-39 (13-52)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 田中健 55.0 1.08.6 34.5 -------1--1 9 14.8 ルールオブロー / チェリーコウマン 栗) 福島信晴 450 -4 2 1
02 クビ 武豊 55.0 1.08.6 34.1 -------4--4 2 5.2 フジキセキ / トーホウガイア 栗) 高橋亮  496 +8 16 8
03 3/4 小坂忠士 57.0 1.08.7 34.5 -------2--2 6 10.9 ニューイングランド / マンダリンママ 栗) 鈴木孝志 486 +2 7 4
04 1/2 国分優作 57.0 1.08.8 34.4 -------3--3 7 13.0 Wildcat Heir / Conqueress 美) 伊藤正徳 480 +4 6 3
05 クビ 藤田伸二 55.0 1.08.8 33.9 -------8-10 5 10.0 ヤマニンセラフィム / ヤマニンプチフール 栗) 木原一良 480 +2 8 4
06 アタマ 岩田康誠 57.0 1.08.8 33.8 ------11-11 8 14.1 サクラバクシンオー / アグネスシスター 栗) 長浜博之 502 -2 9 5
07 クビ 秋山真一 55.0 1.08.9 33.8 ------13-11 4 9.0 ロックオブジブラルタル / アメリカーナ 栗) 平田修  472 0 12 6
08 11/4 和田竜二 57.0 1.09.1 34.4 -------7--7 10 21.2 クロフネ / エトレーヌ 美) 伊藤正徳 440 +4 5 3
09 クビ 荻野琢真 57.0 1.09.1 34.1 ------11-13 13 91.2 キングカメハメハ / クノッソス 美) 相沢郁  484 -14 10 5
10 11/4 尾島徹 55.0 1.09.3 34.7 -------5--5 16 240.7 ロージズインメイ / コスモスカイライン 美) 田島俊明 456 -4 3 2
11 アタマ 川島信二 55.0 1.09.3 34.1 ------14-13 1 3.5 ファルブラヴ / マコトキンラン 栗) 鮫島一歩 450 0 14 7
12 3/4 四位洋文 55.0 1.09.4 34.8 -------5--5 11 34.6 クロフネ / ポポラス 栗) 木原一良 456 0 13 7
13 ハナ バルジュ 55.0 1.09.4 34.6 -------8--8 3 7.1 タイキシャトル / テイクザレインズ 栗) 佐々木晶 472 -2 15 8
14 1/2 嘉藤貴行 55.0 1.09.5 34.7 -------8--8 14 128.9 サクラバクシンオー / プリモピアット 美) 佐藤吉勝 444 -2 1 1
15 1/2 岡部誠 57.0 1.09.6 34.3 ------14-15 12 53.4 クロフネ / フェルモイ 栗) 宮徹   472 0 11 6
16 3/4 熊沢重文 57.0 1.09.7 34.1 ------16-16 15 210.2 サクラバクシンオー / レイオブライト 栗) 服部利之 468 0 4 2
単勝 2番 (9人) 14.8 枠連 1-8 (13人) 25.6 複勝 2番(9人)
16番(2人)
7番(6人)
4.7
2.3
3.5
ワイド 2-16(23人)
2-7(34人)
7-16(16人)
17.9
22.9
14.6
3連複 2-7-16 (71人) 190.2 馬連 2-16 (21人) 51.8
3連単 2-16-7 (430人) 1,259.0 馬単 2-16 (52人) 123.8
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 アンバルブライベン 田中健騎手
「内枠だとスムーズにスタートを切れますし、楽にハナを切ることができました。最後も脚を使ってくれましたし、強かったです」

3着 テイエムタイホー 小坂忠士騎手
「いい形で進められましたが、前に残られてしまいました。馬の状態はよく、しっかりしてきました」

4着 シゲルアセロラ 国分優作騎手
「周りが速くて、行き切れませんでした。それでも粘れるようになってきています」

11着 マコトナワラタナ 川島信二騎手
「前が競り合うかと思ったのですが、流れが落ち着いてしまいました。この展開では......」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する