忘れな草賞(2013/04/07) のレース情報

基本情報
阪神芝・右2000M
第02回 阪神 06日目
9 R
芝・右2000M
曇  
オープン特別
サ3才(混) 牝 (特) / 別定
忘れな草賞
16 頭
14:25発走
本賞金) 1,900 - 760 - 480 - 290 - 190 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 356.5 M
ペース平均:
3
内枠好走:
5
勝タイム:
2.03.7
前半5F:
1.01.4
後半3F:
37.6
ペース:平均
52 (23+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 C.デム 54.0 2.03.7 37.0 12-11-10--5 7 23.4 キングカメハメハ / マンハッタンセレブ 栗) 牧田和弥 478 +2 16 8
02 1/2 藤田伸二 54.0 2.03.8 37.1 14-14-12--5 9 30.5 ジャングルポケット / フサイチケリー 栗) 松田国英 450 -2 7 4
03 1/2 藤岡佑介 54.0 2.03.9 37.0 -9--9-10--9 3 11.2 ディープインパクト / シェルズレイ 栗) 村山明  446 +2 6 3
04 クビ 川田将雅 54.0 2.03.9 37.1 -9--9--9--9 1 2.2 Galileo / シルヴァースカヤ 栗) 池添学  422 -4 15 8
05 アタマ シュタル 54.0 2.03.9 37.1 -6--6--7--9 4 13.6 フレンチデピュティ / ジェイズジュエリー 美) 高橋文雅 434 -4 13 7
06 11/4 浜中俊 54.0 2.04.1 36.6 16-16-16-16 10 42.6 ハーツクライ / ウェルシュステラ 栗) 松永幹夫 482 0 1 1
07 1/2 三浦皇成 54.0 2.04.2 37.0 14-14-15-15 8 28.0 ストラヴィンスキー / ジャウンティング 美) 高橋義博 460 +8 3 2
08 クビ M.デム 54.0 2.04.3 37.5 -6--6--7--9 2 3.1 ハーツクライ / トロピカルブラッサム 栗) 鈴木孝志 446 +4 2 1
09 3/4 幸英明 54.0 2.04.4 37.3 13-13-14-13 12 67.2 タガノゲルニカ / タガノラフレシア 栗) 鈴木孝志 442 +2 10 5
10 クビ 太宰啓介 54.0 2.04.5 37.4 11-11-13-13 11 64.4 スペシャルウィーク / オースミハルカ 栗) 荒川義之 436 -8 11 6
11 11/4 大野拓弥 54.0 2.04.7 38.1 -3--4--4--8 16 335.8 アグネスデジタル / ドレスコード 栗) 宮本博  442 -4 8 4
12 クビ 戸崎圭太 54.0 2.04.7 38.1 -6--6--6--4 5 14.3 ストーミングホーム / マコトコーラン 栗) 鮫島一歩 406 0 14 7
13 31/2 川須栄彦 54.0 2.05.3 38.9 -3--3--2--2 15 204.9 ゴールドヘイロー / アイシンモナリザ 栗) 五十嵐忠 436 -6 12 6
14 1/2 岩田康誠 54.0 2.05.4 38.8 -3--4--4--5 6 17.6 ネオユニヴァース / ヴェイルオブアヴァロン 栗) 西村真幸 440 +2 4 2
15 和田竜二 54.0 2.06.8 40.7 -1--1--1--1 14 116.4 ブラックタイド / ジュバリー 栗) 崎山博樹 448 0 5 3
16 31/2 武幸四郎 54.0 2.07.4 41.1 -2--2--2--2 13 104.7 タイキシャトル / メイショウラメール 栗) 本田優  424 +12 9 5
単勝 16番 (7人) 23.4 枠連 4-8 (12人) 34.5 複勝 16番(7人)
7番(8人)
6番(3人)
6.0
6.7
2.7
ワイド 7-16(46人)
6-16(20人)
6-7(23人)
53.5
18.5
22.1
3連複 6-7-16 (101人) 411.6 馬連 7-16 (49人) 212.8
3連単 16-7-6 (732人) 4,182.4 馬単 16-7 (98人) 558.9
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 セレブリティモデル C.デムーロ騎手
「3~4コーナーで、ポジションを取りに前に行きました。ペースはまずまず速かったのですが、手応えよく追走できましたし、終いはいい脚で来てくれました。いい競馬ができたと思います」

牧田和弥調教師のコメント
「ひと叩きしたことで馬の状態がよくなっていました。デビュー当初から長めの距離を使ってきて、馬がそれに応えてくれました。折り合いも問題ありませんでした。これで胸を張ってオークスに向かえますね」

5着 センティナリー A.シュタルケ騎手
「ゲートの中でチャカつくなど、馬がまだ子どもで、4コーナーで置かれてしまいました。最後は伸びているのですが......」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する