伊達特別(2012/11/17) のレース情報

基本情報
福島芝・右2000M
第03回 福島 05日目
10 R
芝・右2000M
曇  
1勝クラス特別   サ3上(混)[指] / 定量
伊達特別
16 頭
14:45発走
本賞金) 870 - 350 - 220 - 130 - 87 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 292 M
image
直線 292 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.59.7
前半5F:
1.00.0
後半3F:
35.6
ペース:平均
14 (-15+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 丹内祐次 55.0 1.59.7 35.0 -4--2--3--2 3 7.0 ソングオブウインド / ブルーレインボウ 美) 畠山重則 472 -10 9 5
02 クビ 津村明秀 55.0 1.59.7 35.6 -1--1--1--1 9 17.1 アドマイヤコジーン / マイナーズジェム 美) 田中剛  480 -2 8 4
03 11/4 村田一誠 57.0 1.59.9 34.7 -9--9--9--8 1 3.9 ハーツクライ / エスユーエフシー 美) 戸田博文 484 +2 13 7
04 クビ 松山弘平 55.0 2.00.0 34.7 10--9-10--9 6 12.9 Giant's Causeway / Crazy Volume 栗) 中竹和也 452 +2 2 1
05 11/2 松田大作 53.0 2.00.2 35.1 -7--7--6--5 4 7.2 キングカメハメハ / マンハッタンフィズ 美) 小島太  420 +4 12 6
06 1/2 大野拓弥 53.0 2.00.3 34.7 14-14-13-12 11 22.3 クロフネ / ガデスオブマーシー 美) 高木登  498 +12 1 1
07 1/2 高倉稜 53.0 2.00.4 35.0 12--9-10--9 5 9.2 ディープインパクト / オースミリンド 栗) 宮本博  416 +12 5 3
08 クビ 丸山元気 55.0 2.00.5 36.0 -2--2--2--2 7 13.5 ハーツクライ / ボブズディレンマ 美) 栗田博憲 446 -2 10 5
09 3/4 杉原誠人 53.0 2.00.6 35.6 -7--7--6--5 14 75.9 シンボリクリスエス / サイレントハピネス 美) 国枝栄  498 -14 4 2
10 クビ 柴山雄一 55.0 2.00.6 35.7 -5--5--5--5 2 5.6 ゼンノロブロイ / ホワイトウォーター 美) 藤沢和雄 486 -2 14 7
11 中舘英二 55.0 2.01.1 35.1 15-15-15-13 8 16.4 ジャングルポケット / ディソサード 美) 加藤和宏 514 -2 7 4
12 11/2 鮫島良太 55.0 2.01.3 34.9 16-16-16-16 10 19.4 Tale of the Cat / ゲイリーレディ 栗) 庄野靖志 466 0 3 2
13 1/2 二本柳壮 57.0 2.01.4 36.1 10-12-10-11 12 39.7 ロージズインメイ / イットウリョウダン 美) 武市康男 480 +4 11 6
14 13/4 木幡初広 55.0 2.01.7 37.1 -3--2--3--4 13 65.3 アッミラーレ / セルリアンブルー 美) 栗田徹  492 -4 16 8
15 11/2 古川吉洋 55.0 2.01.9 36.1 12-12-14-13 15 110.1 アグネスタキオン / スプリングレイン 美) 高柳瑞樹 492 -10 15 8
16 大差 伊藤工真 57.0 2.08.2 43.2 -5--5--6-13 16 188.2 ロージズインメイ / ミスクラブアップル 美) 畠山重則 518 -2 6 3
単勝 9番 (3人) 7.0 枠連 4-5 (8人) 16.5 複勝 9番(3人)
8番(8人)
13番(1人)
2.2
4.8
1.8
ワイド 8-9(29人)
9-13(3人)
8-13(18人)
19.8
6.4
16.2
3連複 8-9-13 (15人) 71.2 馬連 8-9 (31人) 63.1
3連単 9-8-13 (163人) 612.0 馬単 9-8 (59人) 122.9
該当なし
レース後のコメント


1着 コスモバタフライ(丹内騎手)
「スタート良く、道中いいところにつけられて流れに乗れました。この上の1000万クラスでも勝ち負けしていた馬、いつ勝ってもおかしくないと思っていたのです。ようやく、という感じです」

2着 ステルミナート(津村騎手)
「道中、後ろを引きつけて脚をタメてみても、切れる脚を使うのではなくしぶいタイプの馬なので、他の馬を待たずに自分でどんどん行きました」

4着 アシュヴィン(松山騎手)
「道中、ロスなくレースを運ぶことが出来ましたが、もう少しですね。しかし、久々で昇級戦でしたが、これでこのクラスのメドが立ったように思います」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する