関西テレビ放送賞ローズステークス(2012/09/16) のレース情報

基本情報
阪神芝・右外1800M
開催
第04回 阪神04日目
コース
阪神芝・右外1800M
クラス
オープンGⅡ(馬齢
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3才(国) 牝 (指)
頭数
11
発走時刻
15:35
回次
第 30 回
本賞金(万
5,000 - 2,000 - 1,300 - 750 - 500
レース名
関西テレビ放送賞ローズステークス 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
スローペース
直線 473.6 M
勝ちタイム:1.46.8
スローペース
-80 (-110+30)
前半5F:
1.01.4
後半3F:
33.4
結果着順・払戻
馬メモモード


馬メモ


TI
ME
3
F
通過







01 岩田康誠 54.0 1.46.8 33.2 -------2--2 1 1.5 ディープインパクト / ドナブリーニ 栗) 石坂正  472 +12 6 6
02 11/2 内田博幸 54.0 1.47.0 33.2 -------5--5 2 3.8 ディープインパクト / ハルーワスウィート 栗) 友道康夫 450 +18 7 6
03 3/4 川田将雅 54.0 1.47.1 33.1 -------6--7 3 11.6 ディープインパクト / ジョセット 美) 小島茂之 408 -10 8 7
04 クビ 福永祐一 54.0 1.47.2 33.5 -------2--3 5 20.8 ディープインパクト / ワンフォーローズ 栗) 角居勝彦 452 +2 3 3
05 ハナ 武豊 54.0 1.47.2 33.0 -------9--9 4 18.0 ダイワメジャー / トーセンブリリアン 美) 加藤征弘 434 +10 4 4
06 21/2 幸英明 54.0 1.47.6 34.2 -------1--1 7 35.0 ダイワメジャー / ミスサイベリア 栗) 大橋勇樹 450 -10 5 5
07 クビ 秋山真一 54.0 1.47.6 33.7 -------6--5 9 103.1 ゼンノロブロイ / ブーケドレーヌ 栗) 角田晃一 434 -6 11 8
08 ピンナ 54.0 1.48.3 34.6 -------2--3 8 45.4 Bernardini / ハニーローズ 栗) 松田国英 436 +10 9 7
09 21/2 武幸四郎 54.0 1.48.7 34.6 -------6--8 6 31.0 アルカセット / サイレント 栗) 千田輝彦 476 -4 2 2
10 岡部誠 54.0 1.50.2 35.6 ------10-10 10 166.7 スズカマンボ / サンウインダー 地) 川西毅  434 0 1 1
田辺裕信 54.0 - - ----------- - - オレハマッテルゼ / シャンハイジェル 美) 加藤和宏 000 10 8
~払い戻し~
単勝 6番 (1人) 1.5 枠連 6-6 (1人) 1.7 複勝 6番(1人)
7番(2人)
8番(3人)
1.1
1.1
1.9
ワイド 6-7(1人)
6-8(2人)
7-8(4人)
1.2
2.7
3.4
3連複 6-7-8 (1人) 4.2 馬連 6-7 (1人) 1.7
3連単 6-7-8 (1人) 8.0 馬単 6-7 (1人) 2.3
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 ジェンティルドンナ 岩田康誠騎手
「完勝しなければいけないレースで、責任を果たせました。京都内回り2000mは後ろからでは間に合わないケースもあるので、今日のようなレースを教える必要がありました。次はもっと反応がよくなると思いますし、3冠に向けて無事にいって欲しいです」

石坂正調教師のコメント
「春の実績からここは負けられないと思っていました。パドックでもおとなしく、競馬から帰ってきてもおとなしく、馬が大人になってきています。レースでは前めに行って終いも脚を使ってくれました。3冠の目標に向かっていきます」

2着 ヴィルシーナ 内田博幸騎手
「積極的にいってもよかったのですが、次があるので、あの位置になりました。馬ごみでも競馬ができましたし、春よりも体が増えてよくなっていました。力を出し切ればもっとやれると思います」

3着 ラスヴェンチュラス 川田将雅騎手
「勝負どころではスーッと反応できませんでしたが、その後はよく動いてくれました。権利がとれてよかったです」

4着 キャトルフィーユ 福永祐一騎手
「スタートは出ましたし、イメージ通りのレースでした。切れそうな感じがあったのでタメてみたのですが、最後は瞬発力の差が出ましたね。ただ、馬はよくなっていますし、前向きさも出てきています」

5着 トーセンベニザクラ 武豊騎手
「直線で前が開かなくて、もったいない競馬になってしまいました。すんなりどこかが開いていれば2着はあったと思います」

6着 サンマルクイーン 幸英明騎手
「マイペースで行けましたが、このメンバーの中では決め脚の差が出てしまいました」

7着 ニコールバローズ 秋山真一郎騎手
「馬は落ち着いていて、いい雰囲気でした。ただ、外枠でかなり外を回らされてしまったのが響きましたね」

予想動画
関連記事
関連つぶやき