2011ゴールデン ホイップ トロフィー(2011/12/04) のレース情報

基本情報
阪神芝・右外1600M
開催
第06回 阪神02日目
コース
阪神芝・右外1600M
クラス
1600万特別(定量
レースNO
12 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3上(混)[指]
頭数
15
発走時刻
16:25
本賞金(万
1,770 - 710 - 440 - 270 - 177
レース名
2011ゴールデン ホイップ トロフィー 
コース・ラップ
平均ペース
直線 473.6 M
勝ちタイム:1.34.1
平均ペース
-31 (-47+16)
前半5F:
59.7
後半3F:
34.4
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 ムルタ 58.0 1.34.1 33.8 -------5--7 2 8.3 スターリングローズ / ローレルワルツ 栗) 須貝尚介 490 +10 5 3
02 ハナ 横山典弘 57.0 1.34.1 33.4 ------13-14 6 16.1 ハーツクライ / レンドフェリーチェ 栗) 橋口弘次 530 0 14 8
03 クビ ヴェラス 56.0 1.34.1 34.4 -------1--1 5 14.8 ゼンノロブロイ / メルロースウィート 栗) 宮本博  494 +10 15 8
04 3/4 ドミンゲ 57.0 1.34.2 33.7 -------8-11 8 23.2 チーフベアハート / ビストロドゥパリ 栗) 福島信晴 462 +6 4 3
05 クビ 岩田康誠 58.0 1.34.3 33.6 ------15-14 11 63.0 ジャングルポケット / シェーンクライト 栗) 岡田稲男 482 -4 6 4
06 アタマ ペドロサ 58.0 1.34.3 33.9 ------12-10 1 1.7 Redoute's Choice / Hollow Bullet 栗) 橋田満  476 -2 7 4
07 3/4 ハナガン 56.0 1.34.4 33.9 ------14-11 7 17.0 フレンチデピュティ / インディスユニゾン 栗) 平田修  482 +4 8 5
08 1/2 メンディ 57.0 1.34.5 34.5 -------2--3 4 13.3 ストラヴィンスキー / ブラボーサンライズ 栗) 音無秀孝 506 +2 1 1
09 13/4 プレブル 57.0 1.34.8 35.0 -------2--2 12 74.9 チーフベアハート / メイショウユウゼン 美) 矢野英一 488 0 13 7
10 ハナ 福永祐一 58.0 1.34.8 34.8 -------4--3 3 10.9 バゴ / レガシークラウド 栗) 石橋守  446 -2 11 6
11 1/2 池添謙一 58.0 1.34.9 34.6 ------10--7 13 233.3 ステイゴールド / ホッカイアレス 美) 堀井雅広 468 +6 10 6
12 クビ 川田将雅 58.0 1.34.9 34.8 -------5--5 15 318.1 マジェスティック / カミカゼビューティ 美) 中野栄治 434 -12 2 2
13 吉原寛人 58.0 1.35.1 35.0 -------7--5 10 55.8 ホワイトマズル / クイーンブルー 栗) 領家政蔵 498 0 12 7
14 クビ ノレン 58.0 1.35.1 34.6 ------11-11 9 39.1 オペラハウス / スナークサクセス 栗) 藤岡健一 490 +8 9 5
15 蛯名正義 58.0 1.36.1 35.8 -------8--7 14 285.2 キングヘイロー / フリートゥビー 美) 根本康広 492 -2 3 2
~払い戻し~
単勝 5番 (2人) 8.3 枠連 3-8 (6人) 18.1 複勝 5番(2人)
14番(7人)
15番(6人)
3.0
5.8
5.7
ワイド 5-14(25人)
5-15(13人)
14-15(27人)
25.5
15.4
26.9
3連複 5-14-15 (68人) 285.0 馬連 5-14 (26人) 94.8
3連単 5-14-15 (376人) 1,894.1 馬単 5-14 (43人) 198.4
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 アスカクリチャン ジョン・ムルタ騎手
「道中は絶好のポジションを確保できて、最高の結果を出すことができました。直線最後もよく伸びてくれました。グッドホースですね」

3着 アグネスワルツ ジョン・ヴェラスケス騎手
「とても乗りやすい馬でした。能力も高く、直線では勝ったと思いました。ゲートが開いたときに少しジャンプしてスタートしたため先手を取るのに手間取ったのが最後に響いたのかもしれません。とても悔しいです」

4着 ナムラオウドウ ラモン・ドミンゲス騎手
「馬場入りまでエキサイトしていましたが、馬場に入ってからは落ち着いていました。レースはリラックスして走ってくれましたが、下がってきた馬を避けるためにポジションを下げなければならなくなったのが残念です」

6着 ランリョウオー エドワード・ペドロサ騎手
「道中はいい感じで進めることができました。直線もがんばってくれましたが、最後のところでもうひと伸びできませんでした。残念です」

7着 リーチコンセンサス ポール・ハナガン騎手
「後ろからの競馬になりましたが、周りを少し気にするところもありましたので、追い込む競馬が合っているように思います。直線はよく伸びてくれましたが、もう少し長い距離の方が彼には合うと思います」

8着 ブラボースキー I.メンディザバル騎手
「ゲートで立ち上がる仕草をしたため、立ち遅れてしまいました。その後、番手を取りに行った分、最後の伸びがもうひとつでした。距離も少し長いかもしれません」

9着 タツミリュウ ブレット・プレブル騎手
「スタートもよく、好位で競馬ができました。直線に向いてから伸び切れなかったのが残念です」

14着 エイシンサクセス ルーク・ノレン騎手
「スタートしてからすぐに引っかかってしまいました。4コーナーあたりで余力がなくなり、最後の直線までに力を使い果たしていました」

予想動画
関連記事
関連つぶやき