2011ゴールデン サドル トロフィー(2011/12/03) のレース情報

基本情報
阪神芝・右1400M
第06回 阪神 01日目
10 R
芝・右1400M
曇  
2勝クラス特別   サ3上(混)[指] / 定量
2011ゴールデン サドル トロフィー
15 頭
15:10発走
本賞金) 1,470 - 590 - 370 - 220 - 147 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 356.5 M
image
直線 356.5 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.21.5
前半5F:
57.6
後半3F:
35.3
ペース:平均
13 (22-9)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 吉原寛人 58.0 1.21.5 35.3 -------1--1 6 10.6 Awesome Again / Sixtyone Margaux 栗) 安田隆行 498 +6 15 8
02 3/4 メンディ 58.0 1.21.6 34.8 -------8--8 7 12.7 スウェプトオーヴァーボード / サンシャワーキッス 栗) 森田直行 458 +2 4 3
03 クビ 横山典弘 57.0 1.21.6 35.0 -------4--4 1 4.3 フジキセキ / スプリングネヴァー 美) 田中剛  518 -2 12 7
04 クビ プレブル 57.0 1.21.7 35.4 -------2--2 4 7.9 メイショウオウドウ / ボンヌマール 栗) 佐々木晶 466 +2 5 3
05 3/4 岩田康誠 57.0 1.21.8 35.3 -------4--4 5 8.3 ダンスインザダーク / タヤスブルーム 栗) 山内研二 482 -4 1 1
06 3/4 川田将雅 58.0 1.21.9 35.2 -------7--7 10 35.5 マンハッタンカフェ / ユニオンワラダー 美) 大和田成 426 -10 6 4
07 クビ ムルタ 58.0 1.22.0 35.1 -------9--9 8 13.5 フジキセキ / カーラパワー 美) 田中剛  484 +6 8 5
08 ハナ 蛯名正義 56.0 1.22.0 35.2 -------9--9 9 16.8 アグネスデジタル / タイフウジョオー 栗) 藤岡範士 436 -2 13 7
09 ハナ ドミンゲ 56.0 1.22.0 35.6 -------3--2 2 4.4 ジャングルポケット / ブリリアントカット 栗) 角居勝彦 476 -2 11 6
10 アタマ ノレン 55.0 1.22.0 35.5 -------4--4 3 7.5 アグネスデジタル / サイレントラヴ 栗) 宮本博  442 0 2 2
11 1/2 池添謙一 58.0 1.22.1 34.8 ------14-13 14 58.0 タイキシャトル / アルーリングアクト 栗) 野村彰彦 452 +4 9 5
12 3/4 福永祐一 58.0 1.22.2 35.1 ------12-11 11 48.0 タニノギムレット / ジャスミンアロマ 栗) 西橋豊治 474 -2 14 8
13 ハナガン 58.0 1.22.4 35.1 ------14-13 13 51.1 キングヘイロー / レトロトウショウ 美) 浅野洋一 466 -6 10 6
14 3/4 ヴェラス 56.0 1.22.5 35.2 ------12-15 15 185.1 ボストンハーバー / ワンダーマッスル 栗) 牧田和弥 474 -8 7 4
15 1/2 ペドロサ 58.0 1.22.6 35.6 -------9-11 12 49.8 メイショウドトウ / パリスセイリュウ 栗) 川村禎彦 476 -2 3 2
単勝 15番 (6人) 10.6 枠連 3-8 (16人) 25.7 複勝 15番(7人)
4番(8人)
12番(1人)
3.4
3.9
1.8
ワイド 4-15(31人)
12-15(5人)
4-12(10人)
22.7
8.3
10.9
3連複 4-12-15 (32人) 98.1 馬連 4-15 (32人) 74.7
3連単 15-4-12 (261人) 745.9 馬単 15-4 (63人) 149.4
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 オーセロワ(吉原騎手)
「力んでハミを取らず、ジワッとレースに入って行けたので、何とか最後まで踏ん張ってくれると信じて乗りました。直線に向いて反応も良く、開幕週の馬場も良かったと思います。自分のレースが出来ました」

2着 キョウエイアシュラ(メンディザバル騎手)
「ダッシュがつかなかったのですが、気合をつけたらすぐに動いて、前に馬を置くいいポジションにつけて、脚をタメることが出来ました。これまで1400mの実績は目立ちませんでしたが、脚をタメられれば十分弾けることが出来る馬です」

4着 ドレッドノート(プレブル騎手)
「先行するタイプと聞いていたので、いいポジションをキープすることを心掛けました。最後の直線もよく粘ってくれたと思います」

7着 スティルゴールド(ムルタ騎手)
「スタートがあまり良くないと聞いていたので慎重に出したのですが、ヨレる形になってしまい決まりませんでした。久々の影響もあったのかもしれません」

9着 テイラーバートン(ドミンゲス騎手)
「ゲートで待っている時に落ち着きがなかったのですが、道中は頭を上げるような素振りもなく、スムースにレースを運ぶことが出来ました。ただ、4コーナーを過ぎた辺りから手応えが怪しくなりました」

10着 ホクセツダンス(ノレン騎手)
「スタートも問題なく、道中も勝った馬をマークしながら進めました。直線に入る前あたりでスパートしたものの勝った馬が強く、離されてしまいました。芝のレースについては、この馬には少し忙しいかもしれません」

13着 トウショウフォアゴ(ハナガン騎手)
「スタートが遅く、後ろからの競馬となってしまいました。終始追っつける感じで、直線でも伸びてくれませんでした」

14着 ワンダースル(ヴェラスケス騎手)
「ゲートの出も良く、非常に乗りやすい馬でしたが、同じリズムでしか走れないようなので、もう少し距離があった方がいいと思います。久々の芝でのレースでしたが、芝は問題ないと思います」

15着 シャイン(ペドロサ騎手)
「スタートでジッとしていられず、少し出遅れ気味になってしまいました。スタート後は頑張ってくれましたが、直線では手応えがなくなってしまいました」

予想動画
関連記事
関連つぶやき

右上のからチャンネルに移動できます

当ページを共有する