京都記念(2011/02/13) のレース情報

基本情報
京都芝・右外2200M
開催
第02回 京都06日目
コース
京都芝・右外2200M
クラス
オープンGⅡ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ4上(国)[指]
頭数
12
発走時刻
15:35
回次
第 104 回
本賞金(万
6,400 - 2,600 - 1,600 - 960 - 640
レース名
京都記念 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 404 M
勝ちタイム:2.13.9
平均ペース
-31 (-79+48)
前半5F:
1.01.8
後半3F:
34.8
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 リスポリ 56.0 2.13.9 34.5 -3--3--4--4 1 2.4 キングカメハメハ / トゥザヴィクトリー 栗) 池江泰寿 532 +8 2 2
02 3/4 池添謙一 56.0 2.14.0 34.4 -5--5--8--8 5 9.6 フレンチデピュティ / パパゴ 栗) 池添兼雄 514 +6 5 5
03 藤田伸二 56.0 2.14.2 34.7 -5--5--6--4 2 3.9 マンハッタンカフェ / シェアエレガンス 栗) 昆貢   476 +2 12 8
04 11/2 安藤勝己 58.0 2.14.4 34.6 -7--7--9--9 3 5.3 フジキセキ / シャンソネット 栗) 松田国英 480 -2 4 4
05 アタマ 四位洋文 56.0 2.14.4 34.5 10-10-11-11 7 32.9 ホワイトマズル / レディフューチャー 栗) 笹田和秀 510 -6 6 5
06 31/2 川田将雅 58.0 2.15.0 35.6 -3--3--5--4 6 12.6 バゴ / タニノジャドール 栗) 長浜博之 468 +18 3 3
07 1/2 内田博幸 58.0 2.15.1 35.2 12-12-11-11 4 8.7 ジャングルポケット / シルバージョイ 栗) 音無秀孝 498 +6 1 1
08 13/4 佐藤哲三 55.0 2.15.4 36.2 -2--2--2--2 8 39.2 フレンチデピュティ / ボーンスター 美) 小島茂之 520 0 11 8
09 宮崎北斗 55.0 2.15.7 36.6 -1--1--1--1 9 85.9 マンハッタンカフェ / エルソル 美) 武藤善則 504 +2 10 7
10 11/4 岩田康誠 58.0 2.15.9 36.7 -7--7--2--2 10 136.7 ホワイトマズル / ファビラスターン 美) 加藤征弘 504 +2 9 7
11 クビ 福永祐一 57.0 2.15.9 36.5 -9--7--6--4 11 164.5 クロフネ / オーバルカット 栗) 鮫島一歩 468 0 8 6
12 秋山真一 57.0 2.16.2 36.4 11-11--9--9 12 200.6 ジャングルポケット / アドマイヤセラヴィ 栗) 岡田稲男 494 +22 7 6
~払い戻し~
単勝 2番 (1人) 2.4 枠連 2-5 (3人) 8.8 複勝 2番(1人)
5番(4人)
12番(2人)
1.2
2.0
1.3
ワイド 2-5(3人)
2-12(1人)
5-12(4人)
4.0
1.9
4.0
3連複 2-5-12 (2人) 10.2 馬連 2-5 (3人) 11.2
3連単 2-5-12 (10人) 53.9 馬単 2-5 (4人) 16.5
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 トゥザグローリー(リスポリ騎手)
「3コーナーを回ったあたりで勝てるのではないかと思いました。本当に強かったですね。僕は乗っているだけでした。乗せてくれたオーナーや厩舎スタッフの方々に感謝したいです。池江泰郎先生にも定年間際に勝利をプレゼント出来て本当に嬉しいです」

2着 メイショウベルーガ(池添騎手)
「悔しいです。この馬もいい脚を使っていましたが、勝った馬とは手応えが違いました。坂の下りで少し置かれたのが痛かったですね。それでも力のあるところは見せてくれているだけに残念です」

3着 ヒルノダムール(藤田騎手)
「今日は勝ったと思ったのですが…」

4着 ダノンシャンティ(安藤勝騎手)
「返し馬までは良かったんですが、ゲートの後ろまで来た時にスイッチが入ってしまってカーッと燃え出してしまいました。出たなりの位置でと考えていたのですが、あれほど位置が前になるとは思いませんでした。ただ、決してベストとは言えないこの距離でも止まらずジリジリと来てくれていますし、マイルから2000mくらいなら相当やれると思います」

5着 ロードオブザリング(四位騎手)
「格上挑戦でしたが、状態も良く、コース相性も良かったのでしょう。最後までいい伸びでした」

7着 オウケンブルースリ(内田博騎手)
「好位からのレースは考えていませんでした。3コーナーで先団の後ろくらいにつけることが出来ればと思いましたが、平均ペースのせいか、思ったように進んで行きませんでした。仕掛けの反応ももう一つ。今回は久々で、コンスタントに使っていけばまだまだ力のある馬です」

予想動画
関連記事
関連つぶやき