京王杯2歳ステークス(2010/11/13) のレース情報

基本情報
東京芝・左1400M
開催
第05回 東京03日目
コース
東京芝・左1400M
クラス
オープンGⅡ(馬齢
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ2才(国)(指)
頭数
15
発走時刻
15:30
回次
第 46 回
本賞金(万
3,800 - 1,500 - 950 - 570 - 380
レース名
京王杯2歳ステークス 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
勝ちタイム:1.21.8
平均ペース
-53 (-44-9)
前半5F:
59.2
後半3F:
34.3
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 デムーロ 55.0 1.21.8 33.7 -------5--5 7 12.3 サクラバクシンオー / ロージーミスト 栗) 矢作芳人 508 0 6 4
02 3/4 後藤浩輝 55.0 1.21.9 33.5 -------8--7 2 3.4 ディープインパクト / トキオリアリティー 美) 堀宣行  502 -10 3 2
03 大庭和弥 55.0 1.22.2 34.7 -------1--1 13 140.0 ホワイトマズル / ハヤテグレシャス 美) 石栗龍彦 470 +4 1 1
04 1/2 内田博幸 54.0 1.22.3 34.4 -------4--3 4 10.2 ソングオブウインド / ファンタスティコ 美) 和田正道 448 -4 11 6
05 ハナ 蛯名正義 55.0 1.22.3 34.5 -------3--3 8 13.5 スウェプトオーヴァーボード / エイシンジョアンナ 栗) 坂口正則 458 +2 5 3
06 クビ 吉田隼人 55.0 1.22.3 33.4 ------14-13 5 10.7 ゼンノエルシド / サンディフォルス 美) 堀井雅広 492 -2 8 5
07 1/2 渡辺薫彦 55.0 1.22.4 34.8 -------2--2 6 11.0 ハーツクライ / ナリタレインボウ 栗) 沖芳夫  464 +2 14 8
08 1/2 吉田豊 55.0 1.22.5 33.9 -------8--9 11 64.1 アグネスタキオン / アーモンドパサー 栗) 山内研二 504 -10 13 7
09 ハナ 柴田善臣 55.0 1.22.5 33.9 -------8--9 9 35.4 ゼンノロブロイ / トキオタヒーチ 栗) 松永幹夫 444 -2 10 6
10 クビ 池添謙一 55.0 1.22.6 33.8 ------11-12 1 3.3 ステイゴールド / オリエンタルアート 栗) 池江泰寿 454 +4 7 4
11 13/4 津村明秀 54.0 1.22.9 34.2 ------11--9 12 128.9 チーフベアハート / マーブルステラ 美) 和田正一 426 +2 2 2
12 クビ 浜中俊 55.0 1.22.9 34.5 -------7--7 3 7.7 ワイルドラッシュ / ブラウンシャイン 美) 田村康仁 456 +8 15 8
13 13/4 松岡正海 55.0 1.23.2 34.1 ------14-15 10 60.3 フレンチデピュティ / シェリーザ 栗) 音無秀孝 478 +2 9 5
14 クビ 北村宏司 55.0 1.23.2 34.2 ------11-13 15 202.2 アドマイヤコジーン / リーフィーウッド 美) 田中剛  436 0 4 3
15 10 三浦皇成 55.0 1.24.8 36.6 -------5--5 14 160.5 グラスワンダー / ニシノコマチ 栗) 湯窪幸雄 454 -8 12 7
~払い戻し~
単勝 6番 (7人) 12.3 枠連 2-4 (1人) 5.1 複勝 6番(7人)
3番(2人)
1番(13人)
3.9
1.9
26.0
ワイド 3-6(14人)
1-6(73人)
1-3(42人)
12.1
137.1
55.6
3連複 1-3-6 (177人) 955.9 馬連 3-6 (13人) 31.0
3連単 6-3-1 (901人) 5,157.1 馬単 6-3 (33人) 75.2
レース後のコメント


1着 グランプリボス(デムーロ騎手)
「レース前に矢作調教師から、逃げる馬の少し後ろの位置からレースをして欲しい、と言われていました。スタートも良く、最後の直線は内に行きたかったのですがスペースがなく、外へ出しましたが、よく伸びてくれました。今回の来日での最初で重賞を勝ててこれ以上ないスタートを切れました」

2着 リアルインパクト(後藤騎手)
「内枠から大人びたレースをしました。勝った馬はこちら以上のうまいレースをしましたね。しかし賞金は加算出来たし、この馬の引き出しが1つ出来たことは収穫だったと思います」

3着 テイエムオオタカ(大庭騎手)
「レース前から行くなら行ってやろうと思っていました。スタートもうまく出て、思ったよりも随分と楽に行かせてもらえました。道中のタメが利いて最後まで脚を使っていました。重賞でこれだけの走りをするのですから上々でしょう。この先が楽しみです」

10着 オルフェーヴル(池添騎手)
「まだ馬が子供っぽいですね。ゲートの中で鳴いていましたから。スタートは元々速くないのですが、出遅れてから内ラチに張り付いて行こうとしたので、立て直そうとしたらガッチリと噛んで引っ掛かってしまいました。リズムがバラバラになり、直線でも尻尾を振っていました。新潟で新馬勝ちした時のようにリラックスして走ってくれたらいいのですが…。持っている能力はいいモノがあるので、精神的に成長してくれればいいと思います」

予想動画
関連記事
関連つぶやき